1209110 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

静岡の畳屋の姉さんが語る株式会社新海畳店

PR

プロフィール


株式会社 新海畳店

フリーページ

お気に入りブログ

今の職場もあと2ヶ… New! トムとジェリーさん

「 世界平和 」 New! 喜文治さん

サロン・デュ・ショ… New! ヴェルデ0205さん

今日の事 New! meron1104さん

全く様変わりした今… watam7さん

サイド自由欄


お問い合わせはこちら
無料メール相談窓口

ブログで紹介した畳について「詳しく聞きたい」など、何なりとおたずね下さい。

全118件 (118件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

静岡の話題

2019年11月27日
XML
カテゴリ:静岡の話題
​​​
​こんにちは。​


初めて中勘助文学記念館に行った静岡の畳屋の姉さんです。


 10/22~11/10に行われていた「めぐるりアート静岡2019」。私は11/9にその会場の一つである中勘助文学記念館に行ってきました。そこは静岡市出身の写真家、多々良栄里さんの作品の展示会場になっていたのです。

 私は恥ずかしながら中勘助さんのことをあまり存じ上げていなかったので、この際お勉強してこようという思いもありました。

 ナビをたよりに記念館に行くと、庭に幾つか写真のパネルが設置されているのが目に入りました。



 建物は、古めかしい母屋と、茅葺屋根の杓子庵があります。母屋は縁付き畳、杓子庵は縁無し畳です。どちらも数年前に静岡市の畳組合で畳替えをしていますので、畳の状態も楽しみの一つでありました。

 記念館に入ると職員さんが展示品や中勘助さんの人生やお人柄などについて丁寧に解説してくださいました。


 中勘助の作品の中で有名な「銀の匙」は、夏目漱石の推薦で大正2年に東京朝日新聞に連載されました。このことで中勘助さんは作家として認められるようになりました。

 そして、この「銀の匙」だけで高校3年間の国語の授業をしたという先生がいます。その高校は、当時は小さな学校だったようですが、今では東京大学に進学する生徒が多いことで知られている有名な高校になりました。

 「銀の匙」読んでみたくなりました!

 職員さんに私が畳屋だと話すと、
「ここはどうしても西日が入ってしまうから日に焼けちゃって・・・。」
とおっしゃいました。でも私から見ると、その焼け方が綺麗で、茶色い筋も擦り切れも無くて。品質の良い畳表が使われているのがよくわかりました。




家を守るヤモリさん↓


 杓子庵は茶室程度の小さな庵でしたが、そこに座ってお庭を眺めるととても落ち着いて心地よかったです。中勘助さんがここで奥様と一緒に間借りして作品を作っていたのだと思いを馳せてみました。静かで温かい空間でした。




 「めぐるりアート静岡2019」」は終わってしまいましたが、中勘助文学記念館は今でも無料で見学ができます。(10~17時。月曜日と祝日の翌日と年末年始は休館。)また、歌会、句会、読書会、茶会などの文化活動に利用することができます。

 皆さん、是非足をお運びください!​​​






最終更新日  2019年11月27日 20時26分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年11月20日
カテゴリ:静岡の話題
​​​
こんにちは。

アートを満喫していたら久々の再会を果たした静岡の畳屋の姉さんです。

 「めぐるりアート静岡」のパンフレットを見て、10/26の14時~「東静岡アート&スポーツ/ヒロバ」で行われる野外ダンス劇「近すぎて聴こえない」を観て公演終了後のアーティストトークも聴こうと決めていました。

 ヒロバの場所がよくわかっていなかった私は、はじめにグランシップの横の広場に行ってしまいましたが、偶然会った知り合いに線路よりも北だと教えられ、歩いて東静岡駅の構内を通ってヒロバに辿り着きました。

 まず目に入ったのは静岡市出身(更に私と主人と同じ高校出身)の彫刻家、御宿至さんの巨大な作品です。金属や木材の廃材(?)で作られた作品は、すでにそこに腰かけている人や寄りかかっている人もいるくらい、不思議と安定感と親しみが持てる作品でした。

  

 さて、ダンスはどこで始まるのか、演奏バンドの前の空間を空けて地面に座ろうとしたら、濡れていたのでスタッフさんがお尻の下に敷くゴミ袋を分けてくださいました。待ち合わせをしたわけではありませんが、やがて一人、二人と大学の同級生が私の隣に来て座りました!びっくり大笑い

 開演時間になりました。するとその辺にいた見物客のような私服の人達が、ダンスというよりは演技を始めました。EXILEやジャニーズのようなダンサーではなく、体型も顔立ちもごく普通の方達です。一段高くなったステージはなく、出演者も演目も観客との境目が曖昧な面白さがありました。
  そのダンサーの中に、服装も動きもひときわ目を引く女性がいました。終演後、ダンサーの名前が一人ずつ呼ばれて誰だか確信しました!10年以上前、一緒にダンス教室に通っていたことがある方です。そして大学の恩師にも会えました。

 美術にダンス、好きなことに関わっていると似たような思考の人達に会えるものですねemoji02

 ダンサーで振付家の熊谷拓明さんのアーティストトークを聴いた後、友人と共に周辺の作品の鑑賞をしました。真っ赤な針金で編まれた人間のオブジェは「MENTAL CHAIR」と書いてあったので交代で座ってみました。面白い写真も沢山撮りました。face02



 これらの作品は「めぐるりアート静岡」が終わってしまうと撤去されてしまうのでしょうか?その後ヒロバに行っていませんが、こんなアーティスティックな遊具がずっとあればいいのに、と思いました。
   ​​​






最終更新日  2019年11月20日 16時44分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月16日
カテゴリ:静岡の話題
​​​​​​​
​​こんにちは。


​写経を初体験した静岡の畳屋の姉さんです。​


 5月26日(日)、主人を誘って「臨済寺特別拝観と修業体験」に参加しました。

 以前、私一人で臨済寺の特別拝観に参加したことがありますが、その時は夜だったので山の上の茶室の見学ができませんでした。
 今回は昼間の予約がとれたので山の上の茶室の見学もできます。そして前回無かった写経もできます!
 
 写経では筆ペンが用意されていました。今川義元公生誕500年という文字が入った特別な筆ペンで、持ち帰ることができました。



 ​​次に呈茶をいただきました。​

 広いお部屋にいる大勢のお客さんにお茶を淹れる所作は珍しく、思わず見とれてしまいました。
​どうしても目が行ってしまう紋縁。↑​


 次に、座禅体験をしました。

 私は邪悪なものを出したかったし、気合いを入れたかったので、前列に座りました。お坊さんはかなり手加減して叩いてくださいました。

坐禅体験の後は、お寺の中の見学です。

「十二神将」の一部↓


「摩利支天」↓


左から摩利支天と今川義元公と氏輝公↓

​ご本尊と日光月光菩薩↓​


徳川家康が竹千代だった頃の勉強部屋とその天井↓




山の上の茶室からの眺め↓


茶室↓



​臨済寺の主?!↓​

 右側は前回の特別拝観の時の御朱印、左が今回の御朱印です。今川義元公生誕500年の特別な御朱印でしたが、印刷されたもので日付も入っていないのはちょっと残念でした。↓


​ 年に数回ではなく、日頃から一般公開をしてほしいな、と思いました。






最終更新日  2019年07月17日 14時46分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月27日
テーマ:日帰り旅行(462)
カテゴリ:静岡の話題
​こんにちは。​
​ブログネタが多過ぎて困っている静岡の畳屋の姉さんです。​


 ​ブログの内容はまだ5/1!早くLIVE状態になるよう、とにかく書きます!

  ​
井川のお客様宅の寸法取りを終えて、私達は「白樺荘」に向かいました。 もうお腹がペコペコだったので、まずは食堂に行って鹿刺し定食をいただきました。face02  そして温泉へ。お湯は少しぬるぬるすべすべな感じです。山と青空を眺めながらの露天風呂は最高です!  白樺荘を出てからは、お土産屋さんや「えほんの郷」に寄ってお饅頭や古本を買ったり、つり橋を渡ってみたりしました。​​ このつり橋、なんと車も通るのですよ!びっくりすっかり油断していたら何台か通りました。
  そして、長男の希望で井川ダムに寄りました。長男の目的はどうやらダムカード収集のようです。最近、ダムカードやマンホールカードを集めるのが密かなブームなんですね。
   私は井川ダムで顔はめパネルを見つけて社長と顔を出し、長男に撮影してもらいました。 それぞれの趣味を楽しむことができてよかったです。face03
​  そして、あちらこちらにあったちびまるこちゃんのイラストの看板に癒されました。  私と多分同い年なのに最近癌で亡くなったさくらももこさん。静岡に対する郷土愛を感じました。






最終更新日  2019年05月27日 10時55分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月05日
カテゴリ:静岡の話題
​​​​​​​​こんにちは。
​毎日卵を食べるようにした静岡の畳屋の姉さんです。​


 卵って、必須アミノ酸(自分の体で生成できないアミノ酸)が数種類入っているんですって!良質なたんぱく質で、アンチエイジングやボケ防止の効果も期待できて・・・。それはもう、食べない理由がありません!!コツコツ続けます。

 市役所本会議場の2階、こちらの傍聴席からあちらの傍聴席に向かって行く時に、窓側の通路を通りました。ここは一度に10人までしか通れません。

上の写真では分かり辛いですが、窓はステンドグラスになっていました。


これは清水市と合併する前の静岡市のマークですね。↓


通路の左右にはエンブレムを持ったライオンがいました。

 本会議場のどの席に座ってもいいということでしたので、あんなところやこんなところに座ってみました。

 小川三知も、静岡市役所本館も、多くの静岡市民が知らない魅力と財産です。今後も積極的に発信していきたいです。
​​​​​​






最終更新日  2019年04月05日 13時22分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月03日
カテゴリ:静岡の話題
​​
こんにちは。
予定を詰め込み過ぎて美容院の予約をすっぽかしてしまった静岡の畳屋の姉さんですしょんぼり


​​​​  先週末から今週初めの年度変わり、私はスケジュールがめいっぱいでした。自分で決めた楽しいスケジュールばかりなのですが。

 そのめいっぱいのスケジュールの始まりは、3月29日の午後に行われた​​静岡市役所本会議場ステンドグラスガイドツアー​​​でした。

 皆さんは​小川三知(おがわ さんち 1867~1928)​をご存知でしょうか?静岡市出身の、日本人ステンドグラス作家のパイオニア的存在で、多くの有名建築物に作品が残っています。

 その有名建築物の一つに、北海道の小樽の街並みを見下ろす高台に建つ​和光荘​があります。アール・デコの幾何学的な洋風のデザインと、金沢の伝統的な建築技術を組み合わせた和洋折衷の意匠が特徴の建物です。昭和29年に昭和天皇・皇后両陛下の北海道巡幸の際には宿泊場所として使用されたそうです。

​  その和光荘にある小川三知作のステンドグラスの修復が、この度静岡市の「ステンドグラス工房かわもと」において行われ、静岡市役所新館に期間限定で展示されました。​
​  私は数年前まで、ステンドグラス=西洋の教会の窓、というイメージでした。なので小川三知の純和風のステンドグラスの作品を知った時には凄く衝撃を受けました。なんて畳にマッチする作品でしょう!と。今回、市役所新館に展示された作品も然りです。​

 作品展示最終日の3月29日、​「本会議場ステンドグラスガイドツアー」​が開催されました。

​​  先ず、静岡市役所本館の玄関に集合し、建物全般や装飾などについて解説していただきました。主な解説者は小川三知研究家の井村馨(かおり)さん、ステンドグラスの解説はかわもとみえさんです。​​
  私は市役所本館の玄関は何度も通ったことがあります。しかし、天井の模様や正面のステンドグラス等、全く気に留めたことはありませんでした。





  昭和9年にできたこの静岡市役所本館は、現在もほぼそのままの形で残っています。平成8年に「登録有形文化財」になりました。​
 
この後、市議会が行われる本会議場に移動しましたが、移動中、つい天井、電灯、壁等ジロジロ見てしまいました。


 本会議場に着きました。私は初めてここに足を踏み入れます!


 2階正面に見える席は傍聴席です。私はこちらの傍聴席から撮影しています。↑

 画面右の方に移動して撮影しました。↓


  (​​​​続く)​


    ​​






    最終更新日  2019年04月03日 21時57分44秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2019年01月11日
    カテゴリ:静岡の話題
    ​​こんにちは。

    やはり肋骨が痛い静岡の畳屋の姉さんです。

    ​​
     昨夜は週に1度のテニススクールの日でした。3週間振りに行くつもりでしたが、まだ無理でした。は~、最近何をやらかしても治りが遅いな~。

     さて、昨年を振り返った時、どうしてもブログに書かねばならないことがあります。それは「大コン事業」のことです。

    ​  「大コン事業」=「大学生によるお店コンサルティング事業」は、静岡市役所経済局商工部商業労政課 商業・まちなか活性化係と、静岡県立大学経営情報学部 岩崎ゼミが連携し、マーケティングを学んでいる学生がお店に対してアドバイスやコンサルティングを行うものです。​

    ​  私が「大コン事業」を知ったのは一昨年(平成29年)春のことでした。新海畳店に対する若い人達の率直な意見伺って仕事に活かしたい!地元の大学の教育活動に貢献したい!という思いから早速応募したのですが、新海畳店は残念ながら選ばれませんでした。「大コン事業」に参加できるお店は1年に4店舗だけなのです。​

     平成29年12月に行われた「大コン事業」成果報告会を聴講し、更にこの事業に参加したいという思いが強くなった私は、昨年春、畳に対する熱い思いを書き添えて再び「大コン事業」に応募!静岡市の職員さんとの面接を経て、見事採用となりました!
     
     6月半ば、静岡県立大学経営情報学部棟において新海畳店の担当になった学生さん4人と初顔合わせをしました。


      あ~、今見ると懐かしいな~。ぽっ
     学生さん達、見ての通り、とてもさわやかで礼儀正しくて輝いていました。後でわかったことですが、この中の一人がウチの娘と同じ幼稚園の同期生でした。

     驚いたことに、この初顔合わせの時には、学生さんが畳のことや畳業界のこと、新海畳店のことについてかなり詳しく調べて資料を作ってありました。
    ​  その中に、経済学には無知な私が聞きなれない言葉​「SWOT分析」​というのがありました。「S」=「Strengths」(強み)、「W」=「Weaknesses」(弱み)、「O」=「Opportunities」(機会)、「T」=「Threats」(脅威)です。​
     へ~、なるほど、と思う中でこれは違うんじゃない?と思うことはしっかり指摘させていただきました。例えば「弱み」の中に「大量生産がしにくい」と書いてありました。でもこれって「強み」だと思いますよ。
     「機会」としては「畳の機能性について再注目されている」、「脅威」としてはフローリングの増加と畳需要の減少」が挙げられていました。

     勉強になります!

    (つづく)






    最終更新日  2019年01月11日 14時00分10秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2019年01月10日
    カテゴリ:静岡の話題
    こんにちは。


    ようやく肋骨の痛みが無くなってきた静岡の畳屋の姉さんです。


     12/23に濡れたコンクリートの上ですっころんで肋骨を強打して2週間強。咳やくしゃみで激痛が走る、腕を伸ばすと痛い、痛み止めを飲まずにはいられないという状況からようやく解放されつつあります。運動を再開して体重を落とさなければ!

     さて、大間の縁側お茶カフェの続きです。うちたて、茹でたてのお蕎麦をいただいた後は、お餅つきです。

     お餅がうまくつけるかどうかは、お米のふかし具合と最初の「小づき」でほぼ決まります。小づきでしっかりと米粒を潰しておかないと、後でいくら力いっぱいついても米粒が残ってしまいます。




     小づきが終わったら大きく振りかぶってペッタンペッタンと!



     私も手返ししましたよ。

     最後の一臼はよもぎ入りです。





     全体が緑色になってきました。




     つきたてのお餅は大根おろしでいただきました。





     日なたは暖かかったのですが、午後はだんだん寒くなってきました。ちょっと囲炉裏が恋しいかも・・・。

     お餅つきも伝えていきたい日本の文化ですね。

     最後に、縁側と猟犬と私。猟犬たちはトラックの荷台に乗って帰っていきました。






     今度は子供達も連れてきたいな。






    最終更新日  2019年01月10日 09時08分10秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2019年01月07日
    カテゴリ:静岡の話題
    ​​​​​​​​
    あけましておめでとうございます
    久々にブログを書く静岡の畳屋の姉さんです。

     新海畳店は今日1月7日が仕事始めです。
     年末年始、なんだかんだで忙しく、落ち着いてブログを書けなかったのでネタが溜まってしまいました。これからペースを上げて消化していきます。
     今日はまだお正月気分が抜けないところで、そば打ちとお餅つきの事を書きます。

     昨年12月中旬の日曜日のことです。静岡市街地から車で45分くらいの所、「オクシズ」と呼ばれる地域に「大間」というところがあります。大間では2008年から第1.3日曜日に「大間縁側お茶カフェ」が開催されています。

     私は昨年春に一人で車を走らせ「大間縁側お茶カフェ」に行ったことがあります。その時以来、いつか主人と一緒に来たいと機会を狙っていましたが、なかなか予定が合わず、12月にやっと一緒に時間を作ることができました。しかも12月のお茶カフェは、特別に蕎麦打ちとお餅つきができるのです!これは行かねばなりません。

     私達はお餅つきの経験はあるものの、そば打ちは初体験です。

     先ず石臼で蕎麦粉を作るところから。
    蕎麦粉作り

     これが簡単そうに見えてなかなか難しいです。そばの実はほんの少しずつ穴に入れなければなりません。しかし、入れ過ぎたのか、勢いよく回し過ぎたのか、なんだか空回りしているようなので、家主の中村さんに臼を微調整していただきました。
    臼の微調整

     石臼の体験をしたところで、あらかじめ用意されていた蕎麦粉に切り替えて蕎麦打ちを教わりました。
     水加減に注意しながら蕎麦粉と水を混ぜ、練ってから麺棒で伸ばしていきます。
    蕎麦を麺棒で広げる

     四角く薄く延ばしたら三つ折りにし、添え木を当てて専用の包丁で切っていきます。
    蕎麦を切る

      お~!生まれて初めての蕎麦打ちにしては、なかなかいい感じじゃないですか?
     できたお蕎麦は早速茹でていただきました。十割蕎麦です!
    出来立ての蕎麦

      他にも自家製の白菜の漬物や、甘いふかし芋、蓮根のきんぴら等色々なご馳走が提供されました。どれもとても美味しかったです。
     特に珍しかったのはこの蜂入りのご飯と猪の肉?↓
    蜂入りご飯

     蜂入りのご飯は食べるのにちょっと勇気が要りました。主人も蜂の子入りご飯は食べたことがあるけれど、蜂の成虫入りは未体験だと。でも、口に入れてしまえば全く虫感が無いというか、気になりませんでした。蜂が硬くて口に残るかと思っていたのですが、実際は柔らかくて美味しかったです。

     貴重な、そして美味しい体験をさせていただきました。

    (続く)
       ​​​​​​​​






    最終更新日  2019年01月07日 22時11分36秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2018年11月09日
    カテゴリ:静岡の話題
    ​​​​​​​​​
    ​こんにちは。​

    ​ 畳を見つけるとつい近づいてしまう静岡の畳屋の姉さんです。​


     由比街道まつりでは、街道だけでなく港でもイベントが開催されているときいたので、出店が途絶えても港の方に向かって歩き続けました。
    すると・・・
    由比民家カフェ入口

    「民家カフェ」という看板と共に、縁無し畳が目に入りました。そして私は吸い寄せられるように畳の方へ!
    入口の畳コーナー


    昔の縁無し畳

     琉球表の縁無し畳です。思わず撫でてしまいました。

     昭和初期、庶民の家の畳はこのような縁無し畳が多かったです。私の実家もそうでした。今では琉球表が稀少になり、このような畳にはあまりお目にかかれません。まだ世の中に存在してはいるものの、とても高価なものになってしまっています。

     エプロンと三角巾を付けた女子が
    「いらっしゃいませ。」
    と声をかけてくれました。私はコーヒーを注文し、靴を脱いで畳にあがっていただきました。
    カフェのチラシ

      この日限定のカフェなのですね。しかももうお菓子のサービスは終わっているし。やはりイベントは午前中が勝負でしょうか。私は港に行くのをあきらめて、ここでゆっくりと過ごすことにしました。

     コーヒーをいただいた後も、私は畳や建具をジロジロと見ていました。すると男性が出て来られて2階も案内してくださいました。
     
    2階の傷んだ畳

      2階の和室は、畳の上全面に絨毯が敷かれていました。ちょっと絨毯をめくって撮影させていただきました。
     男性は、畳が傷んでいるのはわかっているし替えたいのだけれどNPO法人で管理していてあまり予算も無くて・・・とおっしゃっていました。できれば本物の琉球表で表替えをしたいですね。

    間付きの和室なのに、左側は一般的な引き目の畳表、右側は琉球表の縁無し畳。↓
    2階の畳

    多分このガラスも稀少価値があるものではないでしょうか。↓
    摺りガラス


     1階に戻ってきました。先ほどコーヒーをいただいたお部屋の隣(奥)のお部屋です。↓間にあるのは雪見障子?
    雪見障子


    昔の家具


    工夫された障子

      障子が一段ずつ取り外しできるようになっており、気候に合わせて空調ができるようです。

     そしてこの奥の土間にはかまどがありました。

     ​このような造りの古民家は、行政が補助して保存してほしいです。そして、完全に無くならないうちに本物の琉球表で畳替えを!​
     
      ​​​​​​​​​






    最終更新日  2018年11月09日 16時35分57秒
    コメント(0) | コメントを書く
    このブログでよく読まれている記事

    全118件 (118件中 1-10件目)

    1 2 3 4 5 6 ... 12 >


    Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.