000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

静岡の畳屋の姉さんが語る株式会社新海畳店

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

西伊豆

2021年09月24日
XML
カテゴリ:西伊豆

模様替えランキング

​こんにちは。​


​古民家と温泉と顔ハメが好きな静岡の畳屋の姉さんです。​



 今日は9月24日ですが、今から書くことは7月22日の出来事です。もう2ケ月以上も経ってしまったのか~。

 丁度東京オリンピックが始まった頃で、変則的な四連休の初日でした。その頃は、静岡県民が静岡県内に旅行すると、宿泊費1万円につき5,000円の補助が出るという制度がありましたので、それを利用して主人と二人で大好きな西伊豆に行ってきたというわけです。

 始めに
「伊豆文邸」に行きました。

 母屋も土蔵二棟も、美しいなまこ壁です!
 この建物は明治43年の建築で、かつては呉服商が営まれていたそうです。多分、広くて長い土間に面した小上がりの畳に着物や反物が広げられ、お客様がその小上がりにちょこんと腰をかけて反物を見て商談したのでしょう。
 土間の隅には珍しい「水琴壷(すいきんこ)」が置いてありました。高さ1mくらいの変わった形の壺で、「水琴窟」と同じ原理で滴る水の音が綺麗に響くそうです。

 伊豆文邸のすぐ横には、足湯顔ハメがありました。どちらも私の大好物です。face02

 訪れたのが夕方だった為か、それともコロナウイルスの蔓延防止の為か(この頃はまだ緊急事態宣言は出ていませんでしたが)お客さんが私と主人だけで、周辺もひっそりとしていました。
 緊急事態宣言が解除されたら、再び松崎町に活気が戻るといいなと思いました。
 
なまこ壁の顔ハメ





畳を通してお客様に感動とやすらぎをお届けします。
障子、襖、網戸の張替えも始めました。

株式会社 新海畳店






最終更新日  2021年09月24日 10時52分54秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年09月17日
カテゴリ:西伊豆

模様替えランキング

​こんにちは。​


​パワースポットを発見した静岡の畳屋の姉さんです。​
​​


 前回のブログで、西伊豆の松崎町にある伊那下神社に、「琉球畳表の碑」と、畳表を織る道具「筬(おさ)」がある事を書きました。

 伊那下神社には他にも観るべきものが沢山あります!

 まず境内に樹齢1000年以上の大銀杏の木!なんと2本もあるのですよemoji01このクラスの木はまるで神様が宿っているかのような迫力と荘厳さがあります。
 そして境内のあちらこちらにある木像。粗削りな感じが魅力的な木像は、なんと住職がチェーンソーで削って作ったものでした!face08この日もずっとチェーンソーの音がしていたので、何か改修工事でもしているのかと思ったら・・・。




 資料館の展示物は内容が豊富で充実しているので、是非じっくり観てほしい所です。幕末に活躍した山岡鉄舟や清水の次郎長の資料もあり、今放送されている大河ドラマ、渋沢栄一さんのことなどを思いながら資料を拝見しました。

 そして、書の作品が沢山展示されていたのですが、大抵こういうのって達筆過ぎて何て書いてあるのかわからないじゃないですか。それが殆ど何て書いてあってどういう意味かということが日本語と英語で解説されていました。私は特に気に入った言葉と、私の名前が入っている書の写真を撮ってきました。
「淡如雲」(淡きこと雲の如し)=物事に執着しないで流れる雲のように
 些細なことで心を痛め暗い気持ちで日々を過ごしていませんか。心が暗くなると取り越し苦労するだけです。如何なる時でも心の持ち方次第で変われます。ありのままの自分を認め、自分のできることをすればよい。
​​
祥降
「祥降」(ショウコウ)=幸福が来る。


 松崎町の伊那下神社は、間違いなくパワースポットだと思いました。また行きますemoji02​​​​
  






最終更新日  2021年09月17日 17時40分54秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.