767312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大人な時間 2幕目

2017.06.09
XML
カテゴリ:食べ物
奄美の島豚は美味しい。
スーパーの総菜コーナーでも豚肉料理が豊富。
手間暇かかる煮込みものが
少量(それでも一人では多いですが(;^ω^)
それもお手軽に買えるのはうらやましい。
骨付きあばら・ナンコツ・三枚肉煮下矢印
rblog-20170530234842-01.jpg


固まりのままの 三枚肉塩煮と甘辛味の三枚肉煮
豚足も 塩味と甘辛味。下矢印
rblog-20170530234842-02.jpg


30年以上南の島フリークの私ですが
見慣れない聞きなれない食べ物発見しました。
【ひっきゃげ】
原材料は いも・もち・砂糖 だけ。
沖縄にも田芋で作ったキントンに似たお正月料理はあるけれど
もち は入ってないしなぁ。
仙台のずんだもち のほうが近いな。

知らない食べ物を発見するとワクワク(*^▽^*)


rblog-20170607091233-00.jpg
検索したらウイキペデアの『餅花』のところに
以下の書き込みがありました。以下ウキペディアより抜粋

奄美大島では「生り餅(なりむち)」と呼び、
小正月にニレ科のブブ木(クワノハエノキ)に
白、赤、緑、黄などのカラフルな餅の「実」(なり)を刺して、
床の間、神棚、墓、高倉などに置いて五穀豊穣や家内安全を祈る[1]。
ブブ木は枝を切ってもすぐに伸びてくるため、繁栄の象徴として使われる。
飾り終わった生り餅は、1月18日に煮て、
蒸したサツマイモと練り合わせて作る「ひっきゃげ」にして食べる。






最終更新日  2017.06.09 00:00:32
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.