742882 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大人な時間 2幕目

2021.09.22
XML
テーマ:京都。(5705)
カテゴリ:京都
2014年発行の本著。
インバウンドでちょっと異常な混雑以前の京都の日常。
去年からコロナ禍で旅に出られないので地元宿泊繰り返し
徒歩で目的なくブラブラしてる😁

なので図書館で😅京都本を借り読むことが増えた💦
コロナ禍を超えて
形は変わっても
この頃の落ち着いた日常が戻りますように。

京都という土地は歴史に翻弄されても
しぶとく生き残ってる。
ある意味で閉鎖的だからこそ柔軟に変化に強い。
ここに紹介されてるスポットもお店も続くといいな。


京都の路地裏 生粋の京都人が教えるひそかな愉しみ (幻冬舎新書) [ 柏井壽 ]
内容紹介(「BOOK」データベースより)
京都に生まれ育ち、歩き尽くした京都のカリスマが、「本当は教えたくない」とっておき情報を紹介。地元民だけが通う、隠れた名所・名店。ガイドブックでは絶対に辿り着けない、素の京都。

目次(「BOOK」データベースより)
第1章 京都の路地(ろじではなくろーじ/路を曲げさせることができた人々 ほか)/第2章 路地裏細道の神さま仏さま(地図に載らない京都の寺社/京の街角のあちこちにいる地蔵さま ほか)/第3章 路地裏細道の不思議発見(都伝説、奇妙・奇怪な逸話の数々/宗旦稲荷ー白狐の伝説が今なお残る ほか)/第4章 路地裏細道の名店案内(「そこでしか買えない」貴重な店は細道にある/『大黒屋鎌餅本舗』-古式ゆかしい佇まいの菓子屋 ほか)/第5章 路地裏細道の美味しい店(なぜ路地裏細道のお店は美味しいのか/京都で“江戸”!? ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)
柏井壽(カシワイヒサシ)
1952年京都市生まれ。大阪歯科大学卒業。京都市北区で歯科医院を開業する傍ら、京都の魅力を伝えるエッセイや、日本各地の旅行記などを執筆。京都や旅をテーマにしたテレビ番組の監修も多数行う。柏木圭一郎名義で、京都を舞台にしたミステリー小説も多数執筆する。2013年「日本 味の宿」プロジェクトを立ち上げ、発起人として話題を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






最終更新日  2021.09.22 00:00:16
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.