720914 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大人な時間 2幕目

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

子育てのヒント

2019.09.02
XML
カテゴリ:子育てのヒント
春にきたときは改修中だったウミガメ回遊水槽。
リニューアルオープンしてます。





🔻このコは2歳。
お眠なのか
ご機嫌悪いのか(;^ω^)
疲れてるのか、、、動かない(^◇^;)
そーっと触らせてもらいました。
前ひれ足がまだ薄くて柔らかい。



この子は11か月。
チョコマカした動きが可愛いです。





子シャチのリンちゃん春からまた大きくなってます!
まだまだお母さんにべったりで甘えん坊なのは変わらない。
上がお母さんのステラ
下でおなかのあたりをつつき続けて泳ぐリンちゃん。









最終更新日  2019.09.04 06:44:39
コメント(2) | コメントを書く


2018.08.10
カテゴリ:子育てのヒント
迫力のプログラムでした。
3Dよりドームでの映像のほうが臨場感スゴイ。
小さな子なら泣くな(;'∀')
もちろんキッズ向けのアニメ【ジュラシックヒーローズ】
可愛くけなげな一生懸命さも👍
どちらも観ましたが
大人が観てもどちらも良かった(^_-)-☆

夏休みここで一日過ごして
子どもたちに素敵な思い出を作ってほしいです。



rblog-20180810081426-00.jpg


動く恐竜のシアターもあります。

rblog-20180810081426-01.jpg

rblog-20180810081426-03.jpg

rblog-20180810081426-02.jpg

rblog-20180810081426-04.jpg

rblog-20180810081426-05.jpg

rblog-20180810081426-06.jpg


アイボとも遊べます。
一人遊びも上手(笑)
rblog-20180810081426-07.jpg


キューキューなくアザラシロボットのパロちゃんとも
ふれあい(*´▽`*)
rblog-20180810081426-08.jpg






最終更新日  2018.08.10 08:51:01
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.05
カテゴリ:子育てのヒント
ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

幼少期のどのような家庭教育が、成人してからのリーダーシップを育むのか。
やり抜く力、自分で考える力、知的好奇心、自信など、
どんな分野でも成功できる大事な力を子どもにつける、55の方法を紹介する。




一流の育て方 [ ムーギー・キム ]



星先月末の限定ポイントはこちらで有効活用しました。
1ポイントからでも可能。

楽天クラッチ募金
ペルー洪水被害支援募金
ご協力頂き、誠にありがとうございました。






最終更新日  2017.04.05 13:28:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.14
カテゴリ:子育てのヒント

いくらなんでもこれは( ´゚д゚`)エー
東大って保護者の年収一定以下なら学費免除だったはず。
その免除者で寮に入れない学生に支援するならわかるけど
女子だけって(~_~;)

政府の支給奨学金も高校成績評定で決めるとかなんとか・・・
高校間学力格差あるのわかってるのに高校の成績って
せめてセンター試験結果と併用するとかしないと

なんか変だ。。。支援策。






 来春に初めて導入

朝日新聞デジタル 11/14(月) 17:51配信

  •  

 東京大学は来年4月から、一人暮らしの女子学生向けに月額3万円の家賃を補助する制度を初めて導入する。志願者、在籍者ともに約20%にとどまる女子学生の比率を高める狙いで、「まずは女子の志願者増につなげたい」(同大)という。

 対象は、2017年4月の入学者で、自宅から駒場キャンパス(東京都目黒区)までの通学時間が90分以上の女子学生。主に1、2年生が過ごす駒場キャンパスの周辺に、保護者も宿泊でき、安全性や耐震性が高いマンションなどを約100室用意。家賃を月額3万円、最長で2年間支給する。保護者の所得制限もつけない。東大は現在、女子学生の40%が自宅以外から通学している。

 東大は、多様な人材による研究や教育力の向上を目指し、高校訪問や女子高校生向けのイベントを開くなど女子の受験を呼びかけてきたが、ほとんど増えなかったという。地方の入試説明会などで、女子の安全な住まいについて心配する保護者が多かったため、こうした支援に乗り出した。(杉原里美)







最終更新日  2016.11.14 22:00:22
コメント(6) | コメントを書く
2016.08.15
カテゴリ:子育てのヒント
息子が夏季休+昨年度有給使って長目の帰省中。
在宅中はリビングからほぼ動かないので
息子が居る手の届く範囲にはモバイル&デジタル機器がたくさん。
スマホ2台にipad・ウルトラノートにノーパソ。
付随する各種充電バッテリー
その他もろもろほえー
コンセントにタップ付けて
そのタップにまたタップつけて
あーーーーたこ足配線のゴチャゴチャ。
デジタル機器の排熱流すためにサーキュレーターつけてるから
エアコンはフル。
もちろんオリンピックのTV画面は常にONなリビング・・・

息子が独立して電気代半減するわけだよショック
独立前よりさらに数も増えバージョンアップしてるデジタル必需品。
よくあれだけ一度に使いこなせるもんだわ・・・
ジェネレーションギャップ!?
目が回る。。。

孫は来て良し帰って良し。っていうけど
多分息子も同じだな泣き笑い






最終更新日  2016.08.18 06:35:03
コメント(6) | コメントを書く
2016.06.29
テーマ:ニュース(94358)
カテゴリ:子育てのヒント
一刻も早く実現してほしいです。

ただし高校評定…ってのは学校間格差が大きいから不適当なんじゃないかな。

大学の偏差値ってのも

受験方式で大きく変わってくるから難しいけど


年収300万以下もしくは非課税世帯。

センター試験何点以上(700位?)か入試偏差値55以上


みたいにシンプルにしたほうが良いのではないでしょうか。

入学時点で見通しがつくってことが大事。





<文科省>奨学金検討へチーム…返還なし、来月に初会合
毎日新聞 6月30日(木)2時30分配信

 文部科学省が返還不要の給付型奨学金制度の創設に向けた検討チームを新たに設置することが29日分かった。教委や大学関係者、奨学金に詳しい専門家らで構成し、7月4日に初会合を開く予定。早ければ、来年度予算の概算要求をする8月末までに給付対象者や給付額などをまとめる。

 文科省は意欲や能力があるのに経済的な事情で大学などへの進学を諦めざるをえない人を支援する考えで、給付対象は住民税非課税世帯や生活保護世帯の生徒などを念頭に検討する。2017年春の大学入学者からの適用を目指すが、一定の周知期間も必要なためスタートが18年度になる可能性もあるという。

 文科省は12年度予算の概算要求でも「年収300万円以下」「高校の評定平均4.3以上」の生徒を対象に毎月5万円を支給する給付型奨学金の創設を財務省に求めたが、財源などの問題から実現しなかった経緯がある。【佐々木洋】






最終更新日  2016.06.30 09:00:50
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.27
カテゴリ:子育てのヒント
こんなお父さんばかりなら子どもは幸せだ。

無償の愛!

子どもの幸せだけを望み我欲がない。

人間は余生のある生物として稀有な存在。

子どもの負担にならず必要な時にだけ支える。

子どもが独立する年齢になる前に

今一度皆が自分に問うことが必要な時代なのかもしれない。

そしてそれが大人同士

互いに思いやれる良い親子関係のスタートになると思う。




【楽天ブックスならいつでも送料無料】娘の結婚 [ 小路幸也 ]

今年26歳になる実希に、結婚を考えている相手がいるらしい。
17年前、妻の佳実が事故で亡くなって以来、孝彦が大切に育て上げた娘。
その相手というのは、幼馴染みの古市真くんだった。
実は、生前の妻は古市夫人と折り合いが悪かったようなのだ。
孝彦は真くんに会う決心がつかず…。
新たな門出を心から祝うために、父が最後にできること。
感動の家族小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小路幸也(ショウジユキヤ)
1961年北海道生まれ。広告制作会社を経て、執筆活動へ。2002年『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






最終更新日  2016.06.14 09:23:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.25
カテゴリ:子育てのヒント
札幌から帰って気が付けばツツジが鮮やか~(^^♪

いきなり夏日("^ω^)・・・。

この10日くらいで気温差30度って身体がついてかないな。


・・・で間もなくGW。

またどこも混むんだろうな。

息子は年末年始の交通混雑に懲りて

今回は帰省しないようです。

混んでるとこから混んでるとこへの移動なんて…

そりゃ選択肢があるなら誰だって遠慮したいのが本音だ。


母は毎年恒例友人たちとのお誕生会食があるので

それぞれに楽しいGWになればいいやウィンク


去年入社1年目前半は忙しい仕事の隙間を縫って
なんだかんだで毎月帰省してたけど
お正月過ぎてからは戻ってない。
それなりに慣れてきたんだろうなってホッとしてる。

体重も減ってないし(むしろ増えてスーツサイズのためにダイエット必要かも)
仕事は常に厳しいけれど何とか日々バランスとって過ごせてる
母として子どもが笑顔でいてくれればそれに勝るものはない。

仕事を早めに切り上げて
夜にサン○リーホールでクラシック鑑賞とか

自宅そばに有名店がより取り見取りで
行列少ない時だけ行くとか大笑い

星観たいときに見られるものがあって

したいときに出来る施設があって

買いたいときに買える場所があって

食べたいときに食べられる店がある星

都心暮らし!の恩恵に与かって

若い時の刺激や経験は大きな財産になるはず。


とにかく元気で楽しんで☆

子どもが楽しそうならそれだけで充分。







最終更新日  2016.04.27 20:16:57
コメント(4) | コメントを書く
2016.04.12
テーマ:ニュース(94358)
カテゴリ:子育てのヒント
反対や苦情の理由として

【子どもの声がうるさい】などにスポットが充てられていますが

それって意図的報道?!

実際は送迎や行事時の保護者送迎問題が大きいと思うけど(-_-;)

全員が徒歩か園送迎バスならここまで拒否感大きくならなかったような気がする。

送迎時の駐車や運転マナーは

自動車でなく自転車でさえ住人や周辺関係者には

結構なストレスだと思うよ。

それが毎日だと・・・。



子どもっていうより

親のマナーや

道路状況など設置環境の不適なんじゃないかな。





【楽天ブックスならいつでも送料無料】元気な子どもの声が聞こえる町をつくる [ 保母武彦 ]






最終更新日  2016.04.13 08:08:51
コメント(8) | コメントを書く
2016.03.24
テーマ:ニュース(94358)
カテゴリ:子育てのヒント
高齢者より若い世代に支援を!!

ってずっと思ってこちらでも書いてきた。

支給型奨学金拡充も具体的にのぼるようになって来たし

ようやく少し前進のきざし?!





産経新聞3月24日(木)7時55分配信

政府は23日、景気刺激のため編成する平成28年度補正予算案の目玉として、若年層の低所得者対策を盛り込む方針を固めた。生活必需品などの購入に充てられる商品券の配布を検討する。1月に成立した27年度補正予算は高齢者への臨時給付金が柱だったが、若年層の消費の落ち込みが目立つため、ピンポイントでテコ入れを図りたい考えだ。

 これまでの低所得者対策は「賃金引き上げの恩恵が及びにくい」(菅義偉官房長官)などを理由に高齢者向けが主だった。しかし、1月の家計調査(2人以上世帯)では、34歳以下の若年層の消費支出が前年同月比11・7%減と大幅なマイナスで、全世帯平均の3・1%減と比べても落ち込みが目立った。

 政府は低迷する個人消費の底上げを図るためには、若年層の消費刺激策が欠かせないと判断。貯蓄に回る可能性が指摘される給付金ではなく、商品券の配布を検討している。低所得者の対象や事業規模などの細部は4月から詰める。

 内閣府の調査によると、21年度に配られた定額給付金は、高齢者世帯よりも子育て世帯の方が受給額から消費に回す割合が多く、今回の措置は消費底上げに一定の効果が見込めそうだ。

 低所得の高齢者に1人当たり3万円を配る27年度補正予算の臨時給付金は、与野党から「なぜ高齢者ばかり優遇するのか」などと異論が出ていた。参院選を控え、若年層向けの支援策をアピールする狙いもある。






最終更新日  2016.03.24 08:36:15
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.