2021.10.13

リボルバー 原田マハ

カテゴリ:読書メモ
去年のちょうど今頃 大阪の国立国際美術館で
ロンドンナショナルギャラリーの企画展があった
日本初公開作品が多数出展される、こんな機会はコロナ禍であっても
決して見逃すことはできなかった。
日時指定制なのがありがたい。
いつか見たかったゴッホのひまわりの最高傑作を
ゆっくり目前で堪能できた。
(去年11月13日 日記に書いてます。)
本物の持つ力 時を超えるタブローの力。
この場にいられることに感謝した。

思い出しながら読む本作 格別でした。
原田マハさん作品は 時空を超えた旅気分も味わえる。
今年読んでよかった作品上位😉

リボルバー [ 原田 マハ ]
内容紹介(出版社より)

誰が引き金を引いたのか?

「ゴッホの死」。アート史上最大の謎に迫る、著者渾身の傑作ミステリ。


パリ大学で美術史の修士号を取得した高遠冴(たかとおさえ)は、小さなオークション会社CDC(キャビネ・ド・キュリオジテ)に勤務している。週一回のオークションで扱うのは、どこかのクローゼットに眠っていた誰かにとっての「お宝」ばかり。
高額の絵画取引に携わりたいと願っていた冴の元にある日、錆びついた一丁のリボルバーが持ち込まれる。
それはフィンセント・ファン・ゴッホの自殺に使われたものだという。


「ファン・ゴッホは、ほんとうにピストル自殺をしたのか?」
「--殺されたんじゃないのか? ……あのリボルバーで、撃ち抜かれて。」

ゴッホとゴーギャン。

生前顧みられることのなかった孤高の画家たちの、真実の物語。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ゴッホとゴーギャン。生前顧みられることのなかった孤高の画家たちの、伝説のヴェールを剥がせ!「ゴッホの死」。アート史上最大の謎に迫る、傑作ミステリ。

著者情報(「BOOK」データベースより)

原田マハ(ハラダマハ)
1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。森美術館設立準備室勤務、MoMAへの派遣を経て独立、フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年「カフーを待ちわびて」で日本ラブストーリー大賞を受賞し、デビュー。12年『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本周五郎賞受賞。17年『リーチ先生』(集英社)で新田次郎文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





TWITTER

最終更新日  2021.10.14 07:09:03
コメント(0) | コメントを書く