2192324 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

Nov 7, 2018
XML
カテゴリ:読書・コミック
本日読んだ漫画は「進撃の巨人」(読み切り版)。
諌山氏が19の時にマガジン編集局に持ち込んだ作品で以前に1期DVD・Blu-ray 1巻のおまけとして付いていたものでwebサイト「マガジンデビュー」で公表されたので読んでみた。

連載版と共通する箇所は存在するものの、連載版と異なる設定も・・
・巨人は話の始まる100年前に自然環境破壊を憂いた「宗教科学団体」が作った生物兵器。人体模型を思わせる超大型のように外見上の個性は存在しない
・巨人は自然を守ることをプログラムされてるため街の周辺は大木で囲まれている
=連載版で壁に変えられている。
・立体機動装置は存在しない。対巨人用の剣が連載版のカッター風ブレードの原型になっている
・前衛兵は死亡率が高い=調査兵団の原型?(壁の外に出るため必然的に巨人と戦く確率が高い上、死亡率が高い)
・「人類は巨人に勝てない」という兵士・たかなみ=連載版のジャンの原型?
・巨人には核が存在し、そこを斬られると絶命する=連載版ではうなじが急所になっている。
・主人公のむらくもはエレンとは違い猪じゃない上、そこそこ戦闘能力が高い。あの手の漫画の主人公って戦闘能力が並みってパターンが多いので珍しい。
・ラストはむらくもが巨人化=エレンの巨人体の原型なデザイン
・巨人化のカラクリ=純粋な心を持った人間は巨人に吸収されず、逆に巨人の力を支配してしまう。

このプロトタイプを再構成し連載版が生まれたわけだが、「大きな魚を逃した」と揶揄されるようになったのは“ジャンプ”。諫山氏は「週刊少年ジャンプ」編集部にもこの作品を持ち込んでいたのだが、そこでの評価は散々。諫山氏も自身のブログで「ボロクソでした…しかし適切な指摘ですごく勉強になったし、見返したいって気持ちになりました」と振り返っている。当時、諫山氏が「ジャンプ」の編集に「『漫画』じゃなくて『ジャンプ』を持って来い」と言われたのは有名な話。

パワフルな描写は連載版と共通するが、絵が下手くそ。しかも連載版でも絵の上達が感じられないのだが。最初下手くそな絵だった小林よしのり、平本アキラって後になって絵が綺麗になっていたし、ゾンビや未知の生物と戦う内容のサバイバル漫画を書いていた人って連載経験を持ってるパターンがあるので(「GANTZ」の奥氏、「アイアム ア ヒーロー」の花沢氏等)却って画力の低さが目立つんだよなぁ






最終更新日  Nov 11, 2018 08:36:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
[読書・コミック] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

BARBEE BOYS 蜂 BAR… New! ニシ函さん

アニメ「半妖の夜叉… New! らいち♪♪さん

My Nintendo Switch … akeokunさん

「慰安婦判決」招い… 生王さん

炬燵蜜柑倶楽部。 江戸川ばた散歩さん

コメント新着

 omachi@ Re:マツコの知らない世界(8/18放送分)(08/21) あなたの知らない日本史をどうぞ。 歴史探…
 ナボナボ@ Re:銀英伝(新)12話「死線(後編)」(06/27) ・整備不備が祟って 照準が狂ってるせいで…
 ハンサムクン3714@ Re:ワンフェス2020冬情報(GSC/MF編)(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
 お名前@ Re:ヤットデタマン(09/05) コヨミは、それまでのボカンシリーズヒロ…
 RicharddaW@ вакуумные пакеты для продуктов купить москва Наша служба транспортировки была основа…

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.