1735880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

Jul 18, 2019
XML
カテゴリ:特撮
<ライダー>
主役ライダー・ゼロワン
カラーリングは黒地に蛍光グリーンを採用。シルエットは正統派
変身ベルト・ゼロワンドライバーにカセットテープに形状が似たチップ・プログライズキーを装填して変身。プログライズキーにはビルドのフルボトル同様データが詰まっており、動物・昆虫がメイン。ゼロワンの基本形態はバッタのデータが入ったプログライズキーで変身する。
ゼロワン用プログライズキーは現段階でバッタの他はハヤブサ・サメ・熊・マンモスが判明

プログライズキーはおもちゃだとベルト・武器の玩具に付属している場合とガシャット、ライドウォッチのように単独でリリースされるものの2種類存在。

2号ライダー:バルカン
不破諫が変身。基本形態はオオカミがモチーフ。銃型メカ・ショットライザーにプログライズキーを装填して変身。

3号ライダー:バルキリー
刃唯愛が変身。基本形態はチーターがモチーフでバルカン同様ショットライザーにプログライズキーを装填して変身する。

敵ライダー:滅
フォースライザーにスコーピオンプログライズキーをセットして変身。

<メカ>
・アタッシュカリバー
・アタッシュショットガン
・アタッシュアロー
アタッシュケースから変形して武器に。(G3-XのGG-05ケルベロスと一緒だ)変形はプログライズキーを挿し込んで行う。

・飛電ライズフォン:ビルドのバイク同様スマホから変形する。最近のライダーはバイクの重要性なんざないようなもんだし。クウガのようなバイクバトルは期待できないか?

・ブレイキングマンモス:人工衛星・ロボ・戦闘機モードになる大型メカ。
鎧武・スイカアームズのように強化パーツなのか、「フォーゼ」のパワーダイザーのように有人操縦のメカか?

*現段階で11月にゼロワンが、12月にバルカンのパワーアップ、クリスマス商戦ではゼロワンのさらなるパワーアップを予定。






最終更新日  Jul 18, 2019 12:00:12 AM
コメント(1) | コメントを書く
[特撮] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 日本にとって大切な参院選   ゆきこ さん
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。 (Jul 19, 2019 07:02:39 PM)

お気に入りブログ

コメント新着

 ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
 苦労すアンジュ@ Re:クロスアンジュ 24話(03/23) >・この期に及んで 恨み節をジルにぶつけ…
 つるこ@ Re:8.12日航ジャンボ機 墜落事故30年の真相 陰謀論とか下衆の勘繰りが好きな人ってい…
 マナ=愚民@ Re:クロスアンジュ 23話(03/16) それは違うと思います。 ノーマというだ…
 たぬきゅーぶ@ Re:クロスアンジュ 11話 コメント失礼します。私はジル=アレクト…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.