1760064 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

Aug 22, 2019
XML
本日行ってきた展覧会は「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション -初期浮世絵から北斎・広重まで」。
外国人の浮世絵コレクター・メアリー・エインワーズが収集した浮世絵のコレクションのうち二百数点を展示。黎明期の浮世絵~北斎・広重の時代までを紹介する内容。
 
 黎明期の浮世絵は版画であっても単色か紅が使われてるだけ。美人画は初期の段階からあったこと、全身図が多いことに気付く。昔は「目は小さく、ふっくらした顔」が美人の条件と言われてるが美人画でそれは踏襲されてます。初期では仏教をお題にしたものも
 北斎のコーナーでは「富嶽三十六景」が数点展示され、「赤富士」の通称で知られる「凱風快晴」、「尾州不二見原」「甲州三坂水面」「 山下白雨」が展示されていたが、漢詩・和歌を題材にした作品は初めてみた。
大首絵では喜多川歌麿を中心に紹介。大首絵でも美人画は昔の美人像を踏襲してる。
 広重のコーナーでは「東海道五十三次」をメインに展示。一部の作品はレイアウト違いも展示されており、どれだけ変化したのかを比較しつつ見られるので楽しめた。

常設展も見に行きました。こちらもテーマに分けて展示。昔の化粧道具、美人画などを展示。
化粧道具はきらびやか。
会場の大阪市立美術館は京都市美術館同様レトロな内装の美術館でした。






最終更新日  Aug 23, 2019 09:25:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・展覧会めぐり] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


お気に入りブログ

コメント新着

 ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
 苦労すアンジュ@ Re:クロスアンジュ 24話(03/23) >・この期に及んで 恨み節をジルにぶつけ…
 つるこ@ Re:8.12日航ジャンボ機 墜落事故30年の真相 陰謀論とか下衆の勘繰りが好きな人ってい…
 マナ=愚民@ Re:クロスアンジュ 23話(03/16) それは違うと思います。 ノーマというだ…
 たぬきゅーぶ@ Re:クロスアンジュ 11話 コメント失礼します。私はジル=アレクト…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.