1882613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

Jan 20, 2020
XML
カテゴリ:音楽
今回のお題はP-MODELの「KARKADOR 」。
「ベルセルク」(旧TV版・ゲーム版)の劇伴で知られる平沢進がリーダーを務めるバンドの1985年リリース作品。デビュー当時は(本人らは否定していたが)ヒカシュー・プラスチックスと共に「テクノ御三家」と呼ばれていた。

1985年10月25日にアルファレコードより発売された。 1994年12月21日にCD化され、2007年7月25日にソニー・ミュージックダイレクトよりデジタルリマスタリングされ、紙ジャケット仕様で発売された。 その後、同時期に発売されたONE PATTERNと共に価格が高騰していたが、2012年4月に前述のONE PATTERNと共に一部のCDショップなどで紙ジャケット版の再発売がされた。
 ジャケットデザインは平沢進の実兄・平沢裕一氏によるもの。ジャケットの人形は折茂昌美が気に入り譲り受けていたが、2013年に裕一が「GAZIO」をオープンした際に返却され同店に展示されていた。

<曲目>
01.KARKADOR
02.オルガン山にて
03.ダンス素凡夫
04.サイボーグ
05.1778-1985
06.LEAK
07.オール
08.HOURGLASS
09.PIPER
10.KARCADOR(リプライズ)


平沢進のワンマン体制が顕在化したころに出た作品で、平沢進のソロはOVA「デトネイダー・オーガン」視聴時に主題歌を聞いたことがあるが(平沢は「デトネイダー・オーガン」で劇伴も担当)、歌声に癖がある、独自色が強いとは感じていたが、改めてP-Modelの作品を聞くと独自色があるということに気付く。
歌声が独特なため民族音楽に似た作風でもあるなぁと思う。
 弟は日本のロック・ポップスになるとまったりというか脱力系という風な作風の作品が好みらしく、ゆらゆら帝国、くるり、チャクラ等を聞いてたうえ、P-Modelも聞いていたらしく、この作品を聞いて「パンクや」って言ってましたけど、独自色の事を考えるとその通り?


【エントリーでポイント10倍!(1月お買い物マラソン限定)】【中古】邦楽CD P-MODEL / カルカドル(廃盤)【タイムセール】






最終更新日  Jan 24, 2020 11:17:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

コメント新着

 ハンサムクン3714@ Re:ワンフェス2020冬情報(GSC/MF編)(02/12) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
 お名前@ Re:ヤットデタマン(09/05) コヨミは、それまでのボカンシリーズヒロ…
 RicharddaW@ вакуумные пакеты для продуктов купить москва Наша служба транспортировки была основа…
 ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
 苦労すアンジュ@ Re:クロスアンジュ 24話(03/23) >・この期に及んで 恨み節をジルにぶつけ…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.