000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

Jul 9, 2021
XML
今回のお題は角松敏生の「Sea Breeze」。デビュー40周年ということでデビュー作をレビュー。
 1981年6/21日にRCA/RVCからリリースされた1Stで(初CD化は1985年2/21)、デビュー曲「Yokohama Twilight Time」と同時リリース。
 2016年にデビュー35周年企画として本作のアナログマスターを元に歌パートを新録し、角松自身でミックスダウンを施した「Sea Breeze2016」がリリースされた。
 レコーディングメンバーに村上”ポンタ”秀一、後藤次利、鈴木茂らが参加している

<曲目>
01. Dancing Shower
02. Elena
03. Summer Babe
04. Surf Break
05. YOKOHAMA Twilight Time
06. City Nights
07. Still I’m In Love With You
08. Wave

*対応サブスク:非対応

角松さんは日大文理学部在学中にデビュー。デビュー当初はポスト山下達郎と言われていた。
#1はエレベーターのSEが入ってるが、エレベーターでディスコに行くという設定のため入っている。ディスコに行きたくなるし、ホーンセクションが入ってきらびやか。
#2はデビュー前に自分のバンド用に作ったもので 雑誌「JJ」のトップモデルだった小川エレナへのあこがれで作られたもの。「♪小粋なひととき 今君と過ごせたら」「街中のきらめき すべて君のために」ってところは憧れの女性に捧ぐ歌って感じが確かにする。
#4はナツのリゾートの一コマを連想する
#5はデビュー曲。シングルを意識して作ったとのこと。ベスト盤「1981-1987」でリテイクバージョンが作られている。
#6は「AFTER5 CRASH」等夜の都会路線に通じるようなナンバー。詞に「冷たい夜の国道引き裂き~」とあるので
#7も#5同様「1981-1987」にリテイクバージョンで収録されている。オリジナルである本作のバージョンはイントロが長め
#8はセルフカバー版が「REBIRTH 1」に収録されている「♪波はいつまでも変わらずに打ち寄せる 出会いの時と同じ」「♪だからいつまでも変わらずに その笑顔忘れないでと・・約束だから」という歌詞はいつまでの変わらぬ愛を歌っているよう。


【中古】邦楽CD 角松敏生 / Sea Breeze(廃盤)






最終更新日  Jul 17, 2021 10:02:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
[音楽(歌番組・MV含む)] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

大貫妙子 CLASSICS New! ニシ函さん

事黒執事 GF10月… らいち♪♪さん

枝野幸男よ、このい… 生王さん

週刊プレイボーイ akeokunさん

炬燵蜜柑倶楽部。 江戸川ばた散歩さん

コメント新着

 お名前@ Re:ヤットデタマン(09/05) いまgyaoで数話ずつ無料放送してますね
 omachi@ Re:マツコの知らない世界(8/18放送分)(08/21) あなたの知らない日本史をどうぞ。 歴史探…
 ナボナボ@ Re:銀英伝(新)12話「死線(後編)」(06/27) ・整備不備が祟って 照準が狂ってるせいで…

© Rakuten Group, Inc.