2568059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


稲葉忍

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

May 9, 2022
XML
カテゴリ:テレビ番組
映画「俺たちに明日はない」でネタにされた強盗カップル・ボニー&クライドの人生を今回は描く。
「俺たちに明日はない」だけじゃなく様々な映画の題材にされたり、TM NETWORKの「Self Control」、BOØWYの「ROUGE OF GRAY」などで歌詞に取り上げられるほど。

冒頭は「俺たちに明日はない」の1シーンと宇多田ヒカルの歌を紹介して本編へ。

ボニー・パーカーとクライド・バロウの生い立ちをまず紹介し、なんで強盗・殺人を繰り返したのかを紹介していく。

なんで問題ばっかりのクライドにボニーは惚れたのかというと・・研究者はボニーは運命論者で思い込んだら一直線な人と評価。
ボニーは他の恋人と一緒になりクライドに見切りをつけようとしてたがクライドは恩赦で釈放されて再会。ボニーとクライドは仲間を加えてバロウズ・ギャングを結成し強盗などの犯罪を繰り返すように。最初は小規模な強盗を繰り返していたが何度も盗みを繰り返すうちに手口も巧妙になっていった。
 庶民の間に2人を英雄視する傾向があり、クライドに憧れてギャング団に入ったという人も・・・
けどクライドは結構短気で逃亡先で人を殺したこともあったが、ボニーは人が死んでも冷めた態度。かなり冷淡。
 逃避行が長く続き野宿する羽目になったり、モーテルに泊まっても警察に銃撃されると逃避行は難儀に。そのためギャング団も解散状態に。庶民の中には彼らの逃避行を助けた人もいたが、当時流行っていた再現映像を用いたニュース映画で無抵抗の警官を殺した・・と流されたため庶民には嫌われ、最期は銃撃を受けて死亡・・・二人の遺体が運ばれてきた際、彼らに憧れている人が遺体を切り刻もうとしていたとか・・なんでそんな心理になるのかと言うのを出演者が分析。記念品を手に入れることで英雄扱いされている人と同一視できるのでは・・と言っていた。
 
 ボニーとクライドが世間を騒がさせていた時期は禁酒法、ギャングが幅を効かせていた時期だったが、こういうご時世だから気ままに生きる人や英雄を求めていたのかな?


【中古】DVD▼俺たちに明日はない▽レンタル落ち


【中古】邦楽CD BOΦWY / JUST A HERO


CD / TM NETWORK / Self Control (Blu-specCD2) / MHCL-30011






最終更新日  May 13, 2022 12:30:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ番組] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

The Fixx Reach The… New! ニシ函さん

カプコンアーケード… akeokunさん

ロシア軍が修道院砲… 生王さん

「暁のヨナ」38巻… らいち♪♪さん

炬燵蜜柑倶楽部。 江戸川ばた散歩さん

コメント新着

 流浪牙-NAGARE@KIBA-@ Re:にっぽん歴史鑑定-源頼朝-(01/14) >武家政権を作るって言っておきながら…
 稲葉忍@ Re[1]:007 死ぬのは奴らだ(地上波吹替版)(12/27) ITOYAさんへ コメントありがとうございま…
 ITOYA@ Re:007 死ぬのは奴らだ(地上波吹替版)(12/27) こんにちは。長年の007シリーズのファンで…
 お名前@ Re:ヤットデタマン(09/05) いまgyaoで数話ずつ無料放送してますね
 omachi@ Re:マツコの知らない世界(8/18放送分)(08/21) あなたの知らない日本史をどうぞ。 歴史探…

© Rakuten Group, Inc.