1192206 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


稲葉忍さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
アニメ  音楽 

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

美術館・展覧会めぐり

Jun 1, 2017
XML
本日は「技を極める-ヴァン・クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸-」を見に行きました。
有名なジュエリーブランド「ヴァン・クリーフ&アーペル」と日本の工芸がコラボした展覧会で女性のお客さんが多くを占めていましたが、年配だったり若い人がいたりと世代はバラバラ。
最初から様々なアクセサリーの展示からスタート。石を爪が見えないように配置するという技術に、精巧な細工は声が漏れるほど綺麗な装飾でしたが、サファイヤとタンザナイトなど色が似ている宝石はどこに使われてるのかというのは全然わからなかったですけどね。

モチーフもエジプトとか幅が広く、花、バレリーナシリーズはかわいいし、小さなケース類は装飾が綺麗ですけど、惜しげもなく石をびっしり敷き詰めたり、大粒の石を使用している作品が多いもんですから、ついお金のこと(実際に売っていたらどれぐらいするか)を考えてしまいました。

日本の工芸部門は本物そっくりに作られた野菜のオブジェ、七宝の絵は柄が綺麗と日本の工芸品は展示数は少なかったのですが、精巧さは負けてませんでしたね。

ヴァン・クリーフ&アーペルのHP(日本版)
ブランドの立ちあげ、技術、代表作の紹介がされている






最終更新日  Jun 3, 2017 09:56:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 17, 2017
本日は京都国立博物館で開催された海北友松(かいほうゆうしょう)展へ行ってきました。
展覧会が終了間際ということで人が詰めかけ、30分ほど待ってほしいと博物館のスタッフに言われましたが実際は早めに見ることが出来ました。で、展覧会の客層は相当年配のおじさま・おば様方で若い人はあんまり見られず。
 
展示内容は水墨画がメイン。自然の絵の他、中国の道士、鷹・馬・牛の絵の他に大和絵も数点展示。
目玉は雲竜図で掛け軸、屏風絵のパターンがあり、墨の濃淡だけで龍を表現している所はすごかったし、他の水墨画もシンプルながら愛嬌のある絵があり、大和絵の方が琳派同様シンプルな造形になっていてその中に優美さも感じられる。大和絵の方は天皇と宮様に称賛されただけはあります。






最終更新日  May 17, 2017 08:32:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 3, 2017
本日見た展覧会は髙島屋京都店で開催されていた「ウルトラセブン展-モロボシ・ダンの名を借りて-」。
タダ券があったから行ったのですが、構成は3年前に見た「円谷英二展」同様に着ぐるみ、蝋人形、プロップで構成され、実際の映像も流されていた。入場していたお客さんは子供連れ、年配の男性がメイン。
セブンの各エピソードに登場する怪獣は有名なエレキング、ガッツ星人、ペガッサ星人、キングジョー等が展示されていたが「ウルトラセブン」に登場する敵は怪獣より宇宙人が多いことが改めてわかる。
当時のスチールも展示されていて撮影の裏をかすかに感じることが出来ます
プロップの方はウルトラ警備隊のメカニックがメイン。
 実際の映像が流されたスペースでは最終回でのダンが自分の正体をアンヌに告白するシーンを見ることが出来た。例の告白シーン、BGMと演出の良さが相まって傑作といわれているのがわかる。


【送料無料】ウルトラセブン Blu-ray BOX I 【Blu-ray】

【送料無料】ウルトラセブン Blu-ray BOX II 【Blu-ray】​​






最終更新日  May 3, 2017 10:03:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 20, 2017
本日見た展覧会は細見美術館で開催されていた「杉浦非水-モダンデザインの先駆者-」。
明治・大正時代に活躍したグラフィックデザイナーの先駆者とのことで興味があり、行ってきました。

三越呉服店(今は大丸と合併)の宣伝ポスター、三越のPR誌の絵、地下鉄のご案内、カルピス、ヤマサ醤油のポスターの他に日本画、習作を書いたノート、絵葉書、デザイン帖の原稿を展示。

宣伝ポスターではヤマサ醤油、カルピスの宣伝ポスターが最初に展示されていて、ヤマサ醤油のポスターの一つはロケットに見えてしまった。
カルピスといえば今はペットボトルに入った原液が販売されてますけど、昔は瓶詰で包み紙で包まれていたということで包み紙が展示。
三越のポスター・地下鉄のPRポスターはモダンさが全面に出ている感じ。
内覧会のポスターは当時の日本のお国柄が出ているデザインで奈良時代の婦人の服装をした天女(?)が描かれていた

絵葉書は竹久夢二風で、デザイン帖は幾何学模様をメイン、繰り返しパターンが日本独自。






最終更新日  Apr 20, 2017 08:07:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 12, 2017
本日は京都高島屋で開催されている「池田理代子展-ベルばらと共に-」へ行ってきました。
池田理代子のデビュー50周年記念の展覧会で髙島屋で開催されたのは2月のバレンタイン催事でベルばらとコラボした縁で?

先週プリーツ・プレイスで買い物をしたところ、店員さんにタダ券をもらったので本日四条に出たついでに行ってきました。

展示内容は貸本時代の作品・商業誌デビュー時~ベルばら前、ベルばら、オルフェウスの窓、女帝エカテリーナ、エロイカ(単行本化にあたり、「栄光のナポレオン-エロイカ」に改題)、聖徳太子、大王四神記などのカラーイラスト・原稿を展示。

「ベルばらコーナー」では名場面の原稿を宝塚版の名場面を比較して紹介。単行本などで使用されたカラーイラストも紹介されていたが、ベルばらは荒木伸吾・姫野美智コンビによるアニメ版のイラストの印象が強いため「コレジャナイ」感はあったものの、カラーイラストではPCイラストを描くにあたっての参考にはなったかな?
宝塚版の写真も一緒に見ていると・・アニメ「るろうに剣心」で剣心の声を担当した涼風真世は​宝塚版ベルばらに出ていたのは驚き。(涼風さんが宝塚出身ってのは知っていたけど)

あと大きく取り上げられたのは「オルフェウスの窓」。ある音楽学校にある「オルフェウスの窓」で巡り合ったカップルは悲恋に終わるジンクスがあった。男として育てられたユリウス、ロシア革命闘士という身分を隠すアレクセイ(クラウス)、ピアニストとしての才を持つイザークの3人の運命を史実を交えて描くというものだが、撮影可能エリアにはオルフェウスの窓を模したオブジェがあり、カラーイラストは軍服のかっこよさに感激・・

少女漫画は読めない体質で(全くってわけじゃないけど)、挙句の果てが女の癖にロボットが出てくるFSS、○○○○漫画読んじゃうほどの変わり者である私が昔行った高橋真琴展同様いいなぁと思った少女漫画の展覧会でした


雪組全国ツアー公演DVD 『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
​​
【送料無料】ベルサイユのばら Blu-ray BOX 【Blu-ray】






最終更新日  Apr 13, 2017 07:40:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 29, 2017
本日見た展覧会は「手塚治虫の美男美女展-優艶-」。
手塚治虫のマンガに登場する美男美女をお題に分けてカラーイラスト(雑誌連載時の扉絵)、生原稿で構成した展覧会。
展示されていた作品は
・リボンの騎士(サファイア・フランツ王子・ブラッド・ヘケート)
・火の鳥(火の鳥、タマミ(未来編)、カジカ(ヤマト編)、マリモ(太陽編)
・ブラックジャック(ピノコ・Drキリコ)
・奇子(あやこ):奇子
・陽だまりの樹
・七色いんこ(七色いんこ・千里万里子)
・ミクロイドS
・人間昆虫記
・ミッドナイト
・MU(ムウ)
・どろろ
・バンパイヤ(トッペイ・ロック)
・ジャングル大帝:レオ
・W(ワンダー)3:ボッコ・真一
・どろろ(百鬼丸)
・海のトリトン(トリトン・ピピ子(ピピ)
・プライム・ローズ(エミヤ)
・ふしぎなメルモ
・マグマ大使
・ユニコ
・やけっぱちのマリア
など・・・
サファイヤはかわいいの一言。奇子、人間昆虫記のイラストは妙に色っぽいんだけど、青年漫画で連載されていたから?全体的に丸みのある絵が多い手塚作品だが色気も醸しだすことに成功している所は、さすが漫画の神様。
手塚治虫記念館に数年前に訪れた割には手塚作品をあんまり読んでいなかったり・・

後半はコラボイラストを展示。マクロスシリーズのパッケージアートを担当した天神英貴がマグマ大使と火の鳥を、いのまたむつみがサファイア、美樹元晴彦がアトムを書いているけど、美樹元市のイラストは従来のものとは作風が違う。
picxivで投稿されていたコラボイラストも展示。

展覧会恒例の販売スペースには文庫版の手塚治虫全集、火の鳥、ブッダ、ブラックジャック、小学館版火の鳥などと言った著書が陳列されていましたが、これまた絵の展覧会ではお約束の複製原画も販売。昨年神戸で見かけた天然石を利用したモザイク画も販売されていましたが、天然石をふんだんに使っているためか○十万する作品も。






最終更新日  Mar 29, 2017 08:09:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 16, 2017
本日は細見美術館で開催された「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」へと行ってきました。
アール・ヌーボーはフランス辺りで流行したわけですけど、今回の展覧会はドイツ・デンマーク・オランダ・日本のアール・ヌーボー風陶器の展示がメイン。
1月ににガレ・ドーム展、他にもアール・ヌーボー期のガラスの器の展覧会へ行きましたが、今回の展覧会の展示品もガラスの器同様凝った構造のものが多く、色は淡いものが中心。
 作品の中にはイヤープレートで知られるロイヤル・コペンハーゲンのものも登場。イヤープレート以外のロイヤルコペンハーゲンの商品も見たことがありますが、イヤープレートのような構図のものがあったり、凝った構造の花瓶とバラエティ豊か。
 ドイツのマイセンもアール・ヌーボー期に創立されたブランドとは知らなかった。
花瓶よりもソーサー・ティーセットのデザインが印象深く、いいデザインのティーセットでお茶を飲んでみたいです。
 デザイン的に日本のものと大差がない物も散見されたのですが、色使い、釉薬を使った技法とか見ていて綺麗でした。


ロイヤルコペンハーゲン Royal Copenhagen プラケット ミニプレート2000年






最終更新日  Mar 16, 2017 08:37:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 15, 2017
本日は大丸京都店で開催された「ムーミン絵本の世界展」へ行きました。
大丸京都店の展覧会へはあんまり行かないんですけど、(大丸に買い物する機会が少ないから)ムーミンの展覧会面白そうということで見に行きました。
実は原作者・トーベ・ヤンソンが書いたムーミン絵本は少なく、展覧会は公式カバー作家の原画展という体。線画原稿と彩色原画を比較して見られる風になっており、ムーミントロールとかミイが可愛いんですよね。
どこの雑貨屋へ行ってもムーミングッズが置いてある、勤め先にもムーミンのTシャツが売られてると人気が高いんですが、どれを見てもかわいい・・(今年のムーミンTシャツはデザインがいまいちだったか?)


【中古】単行本(実用) ≪児童書・絵本≫ ムーミン谷の彗星 / トーベ・ヤンソン【中古】afb

​​​
劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス 通常版[DVD](DVD)






最終更新日  Mar 15, 2017 05:56:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 2, 2017
本日は戦国武将展へ行ってきました。

借りはしなかったものの、音声解説は「大関ケ原展」同様「戦国無双」とのコラボ。
無双謙信役の中田譲治さん、無双信玄役の大友龍三郎さん、無双元就役の石川英郎さん、無双信長役の小杉十郎太さんが解説を担当。わかってらっしゃるよね~

展覧会は戦国時代の始まり~終わりを順を追って紹介する内容。
武将の肖像画は有名なもの、全くイメージが異なる武将も。武田信玄の肖像画は有名な長谷川等伯のものではなく、出家前と思われるものが展示されていました。
信長の肖像画は自分を神格化したもので逆説の日本史にも載っていたもの。

武具の類は毛利元就所有の無銘の刀、短刀「五虎退」などを展示。五虎退が展示されていたため、博物館別館に通じる通路には「刀剣乱舞」のパネルが・・・
以前本で読んだ上杉家所有の烏帽子兜が展示されていて本物が見られることに感激。

武将がプライベートで使っていたもの、コレクションの絵、合戦の様子を描いた屏風も展示。屏風絵は武将・兵士が入り乱れての絵が迫力があるのと、旗差し物の華やかさ(?)が綺麗でしたし、コレクションは謙信愛用といわれている茶道具は意外なコレクション。本で馬上杯の写真は見ていたのですが。

書状の類は相変わらずわけがわからず・・・






最終更新日  Mar 4, 2017 08:25:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 12, 2017
本日は髙島屋で開催されていた「ガレとドーム展」を見に行きました。
アール・ヌーボー、アール・デコ時代のガラスの器の展覧会は何度も見に行ってますが、今回ので4回目かな?
花瓶がメインで。一輪挿し用、大きなサイズのものが展示。アール・デコ、アール・ヌーボー期のものは基本のガラス素地に色ガラスを貼りつける、色ガラスを吹き付ける、薬を使ってエッチングしたりする手法がメインで、色ガラスを吹きつけた花瓶を清流に見立てて、鯉のエッチングがされたものがあったり、花瓶に詩を書きこんだものがあったりと、過去に行ったガラスの器の展覧会にはない展示品ばかり。
最後はガラス製のランプシェードも見られました。ガラス製のランプシェードについては高知旅行で見た記憶のあるものが・・・


【中古】 エミール・ガレ 人と作品 中公文庫/由水常雄【著】 【中古】afb

【中古】 光の魔術師 エミール・ガレ Shotor Museum/鈴木潔(著者) 【中古】afb

【中古】 もっと知りたいエミール・ガレ 生涯と作品 アート・ビギナーズ・コレクション/鈴木潔【著】 【中古】afb






最終更新日  Jan 14, 2017 09:36:17 PM
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

お気に入りブログ

鴻海会長、東芝入札… New! 生王さん

「DAYS」21巻ざっく… New! らいち♪♪さん

キラキラ☆プリキュア… MAGI☆さん

仮面ライダー●・Lady… onemu。さん
Blader -ブレイダー- n-TakaSNSDさん

コメント新着

 苦労すアンジュ@ Re:クロスアンジュ 24話(03/23) >・この期に及んで 恨み節をジルにぶつけ…
 つるこ@ Re:8.12日航ジャンボ機 墜落事故30年の真相 陰謀論とか下衆の勘繰りが好きな人ってい…
 マナ=愚民@ Re:クロスアンジュ 23話(03/16) それは違うと思います。 ノーマというだ…
 たぬきゅーぶ@ Re:クロスアンジュ 11話 コメント失礼します。私はジル=アレクト…
 渡胸俊介@ Re:仮面ライダードライブ 1話(10/07) 長くなったので分けますが、続きまして貴…

ランキング市場

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.