2121293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

全128件 (128件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

美術館・展覧会めぐり

Sep 22, 2020
XML
今回行ってきた展覧会は「氷室京介展-揺るぎなき美学と挑戦-」。今年10月7日で還暦を迎えるということで企画されたもので読売新聞主催。
 ファンというわけじゃないけど、学生時代の青春ということで行くことに。大阪はコロナ感染者が結構出てるので感染するのではないかと気にしながらでしたが。男の方ばかりかと思ったら、女性のファンもいたのは意外。
与太話ですが、うちの両親の結婚記念日は氷室京介の誕生日と一緒なんです。

 耳の不調で半分引退状態の彼。引退(?)宣言までの活動を振り返る内容。
 まずはBOΦWY時代の直筆の歌詞が登場。「MEMORY」「PLASTIC BOMB」「季節が君だけを変える」の歌詞で「季節が~」はホテルの便箋に書かれており、ツアー中か何かでホテルに滞在してた時に書いたものか?「PLASTIC~」の方は2パターンあり。意外と達筆。男の方で滅多に達筆な人は見かけないからなぁ
 ライブでの写真・衣装メインで展示されてて「FLOWER FOR ALGERNON」をフィーチャーしたライブを収めたDVDジャケットに使われたライフマスクという変わった展示も。
 氷室京介=黒服のイメージがBOOWY時代からあるが、「NEO FACIO」をフィーチャーしたライブでは作品のコンセプト「独裁者・カリスマ」をイメージしつつもカラフルな衣装を着ていた写真が展示されていた。
 次に登場したのは「KISS ME」の直筆歌詞。手書きのものとワープロで出力されたものの2種類があり何度もFAXでやり取りして完成に至ったことが分かる。当初タイトルが「KILL ME」ともう一つ(タイトルは忘れちゃった)の仮タイトルが付いていた歌詞が・・・
 ライブで着ていたステージ衣装・アクセサリーがいくつか展示されていて実際に着ている写真も展示。スタッズの付いたパンク風なもの、スカジャン(もちろん黒)は分かるんですが、スケスケの衣装、フリフリの衣装、ラメ入りという意外な物も。氷室さんってあの甘いマスクは稲葉さんに匹敵するほどだけど、ステージ衣装を見ていると「かっこいい男は何を着てもカッコいい」ってのが伝わってくる。
 他の展示物としてライブで使用したマイク・メガホン、PVで使用したフルアコも展示。マイクにはイニシャルの”K・H"を組み合わせたデザインのマークが刻まれていて、稲葉さんが使用していた物と同じで特注?
 入場料が一般2500円ってのは割高だが彼の美学が垣間見える展覧会だったし、近畿ではアーティストの展覧会って滅多にしないから貴重な体験をしたなぁ












最終更新日  Sep 22, 2020 04:36:47 PM
コメント(0) | コメントを書く


Sep 1, 2020
本日は高瀬川で行われていた野外展覧会へ行ってきました。
コロナの影響で展覧会の中止、行われても入場制限がある・・ってのが多い中、野外ということで開催された展示会で高瀬川で彫刻・オブジェを展示する内容。
シュールなものもありましたが、久しぶりに展覧会に行けてよかった。
















最終更新日  Sep 1, 2020 07:34:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 2, 2020
今回のお題は「チェコデザイン100年の旅」。コロナショックで展覧会もお休みってことでこの展覧会も会期が延期に。いつもなら(多い時で)年10回程展覧会巡りをしますが今回は極端に少ないです。
 チェコのデザインは機能美を重視している・・ってのはどっかで読んだが、実際見てみると椅子・食器・電化製品は機能美を追求したデザインが多い。本・ポスターはシンプルに徹したつくりの物が多かった。

一緒に見た「ポーランドの映画ポスター」では以前同じ会場(京都国立近代美術館)で行われたチェコの映画ポスター展同様世界中で公開された作品は知ってるものとは異なるデザインになっており、​「燃えよドラゴン」とか日本の「七人の侍」「用心棒」「日本沈没」等は知ってるものは異なり、写真は使わず、抽象的な絵で表現されてて原色を使用する、設定年代をイメージしたものがあったりして表現が面白い。


燃えよドラゴン =Mサイズ ポスター ヴィンテージ 海外ポスター=






最終更新日  Jul 2, 2020 06:11:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 23, 2020
東京旅行3日目に行ってきたのは六本木・森美術館で開催されていた「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」。JTBのオプションとして森美術館と・東京シティービューのタダ券があったので、築地へ行った後に行きました。
 AIの時代となりつつある今を通じて人々はどう生きるのかをテーマにした現代アートの展覧会で未来都市の模型・実物の写真を展示。サイバーなオブジェ、未来都市、植物と無機物との共存をテーマとしたオブジェに、おがくずと菌類の特性を利用した家具、Gを食料化するプロジェクト、遺伝子操作、生後すぐに外科手術を施すことで進化した人類を作ろうとするプロジェクトを想像した模型、バイオテクノロジーを駆使して作られたゴッホの耳の複製、人間の器官を合成した昆虫の写真とかも展示。こういう展示を通じ、AIの時代に伴う危険性も垣間見られる内容。いずれはAiが人間の優位に立ち人類はいずれは滅ぶと思いますね。「火の鳥」未来編で描かれた未来の世界のように。

東京シティービューでの展望も。この日は雨だったのでかすんでましたが、東京タワーもばっちり見られました。
あと東京シティービューでは鉄道関連の展覧会が行われており、ダンボールで作られた蒸気機関車、今でも運転しているSLのヘッドマークと写真、私鉄の写真、子供心をくすぐられるプラレール・シンカリオンそろい踏みに、「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」に登場した日本の列車がモチーフとなったトレインボットの玩具が展示されているスペースなんてのも。鉄道好きが喜ぶイベントでしたね。


















最終更新日  Jan 30, 2020 08:28:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 22, 2020
今回のお題は「日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
今回の東京旅行のお目当てはこれで、「戦争は他国に任せておけ、幸いなるオーストリアよ。汝は結婚せよ」という家訓通り政略結婚で勢力を拡大し、絶頂期には神聖ローマ帝国の皇帝も兼ねていたほどの名門一族の美術品コレクションを紹介。
 10年ほど前に京都で開催された「THE・ハプスブルグ」と展示内容がかぶっていないいうことで行ってきました。展覧会がもうすぐで終わりかけということなのかたくさんのお客さんが・・・
 今回の展覧会では初めて音声解説を借りた。解説を担当するのは梅原裕一郎さんと舞台「エリザベート」に出演した元宝塚の花總まりさん。梅原さんの声イケボすぎ。
 音声解説を借りることで美術品の裏を知ることが出来、鑑賞の楽しみが倍に。
 西洋の甲冑が数点展示されていたが、全身を覆うタイプでしかも殆ど金属製のため、当世具足よりも重たいってのが見ていて伝わる。当世具足でも鉄砲の伝来を機に西洋甲冑の要素を組み込んだ「南蛮胴」ってものも作られたが。
 キリスト教圏の国っていうことで聖書の伝説をお題にした絵画が多数あったり、オーストリアの人々を描いた絵画も存在。
 王族の人々の絵画も。西洋での肖像画は王族・貴族の間ではお見合い写真の代わりに使われていた・・・ってことで「THE・ハプスブルグ」でも展示されていたマルガリータ王女の肖像画が登場。(今回のはドレスの色が違うものでした)
「the・ハプスブルグ」では若き日のマリア・テレジアの像を見たが、大公となった彼女の肖像画、息子のヨーゼフ2世、マリー・アントワネット、オーストリア(実質上)最後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(フランツ帝の後にカール1世という皇帝がいて彼が最後の皇帝だが在位期間が短かった)、エリザベート皇后の肖像画が展示されていた。エリザベート皇后の肖像画は今回新婚当時のものを見られた。以前見たのは有名なヴィンターハルター作の全身像だった。
 音声解説では展示品の解説の他、プリンセスの逸話も入っており、マリー・アントワネットの逸話を聞いた。
 歴代諸侯が美術品コレクターってことでバラエティ豊かな展覧会でした。

常設展も見学。常設展では装飾された本の展覧会と聖書の伝説をお題にした絵画が展示されていて、装飾された本は聖書の写しが当時は主流。日本でもお経の写しが結構出回っているというから似たようなものか?装飾された文字、細かく入る絵が見ていて楽しい。装飾された文字が今のカリグラフィの元になったのか?









最終更新日  Jan 24, 2020 10:53:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 15, 2020
今回行った展覧会は「華めく洋食器-大倉陶園100年の歴史と文化-」。
コーヒーセット・ディナーセットの展覧会で、天皇家に献上されたもの、高級ホテルで使用されたお皿も展示。12ヶ月をあしらったプレートが2種類展示されていたが、全面に12ヶ月をイメージしたもの、外周に絵を敷き詰めたものの2種類。制限された場所で絵を敷き詰めるって所がきれいで、全面に12ヶ月を表現しているお皿も綺麗でした。
 ホテル用のお皿は外人のお客様に見せるために日本特有の景色(富士山とか)をあしらったものがあったり、アール・デコ風のデザインの物、シンプルなものも存在。シンプルデザインも美しさが引き立っていたなぁ。
皇室に献上された食器もシンプル。豪勢なものをイメージしていたが皇室の人々も堅実だったんだ。






最終更新日  Jan 16, 2020 06:02:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 5, 2020
今年最初の美術館・展覧会巡りは高島屋京都店で開催された「京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-」。
日本画では人気を集めている若冲の展覧会で、一度京都市美術館での展覧会に行ってますが、タダ券をもらっ行ってきました。日本画の展覧会はオジサマ・オバサマ方が多いが、今回の展覧会もお約束通りにおじさま方・おばさま方が多いこと。
以前行った若冲の展覧会同様、鶏の絵が多く、関羽像ってのも。伏見人形をモチーフにした絵は緩くてかわいかった。水墨画も展示。水墨画は墨の濃淡で表現する絵なので
以前の展覧会ではお寺に寄贈された天井画を見たのですが、今回の仏さまの絵は意外だったなぁ。

後半は若冲の弟子・フォロワーの絵画も展示。






最終更新日  Jan 8, 2020 12:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 20, 2019
もう一つこの日は展覧会に行ってまして・・今度のお題は「みんなのミュシャ」。
ミュシャの絵画、ミュシャに影響を受けた画家(漫画家・イラストレーター)の絵を展示。

 ミュシャの代表作「ジスモンダ」「黄道12宮」「JOB」「ハムレット」「メディア」「椿姫」「ヒヤシンス姫」は過去に行われていたミュシャ関連の展覧会で散々見てきたが少年時代の絵画、注目される前に発表した雑誌のイラスト、デッサン、作品作成のため撮影した写真、習作イラストは興味を持ちました。チェコの市長の屋敷に飾る絵の習作数点は「スラブ叙事詩」に通じるものも。
 
 ミュシャの絵に影響を受けたアートは第2展示会場で展示。まずはレコード、コンサートのポスター、アメコミを展示。コンサートのポスターには「ピンクフロイド」の名前があったり、レコードジャケットの中にはイエスの「イエスソングス」がありました。
 カラーイラストでは松苗あけみ、水野英子、山岸涼子、花郁悠紀子、波津彬子、天野喜孝、出渕裕の絵を展示。
山岸涼子の「日出処の天子」にちなんだイラストは神秘性が強い。作中での厩戸皇子が中性的な容姿で超能力者って設定故?
花郁悠紀子は夭折の少女漫画家で知られ、短編メインで活躍されていた人。繊細な絵でした。
波津彬子は花郁悠紀子の妹。姉の死後にプロデビュー。タッチが姉にそっくりだが、和風のイラストも。
出渕さんの絵は「ロードス島戦記」の物がメイン。LD版ジャケットイラストはミュシャの影響が大きく、他の絵でもミュシャの影響が大きい。






最終更新日  Nov 22, 2019 12:36:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
本日は京都工芸繊維大学の「草の根のアール・ヌーヴォー/ポスターにおける写真表現」へ行ってきました。

<草の根のアール・ヌーヴォー>
明治時代末期日本の芸術界にアール・ヌーボーがどれだけ浸透していたのかを検証する展覧会。ミュシャの絵などアール・ヌーヴォー期の絵を紹介しつつ幻の画家・一條成美の絵を紹介。1900年代初頭を代表する文芸雑誌「明星」の表紙絵、小説の挿絵メインで、ミュシャの絵の模倣絵も紹介されている。
番外編として西陣織で作られたミュシャイメージの着物、タペストリーなどを展示。

<ポスターにおける写真表現>
1900年代から始まったポスターの写真表現について展示。まずはお酒、石鹸などの広告に始まり、1960年代の映画のポスターを紹介。ポスターによっては原色が使われていたりする。配置、文面が絶妙な作品もちらほらと。有名どころはなかったですが、表現の面白い作品も多かった。
 最後は東京オリンピック・札幌オリンピック・長野オリンピックのポスターが展示されていて、東京オリンピック・札幌オリンピックのは本で見ていたが、現物を見られるのは感激したなぁ。






最終更新日  Nov 21, 2019 12:30:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 13, 2019
本日見に行った展覧会2発目は京都伊勢丹で行われていた「西洋近代美術にみる神話の世界」。
創作欲を掻き立てるギリシャ・ローマ神話をお題にした西洋絵画を集めた展覧会。
油彩画がほとんどではあったもののドローイングも展示。
最初の古代遺跡を描いた絵が精巧に描かれていたり、神話の名場面のドローイングはシンプルながら創作欲が沸く絵。
油彩の方がセクシーな裸婦の絵が多く、これまたエロい。ペルセウスの伝説に出てくるアンドロメダ、レダと白鳥の伝説にちなんだ絵もセクシー。
20世紀にはいるとラフな絵柄の物が増え、あのピカソが書いた絵も展示。相変わらず何書いているのかわからないけどすごいってのは感じた。
ギリシャの陶芸に影響を受けた展覧会のポスターも展示されていて、ギリシャ・ローマ神話って芸術家の創作意欲を掻き立てるお題が満載ってのはよくわかる。






最終更新日  Nov 14, 2019 12:07:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全128件 (128件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.