2382741 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

COLONYの裏側

PR

X

全400件 (400件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >

音楽(歌番組・MV含む)

Oct 18, 2021
XML
今回のお題はマイケル・ジャクソンの「Dangerous」

1991年11月26日にエピック・レコード(日本:エピックソニー)からりリリース。「BAD(1987年リリース)」から4年ぶりにリリースされたスタジオ・アルバムでPDはクインシー・ジョーンズからテディー・ライリーに交代。ポップ・ソウル・ロックに加え、テディが提唱する「ニュー・ジャック・スウィング」を融合させて独自の音楽を築いた。
 1992年にペプシがスポンサーとなり、本作をフィーチャーした2度めのワールドツアーを敢行。収益金はマイケルが設立した「ヒール・ザ・ワイルド基金」に寄付された。
 1993年2月にはトーク番組「オプラ・ウィンフリーショー」にネバーランド(マイケルが所有していた豪邸の一つで遊園地・動物園も併設されていた)でのライブインタビューという形で出演。その中でムーンウォークの仕方をマイケル自ら披露したり、本作収録曲の「Who Is it」のアカペラバージョンを披露。また、彼はこの番組で尋常性白斑(皮膚病の一種)を患っていることを公表している。

<収録曲>
01. JAM
02. Why you wanna trip on me
03. In The Closet
04. She Drives Me Wild
05. Remember The Time
06. Can't Let Her Get Away
07. Heal The World
08. Black or White
09. Who Is It
10. Give In To Me
11. Will You Be There
12. Keep The Faith
13. Gone To Soon
14. Dangerous

*対応サブスク:Apple・Spotify

#1はダンサンブルなナンバー
#2のコーラスがいい。
#3のPVはナオミ=キャンベルと共演している。曲自体はアダルトな印象
#5のPVは古代エジプトをモチーフとしており、エディ・マーフィ、マジック・ジョンソン等が参加し、イマン=アヴドゥルマジドとのキスシーンが話題になった。アダルトかつファンキーなナンバー。
#6はファンキーなナンバー
#7「We are the World」を思わせるナンバー
#8は先行シングル文化的価値観の違いを乗り越えようという詞が受け入れられ、20カ国以上でチャート1位を獲得した。
イントロのギターはガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュ。PVの監督は「Thriller」を手掛けたジョン・ランディスで「ホーム・アローン」で知られるマコーレー・カルキンがPVに出演。日本ではマイケルが出演していたソニーのTV「KIRARA BASSO」のCMソングに採用されている。
イントロのギターが軽快でPVのように踊りたくなる
#9はダークな感じのナンバー。1993年のTV番組でアカペラバージョンを披露してるが全国のラジオ番組でリクエストが殺到した。
#10もダークな感じのするナンバーだがギターワークが綺麗
#11は少年とシャチの交流を描いた映画「フリー・ウィリー」の主題歌。ゴスペルをメインとしたナンバー
#14のイントロには#1のメロディが盛り込まれている。





【輸入盤CD】Michael Jackson / Dangerous (マイケル・ジャクソン)


【中古】 DANGEROUS〜ザ・ショート・フィルム・コレクション /マイケル・ジャクソン 【中古】afb






最終更新日  Oct 21, 2021 08:08:18 PM
コメント(0) | コメントを書く


Oct 17, 2021
B'zのコンセプトアルバム「FRIENDS」の続編が今年冬にリリース決定。

今作のリリースのきっかけとなったのは、日本とアメリカを行き来する松本がコロナ禍の中で日本帰国時に体験した隔離期間。隔離期間中に1日1曲を作ることを決め、制作を進める中で「FRIENDS III」に見合う楽曲が生まれたという。これに稲葉浩志(Vo)も「『FRIENDS III』の発表は今このタイミングではないか」と同意し、リリースが決定した。

また、「FRIENDS」をフィーチャーした単発ライブも開催決定。「B’z presents LIVE FRIENDS」というタイトルで11月16、17日に東京・東京ガーデンシアターで開催。「FRIENDS III」の楽曲を初披露するほか、これまでステージではほとんど演奏されてこなかった「FRIENDS」「FRIENDS II」の収録曲のパフォーマンスも予定。

「LIVE FRIENDS」は有観客公演終了後、12月24日(金)20:00から配信も行われる。B'zのオフィシャルファンクラブサイト・B'z PARTYでは本日10月17日から、会員制サイト・B’z Club-Gymでは10月25日12:00から会場チケットの先行抽選予約を受け付ける。一般販売は10月31日12:00から。配信チケットは本日から販売中。

「FRIENDS」の曲は昨年の「SHOW CASE」1日目で「どうしても君を失いたくない」を演奏してましたけど、涙腺崩壊なバラードメインでセトリが組まれるのかな?
昨年の「どうしても君を失いたくない」を聞いて涙してたんで。






最終更新日  Oct 17, 2021 08:47:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 13, 2021
今回のお題はKentaro Nshidaの「Starship」。
2021年9月8日にエムトレスレーベルからリリース。今まで発表した作品に加え「Existence」「夢で見た君との空中散歩」の新作をプラス。
この人、ウツのサポートメンバーだったみたいです。

<曲目>
01. The Beginning
02. Existence
03. Sky Cruising
04. SARA (Midnight City MiXXX)
05. Once more
06. Update
07. Answer (Album Edit)
08. Contradictory
09. 夢で見た君との空中散歩
10. Bearish
11. Starship
12. Sky Cruising -TeddyLoid Remix-<Bonus Track>

対応サブスク:Apple・Spotify

#3は夜の街やドライブにぴったりな疾走感あるナンバー。シティポップとして聞くのも一興。
#4はFENCE OF DEFENSEの代表曲をカバー。オリジナルとVer.2014とがあるが、歌い方・アレンジはオリジナルがベース。FODのカバーは過去に本城未沙子がやってるが(「~II」収録の「Lighthouse」「Midnight flower」をカバーした)、FODを取り上げるってことが珍しい。FODはオリコン1位・ミリオンとは縁がないマイナーバンドなので。Nishida氏の声質はマットシ同様AOR向きの声なので本城未沙子よりはピッタリ。「Midnight Flower」のカバーも合うかも?
#5はダンスしたくなるようなイントロからスタートするがTM NETWORKから影響を受けたと思われるメロディ、歌詞に「金色の夢」があるわとTMをリスペクトしまくってますね。
#6はテクノなメロディにのって学生時代辺りで付き合っていた友人や彼女との別れ、新しい生活に入った若者の姿が見える
#7の歌い方はK-POPアイドル風
#8は#3同様疾走感があるナンバー。
#9はジャニーズ系・K-POP風の歌詞
#10はSFチックな歌詞も盛り込んだラブソング
ドライブのお供にふさわしいナンバー揃いだが、歌い方はK-popアイドル風


【送料無料】 Kentaro Nishida / Starship 【CD】






最終更新日  Oct 14, 2021 08:02:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 12, 2021
B'z Presents UNITE#1 横浜公演のレビュー、B'z編に行きたいと思います。

<セットリスト>
1.UNITE
2.愛のバクダン
3.Juice
4.It's SHOWTIME!
5.恋心-KOI-GOKORO-
6.孤独のRUNAWAY
7.Still Alive
8.ZERO
9.ギリギリchop
10.裸足の女神

-アンコール-
11.Ultra Soul(feat.GLAY)
12.さよならなんかは言わせない


本題に入る前にステージ構成を変える場面があるが、ローディーさんの数が多い。

#1は今回のライブが始まる前にリリースされた新曲。
GLAYのときと異なり、アンプを要塞のようにたくさん積んででっかい音を出してる。迫力が違いすぎる。
25周年ライブ同様”志”と刻まれたマイクスタンド使用?
#2は稲葉さんを見ると前髪に白髪が・・
歌の後はMCへ。稲葉さんを見ていると自分も感性の若いまま生きていたいなぁと思う。
ライブスタートのコール「OOへようこそ!」をここでやってます。
#3は稲葉さん、腰フリフリしてます。
#5はB'zのライブの定番のダンスが登場。モニターの前で見様見真似で例のダンスの真似をしちゃった。
アンプをよく見たらPVにもあったアニメ版デビルマンのフィギュアが・・・
ラストの音、イントロのフレーズを刻んでる。
#6は全体的にオリジナルに近い?ギターソロはアレンジされてるけど
#7は松本さんはフライングVに持ち替え。昨年のライブでも思ったが、稲葉さん、50代後半に差し掛かったのに、声に衰えがない。元から低い声の人は歳を取ると、はっきりと声の衰えを感じてしまうが、高い声が出せる人は(人にもよるが)声に衰えがあんまり見られないんだよなァ
#7の後、メンバー紹介。今回のDs・青山英樹はかつてB'zサポートを務めた故・青山純の息子。ベビメタの「神バンド」に参加したこともある人。
 松本さんは電動ドライバーを使って演奏してたけど、どうやって鳴らしてるのかな?
#8・#9と立て続けにハードなナンバー2連発なのに息切れしていない所はすごい。
#10今回の会場の構成は円の状態になってるため、ステージの裏側もはっきり見える。
この歌のラストはライブになるとファンが「ラララ・・・」とコーラスするのがお約束だが、時期が時期のため、ファンは手を降ってるだけになっている。
#11・#12はアンコール。アンコールに入る前に稲葉さんは今回のライブ立ち上げの苦労話をしたり、みんなの協力で開催にこぎつけることができてありがとうと言ってました。
#11はGLAYとのジョイント。登壇したGLAYのメンバーは「UNITE」特製Tシャツを着て演奏。間奏のベースソロはJIRO、ギターソロはTAKUROが担当。
#12は今回の締めの曲にふさわしいなぁ

TAKUROは「現代ビジネス」HPのインタビューで「配信ライブは、「成長しない子供」みたいなものなんですよ。本来であれば、ステージで感じた気づきや学びを次に生かせるんですけど、それらがまったくない。」と言ってるが、(今回の「UNITE」はコロナ対策を行った上で有観客+配信という形態をとった)チケットが取れない人にはいいけど、生の迫力は伝わらない。生ライブは一度行ってるけど、真に好きなアーティストの生ライブは死ぬまでに行きたいものです。






最終更新日  Oct 13, 2021 11:54:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 11, 2021
B'z主催のジョイントライブ「B'z Presents UNITE#1」の配信バージョンを本日視聴。
ミスチルとのジョイントもあったが、ミスチルは桜井さん以外個性がない・・・ということでメンバー各人の個性が際立ってるGLAYとのジョイントを選択。
楽天TVで視聴。ポイントが結構有ったのでポイントを一部使って視聴代を購入。今回のジョイントライブ、購入を1ヶ月前まで迷ったんですよ。GLAYとのジョイントを選んだけど自分はドエルなんで複雑だったから。(高校時代はGLAYを聞いていたが、ラルクに関心が移ってからはGLAYのアルバムは1枚も持っていない状態になった)

記事の1回目はGLAY編のレポート

<セットリスト>
1.サバイバル
2.FATSOUNDS
3.誘惑
4.グロリアス
5.生きてく強さ
6.SOUL LOVE
7.BAD APPLE
8.Pure Soul
9.SCREAM
10.彼女のModern…(feat.B'z)
11.CRAZY DANCE
12.SHUTTER SPEEDSのテーマ
13.HIGH COMMUNICATION


#1はビデオシングルという形でリリースされ、唯一CDと同格に扱われた。
#2はTAKUROが影響を受けたBOØWYを思わせるビートロックナンバー。
EXPO2014の時同様、TERUが太って見える
#3-5は聞いていた頃の曲なんで口ずさんでた。#5は2番の音程が少し狂っていた。ギターソロはTAKUROが担当してます。
#6は2枚同時リリースのうちの一曲。それに対してラルクは3枚同時にシングルをリリースする・・ってことをしたが、この2バンドの攻勢はすごかったよなぁ。
99年の作品までは聞いていたからこの曲も口ずさんでた。
サポートドラムの人、人間椅子の現ドラムスのナカジマノブに顔つきが似ている。
#6の後MCに移行。GLAYがメジャーデビューした年はラルク・黒夢と一緒で何かとラルクと比較されていたが、結成した年はB'zのデビュー年と一緒ってのは意外。
新作アルバムもPRもしてました。
#7は新作アルバムからの曲。エレクトロがイントロってのは珍しい?
TAKUROもKen同様ステージで煙草やってるの?と思わせる仕草を見せてる。
HSASHIはこの曲ではジャズマスターを使用。JIROのベースってスタンダードなプレシジョンベース型のデザインでTetsuや西村さんとは違って5弦は使わないのかな?(Tetsuは更にガイド部分が光るタイプを使ってるし)
#8の歌詞はサラリーマンあるあるな歌詞が。
#9はEXILEとコラボだった曲。TAKUROはテレキャスタータイプに持ち替え。
間奏部分ではメンバー紹介している。
#10はB'zとのコラボ。TAKUROはラフな格好に。
この後のMCに入るが、B'zとの共演に興奮したのかTAKUROはテンション高めにトークしてる。
#11は結成時に作ったナンバーとのこと。
#12はJIRO作曲。TAKURO以外のメンバーが作曲って珍しい。
#13もハードな音のナンバーってことが珍しい。GLAYといえばラブソングの比率が多いと思うから。






最終更新日  Oct 12, 2021 01:28:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 6, 2021
今回のお題はFENCE OF DEFENSEの「SPEED OF LOVE」。
1993年6月2日にEPICソニーからリリースされた8枚目

<曲目>
1.SPEED OF LOVE
2.FLAPPER
3.もう一度EMOTION
4.天使のハンマー-Rock Me Bady In Your Arms-
5.TRUE
6.GET OVER
7.Dance With Your Badness
8.摩天楼の湖
9.君の中に
10.Foever In Love

*対応サブスク:非対応(廃盤のため。ただし、#1のみサブスクで聞ける。「GREAT FREAKERS BEST~FENCE OF DEFENSE 1987-2007」収録。対応サブスク:Spotify)

#1はハードなギターワークで始まるタイトルチューン。この曲のみサブスクで聞ける。
#2はシンセサウンド+ハードなナンバー。元は小茂田理絵に提供した曲のセルフカバー。
ラストのシャウト、パワー不足な所が見られる。
#3はシングル曲。西村さんの声質に合うためしっくり行くナンバー。
#4は軽快なロックンロールナンバー。この歌もまだ声質に合ってるほうか?
#6.は80’sロックの匂いがするメロディの曲。
#7の方は70’sロックの匂いがする
#8はプログレのように前奏が長めで二胡の音が入っている。「~III」以来のゲストミュージシャン起用。ジェネシス(ガブリエル時代)の曲にギターサウンドを強めた感じの曲。
#9は#2同様私的ベストな曲。
#10は当初円谷製作の映画「セイレーン」の主題歌に採用される予定だったが、映画の企画自体がお流れになったため、トラブルになったとのこと。
歌詞はストレートなラブソングで#5同様西村さんの声質を考えるとしっくり行くナンバー

全体的に「~V-Time-」同様ポップ色の強いナンバーが多い作品。彼らが親しんできた70’sロックの匂いがするナンバーもあり、その場合はハードなギターワークを聞くことができる。
これほどの実力を持ちながら、同じコンセプトを持っていたB'zのようになれなかった(オリコン1位、ミリオンとは縁がなかった)のは過小評価されてるとしか・・・


【中古】 SPEED OF LOVE /FENCE OF DEFENSE 【中古】afb






最終更新日  Oct 6, 2021 06:22:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 5, 2021
今回のお題はマイケル・ジャクソンの「Thriller」。
1982年12月1日にエピック・レコード(日本:エピックソニー)からリリースされた6枚目のスタジオ・アルバムで前作「OFF THE WALL」(1979年リリース)同様クインシー・ジョーンズをPDに迎え、ロスのウェストレイクスタジオで制作。全米チャート通算37週にわたり1位を記録。日本ではオリコン洋楽チャート1位を84年2/13付から連続12週連続で記録、オリコン集計で2番めの洋楽アルバムでミリオンを達成した。
 売上について諸説あるが、2012年にギネス世界記録として7000万枚の認定を受けており、今でも売上を伸ばしている。2008年2/20日に発売25周年記念盤がリリースされている

<曲目>
01. Wanna Be Startin' Somethin'
02. Baby Be Mine
03. Girl Is Mine (With Paul McCartney)
04. Thriller
05. Beat It
06. Billie Jean
07. Human Nature
08. P.Y.T. (Pretty Young Thing)
09. Lady in My Life

*対応サブスク:Apple・Spotify(25周年ver.も聞ける)

#1からダンスしたくなるほどノリの良いナンバー。ファンクの要素が強い
#2はブルース・クラブミュージックっぽい
#3は#1・2と打って変わってのミドルなナンバー。ポール・マッカートニーとのコラボ
#4はホラー映画風の演出+マイケルがゾンビに扮したダンサーと一緒に踊るPVが話題になったが、PVの制作費は当時のレートで50万ドル(日本円だと1億1500万円~1億2200万円)が使われた。PV中のナレーションと笑い声はホラー映画俳優として名を馳せたヴィンセント=プライス。(曲の終盤でも流れる)
2010年代になるとハロウィンソングとして再評価され、Billboard Hot 100において、2013年に初めて再登場して以降、ハロウィーンの時期になるとチャートに再登場している。
昔某バラエティ番組でイントロが使用されたこともあり、イントロを聞くたびクスッと来る。
曲そのものはディスコ風のメロディでPVのように踊りたくなるビートを刻んでる。(もっと詳しく)
#5もマイケルの代表曲の一つ。ハードロック+R&Bの融合が特徴でエディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー(TOTO)、ポール・ジャクソンJrが参加。この曲のギターソロはエディがノーギャラで参加したため、デイヴ・リー・ロス(ヴァン・ヘイレンのVo)に怒られたという。
アル・ヤンコビックの「今夜もイート・イット(Eat It)」はPVも含め、この曲のパロディで「FAT(BADのパロディソング)」とともにマイケル公認のパロディソングになっている(ジョジョ3部にもネタとして登場)
#6も代表曲の一つで1983年の『モータウン25周年記念コンサート』の際、この曲に合わせてムーンウォークを初披露し大きな話題となり、エミー賞にもノミネートされた。それ以後、この曲のパフォーマンスで常時身につけられる衣装(黒いジャケットと帽子、スパンコール付きの白い手袋と靴下など)とともに、マイケルの代名詞ともいえる存在となった。
#7の作曲はTOTOのスティーヴ・ポーカロが担当し、TOTOのメンバーも演奏に参加。代表曲の#4・5・6以外なら好きなナンバー
#8はドゥーアップっぽいメロディも。
どの曲も良曲揃いで隙がない。ギネスブックモノになったのも納得。




【送料無料】 Michael Jackson マイケルジャクソン / Thriller 輸入盤 【CD】






最終更新日  Oct 5, 2021 12:14:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 30, 2021
3年前の1月に芸能界引退を発表した小室さんが、再び芸能界の表舞台に復帰するそうです。まずはTM NETWORKを6年ぶりに再始動させるとか。近日中に正式発表される予定です」(音楽関係者)

小室哲哉(62)が宇都宮隆(63)や木根尚登(64)とTM NETWORKを結成したのは、83年。84年に『金曜日のライオン』でデビューすると、87年には『GET WILD』でオリコンTOP10入りを果たした。94年には突然の活動休止を宣言したが、97年に再結成。2015年、充電期間に突入するまで第一線で活動してきた。17年4月には新曲『GET WILD SONG MAFIA』を発売するも、小室の電撃引退発表により、活動は事実上休止状態だった。

「小室さんの電撃引退発表会見は、当時の所属事務所も“寝耳に水”状態だったとか。『週刊文春』の不倫疑惑に応えるはずの会見が、突然の引退表明になったのですから。今年2月にKEIKOさんとの離婚も成立し、ご本人としては“禊が済んだ”と思われての再出発なのでしょうが、今回の突然の芸能界完全復帰に戸惑っている人たちもいるといいます」(前出・音楽関係者)

実は本誌は“涙の引退会見”からちょうど1週間後の18年1月26日、小室が浅倉大介(53)と結成したユニット『PANDORA』のライブイベント終了後、都内のマンションで宇都宮と木根と合流した現場を目撃している。

「18年は本来なら“TMN結成35周年”の記念イヤーで、小室さんは復活ライブを計画していました。しかし『週刊文春』で不倫疑惑が報じられ、引退を電撃決断。彼らも小室さんのことがよほど心配だったのでしょう。この日、急きょ集まってくれたようです」(前出・音楽関係者)

時計の針は、午前0時をまわっていた。この日、小室は2人に“悲痛の今”を訴えていたという。

「この日の小室さんは自らの音楽活動に未来を抱けない悲壮な状態で、そんな彼を2人が必死に励ましていました。会談は当初1時間ほどの予定でしたが、気づけば時刻は午前3時になっていました」(前出・音楽関係者)

一足先にマンションから出てきたのは宇都宮。次に、少ししてから木根が帰っていった。その直後、小室が出てくる。そして車に乗り込むと、名残り惜しそうに帰路についた。

「最後は小室さんの悩み相談のようになっていたらしく、音楽活動やプライベートの本音を2人に打ち明けていたといいます。ただ、小室さんは帰るときもまだ話したがっていたそうです。それは、盟友の2人に胸中を率直に打ち明けたことで、彼の中でまだ“音楽への思い”が消えていないことに気づいたからだったのでしょうか…。

小室さんが表舞台から姿を消した後も、2人は小室さんの音楽の才能を信じ、コロナ禍でなかなか直接会えないまでも、電話やメールなどで励まし続けていたそうです」(前出・音楽関係者)

“心機一転”を図った小室にとって、盟友2人と深夜まで語り尽くしたこの日の感謝が、彼の原点であるTM NETWORK再結成となったのかもしれない――(女性自身のHPより)


94年の「プロジェクト終了宣言」のときに本格的にCDを聞き始めた。何回か再結成してるが再結成してからの作品は購入してない。「プロジェクト終了宣言」の段階ですっぱり解散してたら伝説になっていたのに・・・
それに小室さんの方もKEIKOとの離婚問題等でスキャンダルを起こして引退宣言をし(その後復帰)・・・ということもあり複雑だよなぁ。TM NETWORKの歌は好きなのに。






最終更新日  Sep 30, 2021 09:31:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 28, 2021
今回のお題はプリンスの「1999」。
1982年10月27日にワーナー・ブラザースからリリース。「Purple Rain」と共に初期プリンスの傑作で全米で400万枚を売り上げた。
「Little Red Corvatte」(2位)、「1999」(12位)、「Delicious」(8位)がシングル化。全米チャートトップ10入を初めて果たした上、MTVで初めてPVが放送された黒人系ミュージシャンとしてマイケル・ジャクソンと共に名を連ねることになる。
LPは2枚組で、CD版は1枚でリリース。80年代~90年代にかけて発売されたバージョンではM-5「D.M.S.R」は収録されていなかった。
2019年11月29日にスーパーDXEditionが発売されている。

<曲目/CD現行版>
1. "1999"
2. "Little Red Corvette"
3. "Delirious"
4. "Let's Pretend We're Married"(夜のプリテンダー)
5. "D.M.S.R."
6. "Automatic"
7. "Something In The Water (Does Not Compute)"
8. "Free"
9. "Lady Cab Driver"
10. "All The Critics Love U In New York"(ニューヨークの反響)
11. "International Lover"

*オリジナルでは#5は削除されて収録されている

<曲目/LP版>
Disc1
1. (A-1)"1999"
2.(A-2) "Little Red Corvette"
3.(A-3) "Delirious"
4.(B-1) "Let's Pretend We're Married"(夜のプリテンダー)
5.(B-2) "D.M.S.R."


disk2
6. (C-1)"Automatic"
7.(C-2) "Something In The Water (Does Not Compute)"
8.(C-3)"Free"
9.(D-1) "Lady Cab Driver"
10.(D-2) "All The Critics Love U In New York"(ニューヨークの反響)
11. (D-3)"International Lover"

*対応サブスク:Apple・Spotify(DX Editionも聞ける)

タイトルチューン「1999」は複数のコーラスによる曲でゴージャスさがでてる
#2は#1同様コーラスワーク、ギターの演奏がうまく溶け合ってる
#3アップテンポでシンセのメロディが珍しい
#5はCDのオリジナル版では削除されていたナンバー(収録時間の関係で)。歌詞云々は別としてダンスしたくなるリズムの曲

殆どの曲で有名なリズムマシン・リンドラムを使用。デジタルの音がいかにも80年代って感じできらびやかかつゴージャス。同じ年にマイケル・ジャクソンの「Thriller」がリリースされているが、ダンサンブルなメロディを奏でててもプリンスはマイケルよりはしっとりとした歌い方で聞かせるタイプか?




送料無料【中古】1999 [Audio CD] プリンス






最終更新日  Sep 28, 2021 11:41:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 23, 2021
今回のお題はGRASS VALLEYの「MOON VOICE」。
1987年9/21日にCBSソニー/フィッツビートからリリースされた2nd。本作からDsの上領亘が作曲に参加。LPとCD版とでは収録順が異なる。Mixは数々の名盤を手掛けたエンジニア、ロン・サンジェルマンを迎えNew Yorkで行われた。

<曲目(CD版)>
1.MOON VOICE
2.砂上の夢
3.ALL OF BARREN SOUL
4.輝くほとりに
5.真夜中の透視図
6.TEARFUL COLOR
7.遥かなる光芒


<曲目(LP版)>
1(A-1).MOON VOICE
2(A-2).TEARFUL COLOR
3(A-3).ALL OF BARREN SOUL
4(A-4).真夜中の透視図
5(B-1).輝くほとりに
6(B-2).砂上の夢
7(B-3).遙かなる光芒

*対応サブスク:非対応

*CDとLP両方の曲順を書いてますが、持っているのがCD版のためCD版の曲順でレビュー
#1はイントロのドラム・シンセドラムのメロディがシャープ。月の神秘を思わせる。
#2「♪砂丘に埋もれた 細い君のブレスレット 探しに来た」(1番)「♪砂に描かれた君の名を 思い出せぬほど消されてく」(2番)と砂漠の風景が見える。「♪やがて光る 君のイマージュ 想いよ遠く 君に届け」って歌詞も切ない
#3はベスト盤「白い旋律」にも収録されている。数少ない日本語の歌詞が荒野の旅人の姿が見える
#4「♪夢を駆り立てる 美貌の騎士さえ」(1番)「輝くほとりはすみれ階段」(2番)の詞は中世の世界観なのに後で「♪緑はシャガールの絵のように」と現代的に
#5の詞には愛の不確かさが見える
#6の歌詞は現状を変えたい気持ちが「♪何もかも焼き払うつもりさ今」に出ている。
#7は上領亘作曲。どのバンドでも言えた話だがドラム担当が作曲する事が稀なため珍しいメロディで他のナンバーと比べるとロック色が強い。
FODの「サウザンド・タイムズ」、ラルクの「DRINK IT DOWN」も(共にDs担当の人が作曲)メロディが珍しかったからなぁ。


【中古】 Moon Voice /GRASS VALLEY 【中古】afb






最終更新日  Sep 23, 2021 12:00:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全400件 (400件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >


© Rakuten Group, Inc.