000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

sinのプログレ試聴室

PR

全1194件 (1194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2012/01/01
XML
カテゴリ:雑記
「sinのプログレ試聴室」も7回目のお正月を迎えました。
去年末のカウントは約167,000、去年一年では約20,000カウントとなりました。
ご訪問頂いた皆様、ありがとうございました。
さすがに更新のペースを落としたので、一年のカウントは減りましたね・・・。

去年は持病の調子が悪く二度も長い休みと取った上、健康診断で「メタボ診断」に引っ掛かりと、健康面であまり良い事が無い年でした。
いや~、歳は取りたくないものです。
健康には気を使ってきたつもりですが、この歳になると「気を使う」だけでなく、何か積極的に行動しないと健康を保てませんね(悲)。

今年は
・一日一万歩以上歩く。
・間食は控える。
の2つを目標に心身共に健康を保ち、ブログ更新も月一目標にがんばりたいと思います。

今年も「sinのプログレ試聴室」をよろしくお願いします。






Last updated  2012/01/01 05:39:48 PM
コメント(5) | コメントを書く


2011/11/18
カテゴリ:今日のCD
'79年発表の2枚目。
Fred Frith、Chris Cutler、Dagmar Krauseの3人になっての作品。
HENRY COWの末期、歌を重視したアルバム作りを進めたものがART BEARSの1枚目となったとの事である。
この2枚目もDagmar Krauseのボーカルが活かされたコンパクトな曲が並んでいる。






Last updated  2011/11/19 05:19:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/17
カテゴリ:今日のCD
'79年発表の1枚目。
ドイツの2人組エレクトロニクス・ユニット。
シーケンサーによるリズムにスペイシーなシンセが飛び交う・・・
と書けばVirgin初期のタンジェリン・ドリームを期待するが、音のパーツとしては良いのだが、全体としては何故か軽くなってしまっている。






Last updated  2011/11/19 05:07:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/16
カテゴリ:今日のCD
'11年発表のこの2人の名義では2枚目。
アメリカのアンビエント・ミュージック畑のSTEVE ROACHとノルウェーのギタリストERIK WOLLOの共作。
こう書くとKLAUS SCHULZEとMANUEL GOTTSCHINGのコンビを思い出すが、サウンドはまさにこのコンビと同じ、ミニマルでアンビエントなサウンド。
本家を超える感動は得られない。






Last updated  2011/11/19 04:56:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/15
カテゴリ:今日のCD
'76年発表の4枚目、2枚組みのライブ盤。
LP1枚目A面にあたる部分はコンパクトな歌物中心で、ロックらしい楽曲が続き、Dagmar Krauseのボーカルが堪能できる。
LP2枚目B面以降はインプロビゼーション色の強いアバンギャルドな曲が続く。
スタジオ盤とはまた違った荒い感じが、心地よい緊張感を増してくれる。






Last updated  2011/11/19 05:34:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/14
カテゴリ:今日のCD
'82年発表のJaki Liebezeit、Jah Wobbleとの3人の名義作。
ダウナーなのにポップ、でもクールな不思議なサウンド。
後のダブにも通じる、当時としては非常に進んだセンス。






Last updated  2011/11/19 04:10:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/09/16
カテゴリ:今日のCD
'11年発表の10年振りのスタジオ作。
とはいえ楽曲は「Drama」時代に書かれた物をベースにしているそうである。
プロデュースもTrevor Hornであるし、「Drama」YESの復活と言える作品。
「Drama」と同じく、やはりJon AndersonのボーカルがあってこそYESと思うのは、オールド・ファンの頭の固さか。






Last updated  2011/09/19 03:56:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/09/15
カテゴリ:今日のCD
'78年発表の3枚目。
フランスのジャズ・ロック・グループ。
ISOTOPEにも通じるギターとキーボードのインタープレイが光るサウンド。






Last updated  2011/09/19 03:34:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/09/14
カテゴリ:今日のCD
'89年発表のGONGMAISON名義の作品。
レゲエ調、中国風(?)バイオリン、タブラ大活躍、テクノなどバラエティに富んだサウンドであるが、アルバム全体としてはDaevid Allen'GONGワールドである。
ベース、シンセの切れがカッコいい。







Last updated  2011/09/19 03:23:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/09/13
カテゴリ:今日のCD
'09年発表の発掘音源。
シングルのみ発売されていた'68年録音のサントラ用音源。
メンバーはIrmin Schmidt(g他)、Holger Czukay(b)、Jaki Liebezeit(dr)!
すなわちCANの前身と言えるバンド。
サウンドはCANよりはフォーキーかつサイケなもの。
コケティッシュなRosy Rosy嬢のボーカルが入った1曲もCANとは違った魅力。






Last updated  2011/09/19 03:02:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

全1194件 (1194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.