2006/02/07

月夜の幻想曲/キャメル

(3)
カテゴリ:今日のCD
'76年発表の4枚目。
前作のコンセプト・アルバムから一転、小品の並ぶ構成である。
非常に優しいサウンドで、叙情派としての評価を決定付けたアルバムではないだろうか。
ジャケットのイラストの淡い感じが、まさにその内容を表している。
今回リマスター盤のCDを買ったのだが、どうも音に「角」がある気がしてならない。
LPとの聞き比べまではしていないが、キャメルのサウンドとしては、ちょっと違和感を感じた。





TWITTER

Last updated  2006/02/12 03:46:50 PM
コメント(3) | コメントを書く
[今日のCD] カテゴリの最新記事