1730487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

私の楽しみは(独楽吟 パート1)

日々の楽しみを和歌に詠んでみました。 クリックすると歌を詠んだ情景が、、、

・たのしみは 牧場の朝の 鐘前に 時の流れを 眺め観たとき 195

・たのしみは 生きがいづくり 支援して 夢と希望を 植えつけたとき 194

・たのしみは ヒラメキもとに 計画を あれやこれやと めぐらせるとき 193

・たのしみは こごる冬道 散歩して 赤い実見つけ 心躍るとき 192

・たのしみは いつか行くぞと 憧れた 伊勢参拝に 足運ぶとき 191

・たのしみは 食べログ人気 いちばんの 店を探して 訪れるとき 190

・たのしみは 夕陽の沈む パノラマを 山の上より 眺め見るとき 189

・たのしみは 記憶の中の 美味しさに 再会するか 口にするとき 188

・たのしみは 甕から出して 梅を干し 陽に照らされて 塩吹いたとき 187

・たのしみは いつもと違う 散歩道 歴史の小道 目にとめたとき 186

・たのしみは 還暦すぎの 同窓会 幼ななじみに 顔合わすとき 185

・たのしみは 初めてひらく いとこ会 いざ集まれと 呼びかけるとき 184

・たのしみは 世界が集う 7年後 平和の祭典 開かれるとき 183

・たのしみは ウォーキングして これいいね ナイスアングル 目にとめたとき 182

・たのしみは ここぞと切った シャッター イメージ超えて よく撮れたとき 181

・たのしみは プロの撮影 とっておき どう撮れたのか 確かめるとき 180

・たのしみは ひさかたぶりの この店の いつもの味を 楽しめるとき 179

・たのしみは 焼きたてピザと 手打ち蕎麦 蛍飛ぶなか 語り聞くとき 178

・たのしみは 通いなれたる 拉麵の のれんをくぐり 麺すするとき 177

・たのしみは いい色になり 漬けあがる 梅酒のでき 味見できるとき 176

・たのしみは スクワットして 足腰が つづけることで 強くなるとき 175

・たのしみは のれんかきわけ 品定め 老舗の味が 口にあうとき 174

・たのしみは 樺細工箸 テーブルに 置かれてしばし 料理待つとき 173

・たのしみは 昨日気づかぬ 散歩道 ニセアカシアの 花をみたとき 172

・たのしみは レシピサイトを 公開し どこか誰かの 役に立つとき 171

・たのしみは 期待に応え 雲晴れて 陽ざしに光る 桜撮るとき 170

・たのしみは 満開桜 雪降りて めったに見れぬ 景色撮るとき 169

・たのしみは 桜開花に ひがしにし 尋ね歩いて 花を撮るとき 168

・たのしみは 地域伝統 食材を 再発見し 口にしたとき 167

・たのしみは 美味しい蕎麦を あちこちと のれんをくぐり 口にするとき 166

・たのしみは 春一番の ふきのとう どう食べるかを 思案するとき 165

・たのしみは めったに見れぬ レンズ雲 カメラにおさめ 記録できたとき 164

・たのしみは こうすればいい というコツ ふとやってみて 気がついたとき 163

・たのしみは 昔なつかし 美味しさの 再現レシピ ひらめいたとき 162

・たのしみは 坐禅会にて 腑に落ちる 禅の言葉を 耳にしたとき 161

・たのしみは 物産展に 顔を出し これはうまいを 口にしたとき 160

・たのしみは 新聞コラム ウェブにて 見てとれること 気がついたとき 159

・たのしみは オーソドックスな 食べ方で 想定外を 味わったとき 158

・たのしみは 美味しさ求め あれこれと 模索してみて 気がついたとき 157

・たのしみは グルメ求めて 老舗飯 ウェブ検索 ヒットしたとき 156

・たのしみは 新鮮なネタ 握りたて 好きなお寿司を 口にするとき 155

・たのしみは 新調した タブレット ライフワークに 役立てるとき 154

・たのしみは 部屋が片づく イメージを ときめき胸に 片づけるとき 153

・たのしみは 野菜たっぷり ちゃんこ鍋 ふうふう吹いて 口にするとき 152

・たのしみは 橘曙覧記念館 春になったら おとづれるとき 151

・たのしみは 新作鍋の チャレンジ 味見蓮華を 口にするとき 150

・たのしみは 白菜干して 塩漬けに 昆布も入れて 漬けあがるとき 149

・たのしみは 好きな蕎麦から これと決め こころおきなく 口にするとき 148

・たのしみは 真っ赤なりんご 横にみて レシピあれこれ 考えるとき 147

・たのしみは レトロな宿の 癒しの湯 歴史伝えし 気にふるるとき 146

・たのしみは たのしい予定 書きとめて その日くるまで ときめくるとき 145

・たのしみは 元旦朝の 事始め 気持ち新たに 坐禅くむとき 144

・たのしみは いままでにない ヒラメキが 触発され おりてきたとき 143

・たのしみは 自然の恵み あけびの実 レシピ考え 口にするとき 142

・たのしみは 大輪の菊 天ぷらに つくる楽しみ 口にするとき 141

・たのしみは 満開の菊 存分に 胸いっぱいの 香りかぐとき 140

・たのしみは  歴史の山の 頂きで 大パノラマの 眺め見るとき 139

・たのしみは 検索かけて 茗荷の 創作レシピ みいだしたとき 138

・たのしみは  あたらしい味 チャレンジ 美味しいものが できあがるとき 137

・たのしみは  温泉つかり おとなりと よもやま話 花が咲くとき 136

・たのしみは 完熟桃 皮をむき 桃ジュースを 絞り飲むとき 135

・たのしみは  新レシピをば 思いつき その美味しさを 確かめるとき 134

・たのしみは  ひらめきレシピ 思いつき クックパッドに 載せてみたとき 133

・たのしみは  ねらったテレビ 開店に 並んで待って 手に入れたとき 132

・たのしみは はたしてどんな 味なのか 吉野家さんの うなぎ喰うとき 131

・たのしみは 我が街遺産 あれやこれ 新発見に 気がついたとき 130

・たのしみは 尋ねてみたい 世界遺産 旅の計画 思案するとき 129

・たのしみは 初めての地に 足運び こころときめく 出会いあるとき 128

・たのしみは プランター育ち 完熟 プチトマトをば 口にするとき 127

・たのしみは 今年初めて 梅味噌を チャレンジして 味見するとき 126

・たのしみは またあの歌が 聞けるのを 確かめに往き 現れたとき 125

・たのしみは 私のレシピ アカウント どこかで誰か 役立てるとき 124

・たのしみは 汗にじむ昼 おきまりの 箱そば頼み 口にするとき 123

・たのしみは ふと目をやれば 椎茸が 食べごろどきと 気がついたとき 122

・たのしみは散歩のわきに水芭蕉 かれんに白く花開くとき 121

・たのしみは 梅のひと枝 引き寄せて 深く息して 香りかぐとき 120

・たのしみは 土手に連なる ふきのとう 散歩しながら 気がついたとき 119

・たのしみは 散歩するなか 白木蓮の 蕾膨らむ 花芽みるとき 118

・たのしみは しろい粉吹き しあがった 干し柿眺め 対峙するとき 117

・たのしみは 素朴な蕎麦を 口にして そのあと向かう 湯につかるとき 116

・たのしみは さりげなく手を やる先に 掘り出し物が あらわれたとき 115

・たのしみはくるみ餅食べ腹満たし よくあったまる湯につかるとき 114

・たのしみは 記憶おぼろの なつかしき 鯰天ぷら 口にするとき 113

・たのしみは 美味しく食べた そのあとは 種植えてみて 芽吹き待つとき 112

・たのしみは 手筒花火が 当地でも 定着するを 期待するとき 111

・たのしみは山栗拾い茹であげて 今年の秋を口にするとき 110

・たのしみは大きく育ち どうやって料理しようか思案するとき 109

・たのしみは茜色した夕焼けを あれが浄土と眺め見しとき 108

・たのしみは散歩中に カッコウの鳴く声を追って姿見たとき 107

・たのしみは大輪の華 幾重にも重なる花の咲くを観るとき 106

・たのしみはおすそわけあり あこがれのおいしい蕎麦を口にするとき 105

・たのしみは うすむらさきの つぼみ咲き つつじ満開 庭に咲くとき 104

・たのしみはフェイスブックチャレンジ 未知なるところ参加するとき 103

・たのしみは 露天風呂にてふりしきる雪を眺めて あったまるとき 102

・たのしみはりんごスライスバター焼き シナモン振って味見するとき 101

・たのしみは 自分で漬けた 白菜の 指折りかぞえ 漬けあがるとき 100

・たのしみは梅一輪がほころんで 一年ぶりのはるがきたとき 99

・たのしみは散歩道にて香しき 春いちばんの梅の咲くとき 98

・たのしみは たのしみ見つけ 歌を詠み 心の内に 種火灯すとき 97

・たのしみは明日の予定を書き出して よいイメージがうかびでたとき 96

・たのしみは働く人にいきがいと はりあいをもつ理念つくるとき 95

・たのしみは わがやでつくる パン作り GOPAN手に入れ パンを焼くとき 94

・たのしみは うまい美味しい あたたまる ニューレシピが うかびでるとき 93

・たのしみは下ごしらえの根ショウガ うすくスライス日干しするとき 92

・たのしみは しばれる朝も 散歩して 指先までも あたたまるとき 91

・たのしみは肌刺すような寒い日の 温泉つかりあったまるとき 90

・たのしみは あすから使え 役に立つ メンタルスキル 耳にするとき 89

・たのしみは たのしみという ことだまの ことわりどうり 目にできたとき 88

・たのしみは やりたいことを 書き出して 実現する日 想い描くとき 87

・たのしみは力をつけて競いあう 日韓戦に勝利したとき 86

・たのしみは四方山話進む中 いいアイデアが降りてくるとき 85

・たのしみは水差しにある南天の 生きる力に気がついたとき 84

・たのしみは惹きつけられる魅力に 気持ちトキメク自己をみたとき 83

・たのしみはたのしみみつけ歌を詠む 独楽吟がよく詠めたとき 82

・たのしみは明けの満月見た日には またとない日と期待するとき 81

・たのしみは限定蕎麦に期待して こだわり蕎麦を口にするとき 80

・たのしみはいままでにない新知識 氣づきのもとを耳にしたとき 79

・たのしみは里帰りしてあのころの 記憶をたどり散歩するとき 78

・たのしみは枝もたわわなみかんをば 選んでもぎり口にするとき 77

・たのしみは湯たんぽ抱いて床の中 暖かくして眠りつくとき 76

・たのしみは自分で漬けた漬物で 炊きたてごはん口にするとき 75

・たのしみは自分でつくる干し柿を 天ぷらにして口にするとき 74

・たのしみは白菜漬けが漬けあがり できたて味を確かめるとき 73

・たのしみはわがふるさとの知らなんだ 未知なる歴史学び知るとき 72

・たのしみは新年会にそれぞれの 今年の抱負耳にすると 71

・たのしみは朝一番に顔合わせ 元気な声をかえされたとき 70

・たのしみは 人生理念 創りたい そう思う人 現れたとき 69

・たのしみは 散歩する中 氣づきあり 冬に咲く花 目に留まるとき 68

・たのしみは予想をこえたサプライズ 年の初めに坐禅組むとき 67

・たのしみは 大晦日の夜 ゆく年を 温泉つかり 汗流すとき 66

・たのしみは見たことのない大きさの うまいブドウを稔らせるとき 65

・たのしみは焼ブドウにて新しい 食べ方までも世に知らすとき 64 

・たのしみはアイパッドにて今までにない ビジネス効果あげられたとき 63

・たのしみは 初雪の朝めったに見れぬ 思いがけない景色みたとき 62

・たのしみは気にかけていたあのことを 思いもかけず見つけみたとき 61

・たのしみはジャンボ梨を箱贈り 驚く顔を想像するとき 60

・たのしみは不便していた廻り道 開通した日初走るとき 59

・たのしみは獅子柚子眺め使い道 あれやこれやと思案する時 58

・たのしみは山荘借りて学びあう 仲間と集う企画するとき 57

・たのしみは暮れの朝市足運び プラスおまけをいただいたとき 56

・たのしみはアブラクサスの映画版 ハイライトシーン映しだすとき 55

・たのしみは初お目見えの凍天を どんな味かと口にするとき 54

・たのしみはメモしながらの聞く姿勢 そんな人たち前にしたとき 53

・たのしみは 美味さ自慢のサーモンを この手で焼いて口にするとき 52

・たのしみは 心象にて描きもの 我が目の前に出てくれたとき 51

・たのしみは 展覧会に足運び うなずける詩にめぐりあうとき 50

・たのしみは 気のあう友とうちとけて よもや話の花が咲くとき 49

・たのしみは 関心ごとが目の前に みてくださいと飛び出したとき 48

・たのしみは あす会うときと用意して 人に喜び分けあげるとき 47

・たのしみは ワールドカフェに 参加して コラボヒラメキ 生まれでるとき 46

・たのしみは 歌をひねりて でたものが 思いのほかに よくできたとき 45

・たのしみは 美味しく食べた そのあとに 実生からと 種を撒くとき 44

・たのしみは 講話を終えた その夜に 好評だと 知らされたとき 43

・たのしみは 人と人とが 出会うこと 新たな出会い 期待するとき 42

・たのしみは この干し柿は おいしいと よろこびの声 耳にしたとき 41

・たのしみは ふと寄り道の この社 イヤシロの地と 知りえたとき 40

・たのしみは 予想をこえた 仕上りに 焼けた焼きそば 口にしたとき 39 

・たのしみは この次こそは 大物を 山女魚がゆれて 目に映るとき 38

・たのしみは 自分好みの 一点を 手ごろ価格で 手に入れたとき 37

・たのしみは 効果てきめん 待望の ビジネスツール 披露するとき 36

・たのしみは 夢実現を 目指す友 俺はやるよと 決意みるとき 35

・たのしみは 講話を終えた そのあとに ハガキたよりを 届きみるとき 34

・たのしみは 噂に聞いた あの店の 美味しい味を 確かめるとき 33

・たのしみは 竹炭砕き 鉢植えに 花が見事に 咲くをみるとき 32

・たのしみは 講話を終えて たよりだし 感謝ハガキが かえりきたとき 31

・たのしみは 歳を忘れて 子供らと 日が暮れるまで 遊びするとき 30

・たのしみは ハガキを書いて ポストまで 手に携えて 散歩するとき 29 

・たのしみは 朝の散歩の 挨拶に にこっと微笑み そえられたとき 28 

・たのしみは 目に鮮やかな 紅葉山 風に流され ひらり舞うとき 27 

・たのしみは 杵を握って 餅をつき つきたて餅を つまみ喰うとき 26

・たのしみは 松明燃える 火にあたり 皆でわが身の 暖まるとき 25 

・たのしみは はげしく燃える 松明が 倒れて炎 舞い上がるとき 24

・たのしみは 干し柿ができ 大みそか 天ぷらにして 口にする時 23

・たのしみは 軒端に吊るす 蜂屋柿 飴いろどきを 口にするとき 22

・たのしみは 日本一の 菊祭り そこかしこから 香りたつとき 21

・たのしみは 感動講話 つぎつぎと ともに心を ときめかすとき 20

・たのしみは 紅葉の山を 背景に 江戸の屋並みを 眺め歩くとき 19

・たのしみは 温泉つかり 心地よい 背中流しの 連鎖みたとき 18

・たのしみは 仲間と登る 安積山 ふるさとの野を 眺めみるとき 17           

・たのしみは 噂に聞いて 見てみたい 日暮の滝 あらわれたとき 16

・たのしみは 露天の風呂に 身をひたし 湯けむりの中 汗にじむとき 15

・たのしみは この秋獲れた 炊きたての 光る新米 口にするとき 14

・たのしみは 花咲くばらの かざしもに かぐわしき風 かけぬけるとき 13

・たのしみは 菊の酢のもの 久しぶり 旬の味覚 口にするとき 12

・たのしみは プチ断食を 終えたあと 好物の蕎麦 口にするとき 11

・たのしみは 講演を終え みなさまの アンケートをば ひらき読むとき 10  

・たのしみは 散歩するなか 見上げれば 流氷雲 かいまみしとき 9

・たのしみは スイッチひねり 白鵬の 連勝記録 かいま見るとき 8

・たのしみは まぼろしの味と 聞いていた あの蜂蜜を 口にしたとき 7

・たのしみは ビジネスフェア のぞきみて 新アイデアの ひらめいた時 6

・たのしみは 朝の散歩の ひと枝に 小さい秋を みつけ見たとき 5

・たのしみは ウェブ検索 懐かしの 名場面をば みつけみたとき 4

・たのしみは 腹すく夕餉 台所から 初秋刀魚焼く 匂いするとき 3

・たのしみは 朝起きいでて 色づいた 熟れたトマトを 口にするとき 2  

・たのしみは サウナのあとの 水風呂に 火照るわが身を 泳がせし時 1

「たのしみは」で始まり「とき」で終わる和歌を「独楽吟といいます。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.