1792969 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

おもてなしの日本へ… New! 夢穂さん

箱根の温泉供給がス… New! コウちゃん9825さん

婚礼人力車ご利用の… New! 神谷商店さん

心象スケッチ「蜜蜂… New! KUMA0504さん

体の疲れをとるには New! ヨーガ1950さん

初めての楽しみ!iPh… New! ひより510さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…
 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…

フリーページ

2007/08/26
XML
カテゴリ:紹介します
日曜日の朝の散歩は、平日より距離を長く歩きます。
散歩の途中、蝉が草むらに落ちていたのを発見。
久しぶりに生きた蝉を捕まえたので記念に撮影しようと持ち帰りました。
撮影後は、放してあげました。空に向かって飛んでいきました。
なにしろ11年も地中の中にいて、地上に出て生活できるのは約1週間と言われます。
ところでこの蝉、何蝉でしょうか?
油蝉でないことは確かです。

「つくつく法師、つくつく法師」と鳴く蝉だろうか。
蝉を捕まえたのは45年ぶり位になるだろうか。
きのう蝉の話題で話した翌朝、蝉を捕まえるのですから・・・


semi

羽は4枚です。
それにしましても、自然界のデザインは見事です。
色合いといい、羽の形、文様、よくみると視ればみるほどよくできたデザインです。

せみ

蝉

蝉の種類は、どうやら「ミンミン蝉」のようですね。
「夢前案内人6323」さんに 書き込みいただいたせみの図鑑の写真をみましたら、緑の文様から推察できました。こどものころよく捕まえた蝉でしたが、月日がたってその鳴き方までも記憶が一致しなかったわけです。

BLOGの書き込みはありがたいですね。
ありがとうございます、「夢前案内人6323」さん!







最終更新日  2007/08/31 09:21:12 AM
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.