1830208 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

五分でもいい New! 宋休さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

烏龍茶で 2019.11.1… New! 森3087さん

「沖縄の人だけが食… New! KUMA0504さん

もうすぐ嬉しいボ―ナ… New! コウちゃん9825さん

拙著完成!~商業出… New! 神谷商店さん

健康生活習慣力をつ… New! ヨーガ1950さん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2010/08/21
XML
カテゴリ:こころとは

いきがいを感じ、やりがいを覚える瞬間があると人は、自分の持てる能力以上のものを発揮することがあります。うれしい、楽しいときに脳からドーパミン物質がでて気分が良くなり身体までもが活性化するのではないでしょうか。行っている行動に対して快なる状況を得ると脳はドーパミン物質を分泌することによってやる気も起きるというものです。

 たのしみは朝起きいでて昨日まで
        なかりし花の咲ける見る時


江戸末期の歌人、橘曙覧(タチバナノアケミ)のつくった代表的な和歌ですが、「たのしみは」で始まり、「とき」で終わる和歌52首を「独楽吟」としてまとめたことで知られています。

この「独楽吟」を現代によみがえらせようと橘曙覧(タチバナノアケミ)の生まれ故郷、福井市の(財)歴史のみえるまちづくり協会が広く一般に募集して「平成独楽吟」をまとめました。

「あなたの楽しみは、何をやっているときでしょうか、どんな時でしょうか」を歌に詠んだわけです。独楽吟は、人生の喜怒哀楽の中で楽に焦点をあてたわけです。楽しみは、日常の中にあるということを橘曙覧は詠んでいます。

平成6年、天皇皇后両陛下がアメリカを訪問した折りに、クリントン大統領が歓迎スピーチの締めくくりに、橘曙覧(たちばなのあけみ)の「独楽吟」の1首「たのしみは朝起きいでて昨日まで なかりし花の咲ける見る時」を紹介したことで以降、橘曙覧の和歌が再評価されることになったようです。

福井市橘曙覧記念文学館










最終更新日  2010/11/28 05:17:44 PM
コメント(1) | コメントを書く
[こころとは] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:たのしみは(08/21)   新鮮美感@川島 さん

独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠んでいます。

始めたのは2010.9.2です。9年経過しました。

 ・たのしみは サウナのあとの 水風呂に 火照るわが身を 泳がせし時


橘曙覧は52首を詠みました。せめてこの10倍、520首を詠んでみたい。

520首まであと179首、1ヶ月3首として60ヶ月、5年後に達成予定です。



(2019/10/04 08:43:19 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.