1830019 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

五分でもいい New! 宋休さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

烏龍茶で 2019.11.1… New! 森3087さん

「沖縄の人だけが食… New! KUMA0504さん

もうすぐ嬉しいボ―ナ… New! コウちゃん9825さん

拙著完成!~商業出… New! 神谷商店さん

健康生活習慣力をつ… New! ヨーガ1950さん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2013/03/18
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 15番歌

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ
きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ

作者:光孝天皇(こうこうてんのう)

830~887 在位884~887 第58代天皇。藤原基経により廃位された陽成天皇に代わって55歳で即位。



光孝天皇が若菜を摘んだという場所は、京都市右京区嵯峨にあった芹川周辺に広がっていた芹川野だったそうです。

若菜は、春の七草のように食べられる野草の総称のようです。今でも春先にふきのとうやセリ、菜の花の花芽を食べますよね。

子供のころの思い出に母といっしょに春先に田んぼの水路などでセリ摘みや利根川の堤防でヨモギ摘みなどしたものです。今時分でしたね、春の彼岸にヨモギで草餅などつくったものです。

今の時代ならお菓子はセブンイレブンで売られていますが、私が子供のころは親といっしょに草餅づくりをしたものです。今、考えると豊かな時代でしたね。











最終更新日  2013/03/19 12:00:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.