1760691 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

SOU・SOU × ひよりご… New! ひより510さん

この程度でしか処理… New! しっぽ2さん

スズメバチ退治に用… New! コウちゃん9825さん

九州旅行一環の福岡… New! 神谷商店さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

大人のための保健体… New! ヨーガ1950さん

奇遇 2019.09.10(火) New! 森3087さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…
 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…

フリーページ

2013/04/10
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 第39番歌

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき
あさぢふの おののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこひしき


作者:参議等(さんぎひとし)
源等(みなもとのひとし) 880~951 前期から中期にかけての歌人で公家。嵯峨天皇の曾孫。中納言源希の次男。


忍ぶ恋を篠原にかけています。忍ぶ心をがまんできないほどに人恋しさが募るさまを詠んでいます。

古今集に「 浅茅生の 小野の篠原 しのぶとも 人知るらめや 言ふ人なしに 」
 (心の中に思いをしのばせていても、あの人は知ってくれるだろうか? いや、だめだろう。伝えてくれる人がいなければ)という和歌があります。一説にはそこから本歌取りしたと言われています。











最終更新日  2013/04/10 11:55:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.