1704503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

そもそもアベ首相に… New! しっぽ2さん

平日4日 New! いずみね〜さん

韓国で禁輸続くホヤ… New! 神谷商店さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

ふと思うは神の心 New! ヨーガ1950さん

運が良くなるような New! 宋休さん

2DK、6世帯のアパ-ト… New! コウちゃん9825さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…
 本人です@ Re:アケビの盆栽をつくってみようと思い立ちました。(10/16) 植え付けてから3年半になります。 3年た…
 新鮮美感@川島@ Re:AIと呼ばれる第4の波 (人工知能)(10/28) 兵器の革新は、火薬➡核➡AI と変革を遂げ…
 新鮮美感@川島@ Re:ウンダラ柿(蜂屋柿)(10/26) この時は、この柿から美味しい柿酢が簡単…

フリーページ

2013/04/28
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 57番歌

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな
めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな

作者:紫式部(むらさきしきぶ)
970年代~1010年代 平安中期の女性作家、歌人。屈指の学者、詩人である藤原為時の娘。藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。『源氏物語』、『紫式部日記』の作者。
幼少期から文学的才覚を現し、一条天皇の中宮彰子に仕え、その傍ら『源氏物語』五十四帖や「紫式部日記」を執筆した。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。


ほんとうに久しぶりにお逢いできたのに、雲隠れしてしまった夜中の月のように、あっというまにあわただしく帰ってしまわれましたね。


「新古今集」には、幼友達と久しぶりに逢ったのだが、ほんのわずかの時間しかとれず、月と競うように帰ってしまったと詠んだ。積もる話をあれこれとしたかったのでしょうね。

紫式部は20代の半ばに、父であった藤原為時が越前の国(福井県)に赴任したので、地方で暮らしました。しかし1年ほどで都に戻っています。現代と違って越前は都から遠く離れた地域であったでしょう。田舎暮らしから帰っての再会だったのでは時間が短くも感じたでしょうね。

才女の誉れ高い逸話として幼い頃、紫式部の兄が読んでいた「史記」(中国の歴史書)をそばで聞いていてたちまち覚えてしまい、兄の間違いまでも指摘してしまったほどだと伝えられています。








最終更新日  2013/05/01 08:45:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.