1939537 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

外国人による日本の… New! コウちゃん9825さん

松田山・西平畑公園… New! たそがれの写真家さん

●●●「新型コロナの感… New! しっぽ2さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

人力車&トゥクトゥ… New! 神谷商店さん

近代人の自虐「自転… New! KUMA0504さん

勤労歓喜(働きは最… New! ヨーガ1950さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/05
XML
カテゴリ:百人一首


百人一首 64番歌

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木
あさほらけ うちのかはきり たえたえに あらはれわたる せせのあしろき


作者:権中納言定頼 ( ごんちゅうなごんさだより )
藤原定頼(ふじわらのさだより) 995~1045 平安中期の公家・歌人。中古三十六歌仙の一人。藤原公任の長男。書や管弦が上手い趣味人で容姿端麗で社交的な反面、小式部内侍をからかった時に即興の歌で言い負かされてそそくさと逃げ帰るなど軽率なところがあった。


朝がほのぼのと明けるころ、宇治川の川面に立ちこめていた川霧がところどころだんだん晴れていって、その合間から現れてきた川瀬に打ち込まれた網代木よ。


百人一首は恋の歌が多い中に選ばれた宇治川の景色を詠んだ抒情詩のような歌です。








最終更新日  2013/05/07 02:35:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.