1938920 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

高齢者お断りのアパ… New! コウちゃん9825さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

百笑新聞2020.3月号! New! 銀河のかっちゃんさん

「選手の命を危険に… New! しっぽ2さん

初めての大阪芸術大… New! 森3087さん

先に何があるか、わ… New! 宋休さん

1聞いて10を知る New! ヨーガ1950さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/09
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 68番歌

心にも あらで憂き夜に 長らへば 恋しかるべき 夜半の月かな
こころにも あらてうきよに なからへは こひしかるへき よはのつきかな


作者:三条院(さんじょういん)

三条天皇。976~1017 在位1011~1016 第67代天皇。冷泉天皇の第二皇子。多病と藤原道長の専横により、後一条天皇に譲位。享年42。


心ならずも、はかなくもありつらいこの世に生きながらえていたならば、きっと恋しく思い出すにちがいない、この夜更けの月を。 


後拾遺集の詞書によると、この歌は三条天皇が眼病で失明寸前、藤原道長によって皇位を奪われた前年に詠まれた歌ということです。病気とストレスで生きていることの辛さ理不尽を詠んだ歌です。三条院は「この世をば 我が世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」と歌うほど絶大な権力を誇った藤原道長に、目を患ったことを理由されて退位を迫られてた。道長は先帝一条天皇と自分の娘との間にできた子供を次の天皇に即位させて、摂政として政治権力を握りたかったわけです。三条院は退位を決意して、その時に詠まれた歌ということです。









最終更新日  2013/05/10 09:40:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.