1934527 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

10歳若い体づくり New! ヨーガ1950さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

あんこう鍋 2020.02… New! 森3087さん

知っているだけでは New! 宋休さん

企業の倒産件数がジ… New! コウちゃん9825さん

「怪獣記」高野秀行… New! KUMA0504さん

これ程の醜悪と卑劣… New! しっぽ2さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/16
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 75番歌

契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
ちきりおきし させもかつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり


作者: 藤原基俊(ふじわらのもととし)

1060~1142 平安後期の歌人。藤原氏の主流である名家、藤原道長の曾孫で右大臣俊家の子。万葉集の次点(訓点)をつけた一人。藤原定家の父俊成に古今伝授を行った。
保守派歌壇の代表的人物で、革新派の74番歌、源俊頼と対立。人望がなかったため、学識・家柄の割に官位は上がらず、従五位上左衛門佐にとどまり、1138年に出家し、覚舜(かくしゅん)と称した。


 

お約束くださいましたお言葉を、よもぎの葉に浮かんだ恵みの露のように、ありがたい言葉を期待しておりましたのに、なんともまあ、今年の秋もむなしく過ぎていくようです。




この歌の作者の藤原基俊の息子は、奈良の興福寺のお坊さん光覚でした。興福寺では10月10日~16日まで維摩経を教える維摩講が行われます。この講師に光覚を推薦、前の太政大臣・藤原忠通に再三頼んでいました。
            
再三の親の頼みに藤原忠通は、「私に任せなさい」と答えたと言われます。古今集にある清水観音の歌に 「なほ頼め しめぢが原の さしも草 われ世の中に あらむ限りは」(私を頼りなさい。しめじが原のヨモギのように思い悩んだとしても)というものがあり、「大丈夫だ、私に任せておけ」との意味ですが、その年も息子・光覚は講師に選ばれませんでした。
  
だからその恨みをこめ、作者は「約束したのに、ああ、今年の秋も過ぎていくのか」と嘆いてみたのです。ただ言葉だけで頼んだとは思われません。贈り物である賄賂が少なかったのだろうか、とはいえ歌に詠んでまで公表したのだろうか。あるいは私信としてやりとりしたのが記録として残っていたのだろうか。












最終更新日  2013/05/17 08:03:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.