1826971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

熱意があれば New! 宋休さん

健康は1日にして成… New! ヨーガ1950さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

お歳暮の品物選びに… New! コウちゃん9825さん

諸橋「大漢和」のバ… New! masa2948さん

圧倒的な存在感!リ… New! ひより510さん

人力車活用の七五三… New! 神谷商店さん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2013/05/18
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 77番歌

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ
せをはやみ いわにせかるる たきかはの われてもすゑに あはむとそおもふ


作者:崇徳院(すとくいん)

崇徳天皇 1119~1164 在位1123~1142 第75代天皇。名は顕仁(あきひと)。鳥羽天皇の第1皇子。
5才で天皇の位を譲り受けたものの、22才の時、鳥羽上皇の命で異母弟の近衛天皇に譲位。
近衛天皇崩御の後に即位した同母弟の後白河天皇と、どちらの皇子を立てるかで対立して保元の乱となり、争い敗れて讃岐に配流され、同地で崩御。


滝川の川瀬の流れが速いので、岩にせき止められる急流が、2又に分かれるが、また再び合流するように、愛しいあの人と今は別れていても、いつかは必ずや再会できるであろうと思ふ。



この歌は、崇徳院が1150年に藤原俊成(定家の父)に命じて編纂させた「久安百首」に載せられた一首です。「別れてもまた必ず逢おう」という気持ちが込められた、燃える情熱と、決意が込められた歌です。
     
崇徳院は保元の乱に破れて讃岐国松山(現在の香川県坂出市)に流されそこで一生を終えたということです。









最終更新日  2013/05/18 10:31:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.