1938902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

高齢者お断りのアパ… New! コウちゃん9825さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

百笑新聞2020.3月号! New! 銀河のかっちゃんさん

「選手の命を危険に… New! しっぽ2さん

初めての大阪芸術大… New! 森3087さん

先に何があるか、わ… New! 宋休さん

1聞いて10を知る New! ヨーガ1950さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/21
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 80番歌

ながからむ 心も知らず 黒髪の 乱れてけさは ものをこそ思へ
なかからむ こころもしらす くろかみの みたれてけさは ものをこそおもへ

作者:待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)
生没年不詳。平安後期の歌人。女房三十六歌仙・中古六歌仙の一人。源顕仲の娘。待賢門院に仕えた。



あなたが末長く心変わりしないといわれますが本心をはかりかねます。お別れした今朝は、黒髪が乱れるように心も乱れ、もの思いにふけるばかりです。
 


この歌の出典は崇徳院の命で作られた「久安百首」にあるものです。久安百首は、テーマごとに歌を詠み、合計で百首にするというものでした。

この歌は、男が届けてきた後朝(きぬぎぬ)の歌に対する返歌です。平安時代は男性が女性の家に行き一晩を明かすという慣習がありました。「後朝」というのは男女が一晩を明かした翌朝で、後朝の歌とは男が帰った後で女の許へ、歌を詠んで贈るという雅な慣習です。その歌に対して女性から返ってきたのがこの一首というわけでした。

今の世であれば、別れたあとで携帯メールでやりとりをするようなものでしょうか。しかしその内容ですが歌を詠める教養と余裕が持てるだろうか。思うに平安貴族は、雅な教養を身に着けて生きていたのですね。
           












最終更新日  2013/05/21 10:48:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.