1935434 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

日本を汚染国と馬鹿… New! コウちゃん9825さん

春のお魚フェス New! いずみね〜さん

ラジオ深夜便 テーラ… New! 神谷商店さん

バスタブレットのお礼 New! ひより510さん

バカな無知国民は敵… New! しっぽ2さん

「めんどくさい」が… New! KUMA0504さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/24
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 83番歌

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
よのなかよ みちこそなけれ おもひいる やまのおくにも しかそなくなる


世の中なんて、どうにもならないものだ。思いつめて分け入った山の奥でさえ、鹿も悲しげに鳴いているように聞こえてくる。



作者: 皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶとしなり)

藤原俊成(ふじわらのとしなり) 1114~1204 平安末期・鎌倉初期の歌人・歌学者。百人一首の撰者、藤原定家の父。西行法師と並ぶ、平安末期最大の歌人です。後白河法皇の院宣により『千載集』を撰進。歌論書『古来風体抄』、家集『長秋詠藻』などを著し、幽玄の歌風を確立した。平安期の古今調から鎌倉期の新古今調への転換期において、歌壇の第一人者として指導的な立場にあった。


 

この歌は27歳の時に詠んだ「述懐百首」の中で鹿をテーマにしたものとあります。
  
この歌が詠まれたころは、西行法師をはじめ、藤原俊成と同年代の友人たちが次々と出家していました。藤原俊成も悩み、悩んでもどこへ行こうと悩みはつきない、というこの歌を詠んだと推察されます。


 















最終更新日  2013/05/25 01:23:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.