1935043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

夢の実現に向かって New! 宋休さん

年間の国民医療費 New! ヨーガ1950さん

建築資材の品不足が… New! コウちゃん9825さん

師匠特性パエリア 2… New! 森3087さん

救いようがない嘘ば… New! しっぽ2さん

歴メシ! 世界の歴… New! KUMA0504さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/05/30
XML
カテゴリ:百人一首


百人一首 89番歌

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする
たまのをよ たえなはたえね なからへは しのふることの よはりもそする


我が命よ、絶えるならば、絶えてしまえ。このまま生きながらえれば、(恋心を表さないように)堪え忍ぶ心が弱ってしまうと困るから。




作者:式子内親王(しょくしないしんのう)

1149年~1201 平安末期・鎌倉初期の歌人。後白河天皇の第3皇女。賀茂斎院をつとめた後に出家。新三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。母は藤原成子(藤原季成の女)で、
守覚法親王・亮子内親王(殷富門院)・高倉宮以仁王は同母兄弟。高倉天皇は異母弟にあたる。萱斎院、大炊御門斎院とも呼ばれた。

 

この歌は新古今集の詠題に、「忍ぶ恋」という題で詠まれた歌です。


百人一首を代表する忍ぶ恋歌と言えるでしょう。

「死んでもかまわないから、忍ぶ恋を世間に知られたくない」と歌に詠んだということは、忍ぶ恋を世間に公表したようなものですね。

約40年前に、♪死んでもお前を离しはしないそんな男の・・・森進一が歌った「女のためいき」のインパクトと相通ずるものがあるように思う。

みかたを変えれば、百人一首の忍ぶ恋歌は、演歌の源流でもあったと言えるのかもしれません。      
            














最終更新日  2013/05/30 04:37:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.