1797504 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

食べないより食べた… New! ひより510さん

2019.10.23〜浸水か… New! 銀河のかっちゃんさん

生活には楽しみを New! ヨーガ1950さん

膝順調 2019.10.16(… New! 森3087さん

どうせなら New! 宋休さん

今年も冬桜にご対面 New! たそがれの写真家さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) New! 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) New! 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…
 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…

フリーページ

2013/06/04
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 94番歌

み吉野の 山の秋風 さよ更けて ふるさと寒く 衣打つなり
みよしのの やまのあきかせ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり


吉野の山々にも秋風が吹きわたり、夜もふけ、古都は寒々しくもあり、夜なべ仕事の衣を打つ音が聞こえてくるのです。


作者:参議雅経(さんぎまさつね)
藤原雅経 (ふじわらのまさつね) 1170~1221 平安時代末期から鎌倉時代前期の公家・歌人。鎌倉幕府の第4代征夷大将軍であった藤原頼経の子。蹴鞠に優れ、蹴鞠の元祖である飛鳥井流の祖となる。後鳥羽院に気に入られ、『新古今和歌集』の撰者の一人。



古今集の「み吉野の 山の白雪つもるらし ふるさと寒くなりまさるなり」の本歌取りにもなっています。

本歌取りと云えば優雅に聞こえますね。けっしてパクリとは言いません。
歌のリメイクを歌をつくる技術として評価したのでしょうね。

       
  
            
 
百人一首にはかつて古代の都の離宮があって栄えていた吉野の里(奈良県吉野郡吉野町)がよく登場します。吉野の里が今は古び、晩秋の夜には里の家で砧を打つ音だけが聞こえている、といった内容です。















最終更新日  2013/06/04 09:23:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.