1904747 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

不安だったが New! 宋休さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

津軽三味線小山流新… New! いずみね〜さん

ドラマ化を推理する… New! KUMA0504さん

投資判断が分かれる… New! コウちゃん9825さん

戦国時代の貴重な歴… New! 神谷商店さん

国税庁委託先がマイ… New! しっぽ2さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:自然薯が美味い(11/24) 1月3日の3日とろろは、この自然薯を使…
 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …

フリーページ

2013/06/10
XML
カテゴリ:百人一首

百人一首 100番歌

百敷や 古き軒端の しのぶにも なほ余りある 昔なりけり
ももしきや ふるきのきはの しのふにも なほあまりある むかしなりけり


宮中の古い軒端から垂れ下がる忍ぶ草を見るにつけても、偲んでも偲びつくせないものは、栄華を極めた昔のよき時代のことだねぇ~。


作者:順徳院(じゅんとくいん)
順徳天皇 1197~1242 在位1210~1221 第84代天皇。後鳥羽天皇の第3皇子。承久の乱で敗れて佐渡に配流され、その地で崩御。

今回の歌は小倉百人一首の100番目。撰者である藤原定家が仕えた後鳥羽院の息子、順徳院の歌です。

この歌は承久の乱が起こる前、順徳院が20歳の時に詠んだ歌です。
  

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず、ただ春の世の夢のごとし、たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ



ご存じ、平家物語の冒頭、平氏が没落していく様を表しております。平家の栄華と没落を描いた軍記物語である。

保元の乱・平治の乱勝利後の平家と敗れた源家の対照、源平の戦いから平家の滅亡を追ううちに、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭した武士たちの織りなす人間模様を見事に描き出している。和漢混淆文で書かれた代表的作品であり、平易で流麗な名文として知られ、「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しをはじめとして、広く知られている。

作者は、最古のものは吉田兼好の『徒然草』で、信濃前司行長(しなののぜんじ ゆきなが)こと藤原行長なる人物が平家物語の作者であり、生仏(しょうぶつ)という盲目の僧に教えて語り手にしたとする記述がある。


平家物語の作者:藤原行長 (ふじわらの-ゆきなが) 鎌倉時代の官吏。
藤原行隆の子。関白九条兼実(かねざね)の家司(けいし)で,蔵人(くろうど),下野守(しもつけのかみ)をつとめる。漢詩文にすぐれ,元久2年(1205)の「元久詩歌合」の詩作者のひとり。従弟の葉室時長とともに,「平家物語」の作者とされる信濃前司(しなののぜんじ)行長に擬せられている。
















最終更新日  2013/06/10 09:07:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
[百人一首] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.