1828216 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

新鮮な刺激を New! 宋休さん

大豆を刈り入れまし… New! 銀河のかっちゃんさん

河口湖モミジ祭りに… New! たそがれの写真家さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

火入れ式 2019.11.0… New! 森3087さん

旅のおもひで~豊橋… New! いずみね〜さん

小さな不動産会社の… New! コウちゃん9825さん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2015/04/21
XML
カテゴリ:いいところですよ
たのしみは 四十八度 湯上がりの 爽快感を 感じとるとき 

  • 鹿の湯.jpg



群馬からの帰り道、那須の「鹿の湯」に寄り道です。「鹿の湯」へには車で那須インター(標高353m)から約12km(15分)


「鹿の湯」温泉の男湯は6尺角の木の浴槽が6個あります。最初に、いちばん温度の低い41℃の浴槽から入ります。42℃、43℃、44℃、46℃、48℃と入ってゆきます。48℃の浴槽に3回ほど浸かってきましたが、この日の湯の温度は47.5℃でした。ときどき担当の方が電子温度計で浴槽の湯温を確認計測しにくるのです。今回、48℃の湯からあがっても身体の表面側が熱くなっているので、その内側部分に外側部分の熱がジワジワと伝わってくるのがわかるのです。

熱湯に入る常連さんは、それぞれが砂時計持参で浴槽に浸かります。興味本位ではこの48℃の浴槽に入るのは危険です。熱湯でやけどをしかねません。お湯が揺れないように、ゆっくり湯に浸かり、湯から上がるときもゆっくり湯を揺らさないようにしてあがります。

私には48℃の湯に浸かったあと、46℃の湯に戻るとすごく居心地の良さを感じる湯温になります。とはいえ2分を越えて湯につかっていると足元からしびれてくるような感覚がやってきます。湯からあがっても身体がポカポカです。硫黄の香りも身体を包みます。約2年ぶりの鹿の湯でしたが前の時よりも、身体に馴染む感覚を覚えました。1回湯@400円でした。同年代の方々との他愛ない会話も起こります。


那須温泉、鹿の湯の正式記録として残っている文書は、天平十年(七三八年)聖武天皇の時代に正倉院文書のなかに那須温泉の記録が残されているとのことです。

鹿の湯の内部は、こちら

那須温泉 元湯 鹿の湯  栃木県那須郡那須町湯本51 (標高846m)
わが家から鹿の湯までは約60kmです。






最終更新日  2015/04/24 03:14:14 PM
コメント(1) | コメントを書く
[いいところですよ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.