1792923 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

おもてなしの日本へ… New! 夢穂さん

箱根の温泉供給がス… New! コウちゃん9825さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

婚礼人力車ご利用の… New! 神谷商店さん

心象スケッチ「蜜蜂… New! KUMA0504さん

体の疲れをとるには New! ヨーガ1950さん

初めての楽しみ!iPh… New! ひより510さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…
 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…

フリーページ

2017/05/10
XML
カテゴリ:山歩き
阿武隈川の中流域、郡山市に住んでいますが、どこから流れを発して最終太平洋に流れ出るところを見ていません。

調べてみると源流は、「 那須岳の1つ三本槍岳のすぐ北に位置する福島県西白河郡西郷村の甲子旭岳に源を発し東へ流れる。」とあります。西郷村にある 旅館、大黒屋の脇からちょっとだけ歩いたことがありますが源流の山にはまだ登ったことがありません。ぜひ一度登ってみたいものです。

太平洋に流れ出るところは、その気になれば車でいつでも見に行けるだろう。
源流の山は体力のあるうちでないと登れないわけですから、こちらを優先ですね。

       -----------------------------------------------------

甲子旭岳の登山記録をwebでチェックしてみましたら夏山期は、どうやら藪漕ぎを覚悟しなければならないようです。体力消耗の激しい登山は苦手かも。三本槍岳の北東斜面は阿武隈川の源流となってはいないのだろうか。三本槍岳・北東斜面から阿武隈川に雨が流れてゆくようならこちらの方が奥山となるのではないだろうか。それには現地に行ってみればわかるでしょうね。三本槍岳も65歳の私には、けっこうな歩行距離があります。体力・脚力を鍛え直さなければならないかも。






最終更新日  2017/05/13 07:33:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.