1822631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

「ありがたい」の反… New! 神谷商店さん

楽しも変わる New! ヨーガ1950さん

我が家のクリスマス… New! ひより510さん

経営者として New! 宋休さん

寒暖差 2019.11.06(… New! 森3087さん

銀河の前の道路工事… New! 銀河のかっちゃんさん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2017/06/16
XML
カテゴリ:紹介します
たのしみは 無事に羽化して 大空に 飛び立つ姿 立ち会えるとき

揚羽蝶の蛹を発見しました。
葉を食べていた柚子の木から地面を降りて2m離れた場所に地上30cmのところで蛹になっておりました。
しっかり自分の身体を2本の糸で落ちないように支えています。
脱皮し易い位置取りに固定化しています。
いままで蛹を見ることができなかったので蛹になる前に鳥に食べられてしまったのかと思ってましたが、どうやら脱皮しやすい場所に移動していたのかもしれません。
揚羽蝶の一生は、卵→幼虫→蛹→蝶→卵とその変化は、矢印が起承転結となっているようだ。
この蛹、緑色が美しい。この蛹を集めて糸にして布地にした人はいないのだろうか。揚羽蝶の糸、どんな布地ができるのだろうか。柑橘類の香りが残るのだろうか。想像をめぐらすのもおもしろいものです。

まてよ、撮影した2枚の写真をよくみると、揚羽蝶は繭をつくらずに蛹をダイレクトに糸2本で固定化してるだけかも。口から吐く糸は、固定化する2本だけでは到底、布地にする量を確保するなんでムリな話かもしれません。


よく観察してみると蛹を支えているのは1本の糸をループにして糸に、身体をよ垂れ掛かけていることがわかります。


   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

10日以上経過、蛹が羽化してはいないか毎朝チェックしていましたが、、、
いくらなんでも長すぎるのではと思ったので
揚羽蝶は、まだ蛹の中に居るか、居ないか確認してみることにしました。
蓋がしまったままだったので羽化したのに気がつかなかったわけです。
はい、もぬけの殻でした。
どうやら無事に大空に飛びたっていかれたようです。
羽化する現場を見るのは難しいと聞いてましたが、
羽化したかどうかも注意深く観察しないとわからないことを知りました。







最終更新日  2017/06/30 09:08:35 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.