1705336 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

「消費税はゼロ」は… New! しっぽ2さん

書籍の執筆作業開始。 New! 神谷商店さん

再生自家製炭酸水 20… New! 森3087さん

今日のつとめ田草取… New! ヨーガ1950さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

今がチャンス New! 宋休さん

晴れ間 New! いずみね〜さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…
 本人です@ Re:アケビの盆栽をつくってみようと思い立ちました。(10/16) 植え付けてから3年半になります。 3年た…
 新鮮美感@川島@ Re:AIと呼ばれる第4の波 (人工知能)(10/28) 兵器の革新は、火薬➡核➡AI と変革を遂げ…
 新鮮美感@川島@ Re:ウンダラ柿(蜂屋柿)(10/26) この時は、この柿から美味しい柿酢が簡単…

フリーページ

2017/10/26
XML
カテゴリ:季節感



トロトロになった蜂屋柿をいただく。子どものころよく食べたものです。堅い柿を稲刈りが終え脱穀した稲藁を束ねて重ねた中に柿を入れておいて柔らかくなるのを待ったものでした。ウンダラ柿と呼んでいました。種の周辺の存在感のあるところが好みだったことを思い出します。この柿色も懐かしい色合いです。

口にしたのは何年ぶりだろう。いつ食べたのかを思い出せないということは、何十年ぶりかもしれません。後味がいいですね。コレまた食べたいので固い蜂屋柿を熟すまで保存しておくことにしよう。

ちなみに「うんだら柿」と呼ぶのは、名古屋、川越と私の育った群馬地方らしい。
鹿児島の友人は「ジクリッショ柿」と呼んでいました。


#とろとろ蜂屋柿 #郷愁の味 #蜂屋柿






最終更新日  2017/10/31 11:14:41 PM
コメント(1) | コメントを書く
[季節感] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:ウンダラ柿(蜂屋柿)(10/26)   新鮮美感@川島 さん
この時は、この柿から美味しい柿酢が簡単にできるとは思いませんでした。
2018年の晩秋の柿から柿酢づくりにチャレンジ!
美味しい柿酢が自宅で簡単にできることがわかりました。 (2019/03/02 12:08:42 AM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.