000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

婚礼人力車集中日の… New! 神谷商店さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

いい休日を始めるの… New! 森3087さん

敬老の日に思うこと New! ヨーガ1950さん

何でも そのときに New! 宋休さん

相続財産の処分。安… New! コウちゃん9825さん

五輪会場で前代未聞… New! しっぽ2さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) New! 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…
 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…

フリーページ

2017/11/03
XML
カテゴリ:地域再生
地域の秋祭りです。神社は妙見神社、40年前は石の祠があっただけでしたが30年前に社を建てて祠を社の中に鎮座させました。郡山市の西方に妙見山がありその頂上には、飯豊和気(いいとよわけ)神社が鎮座しております。お年寄りには遠くて山の上なので、なかなか行けない。そこで石の祠に妙見神社を祭ったということになりましょうか。山から流れる水が稲作になくてはならないものです。お米の収穫を終えた後に感謝の祭を催したのが例大祭の始まりであったのでしょう。

近所の公園で餅を撞ききな粉餅、納豆餅、芋煮鍋、焼きそば、焼き芋が振る舞われます。費用は祭りの寄付金一世帯当たり500円が充当されるようです。天気もよく震災前の賑わいが戻ったようです。








となりで餅を撞いているわけだから、この鍋に餅を入れれば良かったと食べたあとで思いついた。ちなみにこの芋煮鍋は300人分つくったそうです。










散歩コースから見える東西南北周囲の山々の頂を登ってみようと思ったのでした。まだ未踏峰もだいぶ残っていますが妙見山には11年ほど前に町内会の登山で登りました。






最終更新日  2017/11/03 11:42:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
[地域再生] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.