1824130 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

スパイスパワー!!! New! いずみね〜さん

2019.11.24(日)民… New! 銀河のかっちゃんさん

投資用のマンション… New! コウちゃん9825さん

木皿泉の『カゲロボ… New! KUMA0504さん

世の中の変化 New! ヨーガ1950さん

人力車衣装(腹掛)… New! 神谷商店さん

コメント新着

 koju@ Re:伝説の焼肉ラーメン復活か!(12/07) おぉーーー! マジですかーー!? 本局前か…
 新鮮美感@川島@ Re:鎌倉岳を登る(11/15) 鎌倉岳は郡山市駅前のビッグアイ7階東側…
 新鮮美感@川島@ Re:アケビの実(09/29) 五葉あけびの種をまいて花が咲くまで3~…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) この次に復活させたいのは「ねぎぬた」 …
 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…

フリーページ

2018/11/11
XML
カテゴリ:紹介します


会津風雅堂には入場行列があり、そのお客様の前を寅さんに扮する方が場を盛り上げておりました。

「男はつらいよ」記念すべき第1作(昭和44年)の上映を見てきました。今見ても傑作ですね。私は第1作を見ていなかったことがわかりました。高校2年の時だった。

渥美清さんの講演を聞いたのは20才の時だった。
専門学校を読売新聞奨学生として卒業式の時の卒業記念講演会でした。渥美清さんは講演は受けない主義だったのですが氏は中央大学の夜間部卒業だったので同じ苦学生の要望であればと引き受けてくれたのでした。そのときの奨学生の代表は南会津出身の渡部さんだった。「男はつらいよ」の映画がふるさと映画祭として20回もの間、会津の地で開催されるのも何かの縁であろう。映画の出演者もみんな若い50年前に作られた映画だからである。

この「あいづふるさと映画祭」は毎年開催されて今年20回記念。末廣酒造の新城猪之吉さんが映画祭を、始めたときは48才だったのですが今は68才と倍賞千恵子さんとのトークショーで述べていました。

大きなスクリーンで見る映画はいいですね。
「男はつらいよ!」は喜劇映画の傑作だね!
来年は会津風雅堂で話題の50作目が完成お披露目が開催されるかも!


トークショーで紹介された「湯川たから館」を検索してみました。
湯川村の地域活性化施設「湯川たから館」は10月7日、リニューアルオープン。
「男はつらいよ」シリーズの撮影監督を務めた湯川村出身の高羽哲夫さんの遺品やシリーズ全作のポスター、台本等が展示されているという。入場無料だそうだ。

湯川たから館:福島県河沼郡湯川村勝常堂後830
開館時間は午前9時から午後4時まで。火曜日休館。
問合せは村商工会 電話0241(27)3957













最終更新日  2018/11/12 10:51:21 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.