1734200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

庶民イジメが年々酷… New! しっぽ2さん

「おにぎりの文化史… New! KUMA0504さん

市川善彦の本 New! よびりん♪   さん

便秘は日本の国民病 New! ヨーガ1950さん

全部を一気に New! 宋休さん

アベラワ蒸留所 2019… New! 森3087さん

<カレーの夏がやっ… New! いずみね〜さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…
 本人です@ Re:アケビの盆栽をつくってみようと思い立ちました。(10/16) 植え付けてから3年半になります。 3年た…
 新鮮美感@川島@ Re:AIと呼ばれる第4の波 (人工知能)(10/28) 兵器の革新は、火薬➡核➡AI と変革を遂げ…
 新鮮美感@川島@ Re:ウンダラ柿(蜂屋柿)(10/26) この時は、この柿から美味しい柿酢が簡単…

フリーページ

全76件 (76件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

生きる力

2013/06/18
XML
カテゴリ:生きる力

  • s-黒鯛.jpg


この黒鯛を調理しながら考えました。
なにしろ背びれを3回ほど左手に刺しました。硬い骨で鋭利な骨は油断するとすぐ刺さります。
逃げきれずに大きな魚に飲み込まれたときに背びれ胸ひれを大きく広げるのだろう
ひれの骨がのどにひっかかったら、外に逃げ出せる可能性があるわけです。
命がかかった進化をとげた姿が現在の鯛の姿なのだろう。
それにしてもみごとによく刺さるものだと感心するくらい。
鯛は素人が調理するにはむつかしい魚ですね。
出刃包丁がないと骨が硬くてたいへんです。
ということでぶつ切りにして、あら炊きにしていただきました。









最終更新日  2013/06/20 11:05:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/06/02
カテゴリ:生きる力

ふくしまフェスティバル in 郡山2013
2013年6月1日16:30~19:30
於:郡山市役所前からザモール前までの950m
桜通りを通行止めにしてパレードが開催されました。

ディズニーランドからミッキーマウスが参加するということで沿道には子供が楽しみにしてたくさん出ています。

  • s-パレード.jpg


  • 浅草サンバカーニバルのパレードです。選抜で本番リオのカーニバルにも参加経験のあるメンバーが今回、郡山にこられたとのことです。さすがですね、見られることを意識することはナイスバディーでいられる秘訣かもしれません。
  • s-2013.6.1.jpg






最終更新日  2013/06/02 12:19:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/02/06
カテゴリ:生きる力

一時代前は、デスクの上にあったのは電話だった。
現在はPCである。というより電話もPCも持ち歩ける時代です。
スマホ・タブレットがいつでもわきにある時代です。

私は、タブレットの活用法に奥深いものがあると信じて疑いません。
webとつながるということは、その場で大概の事は検索で知ることができるということです。ここでぜひ、身につけておきたいのは「検索の技術」です。
なにしろ、知りたい、わかりたいあらゆる情報がほぼ瞬時に手に入るわけです。

基本は人間力です。「聞く・話す・コミュニケーション」です。

情報発信力は今の時代、その気になればyoutubuやユーストリームで個人でTV局のように全国に向けて情報を発信できるのです。
そのスキルを身につけましょう。学ぶ時間がない方は、それを知る方に教えてもらえばいいわけです。

もう2昔前になるでしょうか。
ソニーからビデオウォークマンが発売されました。
その時に、ビジュアルプレゼンテーションを学びました。
目の前の動画でプレゼンテーションするものでした。

今や、skypeを使えば、距離が離れていてもプレゼンテーションが可能な時代です。




節分が2月3日、翌2月4日は立春。

昨日2月5日の未明、暴風が吹き荒れましたが
明日7日は立春から3日目、「春一番が吹くかもしれません」との予報がでています。
明日、あさってと気象が激しく変化するとの天気予報です。













最終更新日  2013/02/06 11:22:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/02/04
カテゴリ:生きる力

人の行動にブレーキをかけるものに3つの不安があります。
・過去の不安・現在の不安・未来への不安

「童心、国を興す」という言葉を聞いたことがありませんか。「童の心は国をも興す」と言われる所以は、過去、現在、未来に不安を抱かないのです。天真爛漫な心は、例え総理大臣が目の前に現れても躊躇することはなく思うがままにふるまえるのです。そして目の前の「今、ここ」に集中して生きているのです。

加えて誰にでも明朗な心で人に接するわけです。
この童心を忘れずに生きていきたいものですね。

昨日、財産をいっぱい持っているお方にお会いしました。お財布も1万円札とカードで膨れておりました。加えて身体もぱんぱんに太っておりました。氣の流れをチックしてあげましたら身体全体がもやっ~とした邪気に包まれておりました。運動不足もふくめて、そうとう身体がだるいことが想定される身体の状況でした。

例によって、あのプラジューパワーで背骨の両わきのツボを上から下まで押してあげましたら
身体が熱くなり汗が噴出し始めて上半身裸になってしまった位です。本人は温泉に入っているような状態だと言ってました。血行がいっきに身体をめぐり始めたのでしょうね。肩の痛みもとれて、身体がとっても楽になりました。そのプラージューパワーってすごいですねとおっしゃってくださいました。身体の調子の悪いところに軽く押し当てるだけで、身体の不調が快調へと変わる持っているととっても便利な道具です。

お金や財産をいっぱい持っていても身体がボロボロでは、夢や希望も持てません。かかえこんでいる持病もあるということでした。健康の語源「健体康心」そして「からだ」という命名は身体が健康状態にある呼び名です。身体が「からっぽ」であるという「空(から)だ」!と名付けたようです。例えば、ここに胃があると胃が重いとわかる状態は胃が不調なのです。

人にはできない私だけにしかできない能力を活かそう。これは自らが大病を患ったときに見つけ出し身に付けた技であります。人によっては天から与えられた能力という方もあるかもしれません。自分の能力に気付くことです。

人の持つ能力に気付くことです。微差僅差に気付き、それを反復することによって能力となってゆくのです。








最終更新日  2013/02/05 06:50:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/10/02
カテゴリ:生きる力

時代はカオス(混沌、無秩序、わかりやすくいえばめちゃくちゃ)の時代と云われています。100年に一度の不況と云われたかと思うと、まもなく1000年に一度の大地震が突然訪れるわけです。そして、そこに人災の原発事故が起きたわけです。

そして現在、東南海地震や東京直下型地震もささやかれています。そこに世界不況や中国との領土問題とカオスに満ち満ちています。こんな時代のサバイバルはどうしたらいいのか。原発事故による避難された方々をみると、ある日突然に避難を余儀なくされて、期限付きの仮設住宅に住むことになります。今回の避難民は東京電力の補償が出るところはまだいい。

いつなんどき又、訪れるかもしれぬ混乱にあなたは耐えられるでしょうか。起こってみなくてはわからないのが実情ですが、昨夜のように震度3の地震が3度も続くと3.11が頭をよぎります。いつ起きても、、、との心の準備だけはしておいたほうがいいかもしれません。


生き残りへの指標









最終更新日  2012/10/03 11:29:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/08/22
カテゴリ:生きる力

朝食を摂らなくなってから午前中の身体が楽になった。ここ数年来、なるべくなら朝食を食べないようにしています。なぜなら、そのほうが調子がいいからです。やってみて気がついたことです。朝は梅干1ヶに番茶を飲むくらいです。年齢的にも還暦をすぎてそれほどカロリーを必要としないのかもしれません。また消化の内臓負担の休憩のほうが身体にとってやさしいのかもしれません。

いずれにしても、自分で試してみて自分の身体が調子がいい方を選択すればいいことです。私の場合、少しくらい腹がへっている状態のほういいのかもしれません。確かに、そのほうが確実に食事をおいしく食べることができます。

身体がかるく感じる感覚がいい。「からだ」と云うネーミングは健康な状態の呼び名だと思う。「空だ」と思えるくらいが調子がいい。ズッキン、ズッキンと痛みを主張される状態はさけたいものです。

断食をやると身体の抵抗力が増すなどの効用まであるといわれています。食物が断たれると身体にとって危機的な状況になると、身体はおのずと自分を守ろうとして抵抗力を強めることをやりはじめるそうです。断食をはじめ、7日から10日ほどで白血球が増加し始め、通常の1.5~2倍もの量に増えるそうです。その増えた白血球が、血液中で菌を食べることにより、化膿性の病気などは回復に向かうとのことです。蓄膿症、水虫、その他、化膿性の皮膚病などに効果があるとのことです。

人体の「生きるための機能」は断食によってスイッチが入るようです。蚕が食べることをやめることによって、身体内では次なるステップ(さなぎから蝶に)に移動するように生物は食べることをやめると、消化器官が休むことによって、命の中枢が働きを始めるようにできているのかもしれません。

私は朝食をぬくくらいですから断食には、程遠いかもしれません。やってせいぜい1日3食の食事をぬく位ですが、次なるバージョン2日、3日の断食にもチャレンジしてみたいと思うこともありますが、まだ実現にいたってはおりません。








最終更新日  2012/08/22 11:04:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/07/11
カテゴリ:生きる力

一枚のハガキで感動を!!
第3回、日本感動大賞

応募締切平成24年9月30日(日)消印有効


以下の記事書き込みは2010年2月9日でした。

改めまして「日本感動大賞」を検索してみましたら、今年は第3回目となる日本感動大賞を募集していることがわかりましたので、ここに再掲出してみました。

日本感動大賞

ニッポン放送さん、面白い企画をやりますね。

ニッポン放送のキャッチフレーズは「聴くとハッピー!ニッポン放送」

感動のネタが集まれば、楽しい放送ができます。

どのくらい注目が集まるか楽しみですね。

日本感動大賞

感動は人に、喜びを与えます。

感動は人に、やる気を起させます。

感動は人を楽しませます。










最終更新日  2012/07/12 03:31:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/06/18
カテゴリ:生きる力

わが家の玄関先の舗装道路の向こう側には田んぼが6枚あります。その田んぼで鴨が子育てをしているのです。私は気づいたのは、1週間前の11日でした。舗装道路を親鴨以下、子鴨3匹を引き連れて散歩をしているようにみえたのです。曲がってきた車の運転している人は、道路上を歩くかわいい珍客にびっくり停止していました。

私はそっちは危険だからと田んぼのあるほうに誘導しましたら、約1mある落差を親鴨がダイビングしましたら3匹の子鴨も親鳥に続いてダイビングするのです。まだ飛べないヒナが身長の20倍近くある落差を飛び込むわけです。田んぼの水の中へ飛び込むわけですが、「えっ!飛び込むの!」驚かされました。

最近は、農薬をまかないせいか田んぼにオタマジャクシや小動物がたくさん動き回っているのが確認できます。それらが餌になるのでしょう。それにしてもここに住んで30年近くなりますが今年初めてのことです。

近所の方と散歩の途中、この鴨の親子のことを話題にしましたら、最初は8匹の子鴨がいたんだそうですが、カラスや猫などにやられて現在の3匹になってしまったそうです。私も4匹、親鴨について泳いでいたところを確認したことがありましたが、気がついたら3匹になっておりました。

自然界は淘汰があります。たえず命の危機と向かい合って生きていかねばなりません。親鴨は首を長くして子鴨を守るための威嚇の声を出します。これ以上数をへらすことなく無事育ってほしいものです。
  • s-IMG_1710.jpg


子鴨は親鴨のそばを離れません。子鴨を育て上げるまで、子鴨が飛べるようになるまで、親鴨はこの地を離れずに子育てをすることでしょう。

----------------------------------

6月19日いつものように朝の散歩、ありゃ~鴨の親子が見あたらないのです。夫婦の会話に「あの鴨の親子いなくなったようだね」とふったら近所の知り合いからカラスに子鴨はやられてしまったと聞かされたそうだ。自然界は冷酷過酷であるわけです。かわいいというのは通じないのです。腹がへれば集団で狩りの対象として狙われるわけです。生存競争のなかにおかれていたわけです。 チャン、チャ~ンです。








最終更新日  2012/06/21 12:42:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/06/15
カテゴリ:生きる力

たぬきの登場かなと思いましたら、振り向いた顔が長く鼻筋にラインがあるではないですか。ハクビシンでした。ずいぶんハクビシンが増えていると聞いたことがありましたが、自然界で遭遇したのは初めてのことでした。外来種ですから日本にきて天敵が少ないので自然増しているのでしょう。

けものは、けもの道を歩くものと思いがちですが、野生の動物だって平らな道の方が歩きやすいのは同じことでしょう。左側は谷になっていてしばらく降りられるところまで左側を歩いてゆきました。ハクビシンは昼間も行動するのだったろうか。

検索してみましたら、「ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科」に属する動物とわかりました。ネコ科なら昼、行動することもありますね。

  • s-IMG_1715.jpg


ハクビシンを見た翌朝の散歩では、テンかムササビのような小動物が地面を跳ねるように走り抜けて立木をまっすぐ上に走るように駆け登ってゆき見失いましたが、たてつづけにめったに見られない変わった動物に遭遇しますと、もしやまた大地震でもやってくるのかと気になりましたが、今朝18日の三陸沖、震度4位でとどまってほしいものです。








最終更新日  2012/06/18 06:43:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/05/06
カテゴリ:生きる力

  • s-IMG_1281.jpg
  • s-IMG_1279.jpg


今から20年位前、西日本で松枯れが始まりました。10年前は長野県地方まで広がり、近年福島県にまで及んでまいりました。松の木の生命力が衰えるわけです。自然治癒力が及ばなくなるわけです。松喰い虫が木に入り込みます。原因は中国からの産業排気ガス説などが云われますがどうなのでしょうか。全部の木がいっせいに枯れるわけではないのです。間引きされるように松の木が枯れてゆくわけです。

木が枯れると松の木の表面にきのこが出ていました。めずらしかったのでカメラに収めておきました。松の木に栗の実がはりついたようにも見えます。web検索してみましたら、どうやら食用不適のようです。

ヒトクチタケ(一口茸)
●学名 :  Cryptoporus volvatus
●科名 : サルノコシカケ科
●属名 : ヒトクチタケ属
●名の由来 : 成熟すると二枚貝のように口をあけることから。
●特性 ・日本に広く分布し、早春から夏ごろアカマツに発生する一年生のキノコ類。
    ・大きさは幅1.5~6.5cm、厚さ1~2.5cm。
    ・傘の表面は、赤茶色から褐色で平滑、光沢がある。
    ・松喰い虫がキノコの胞子を媒介するとも言われ、葉が繁って居てもヒトクチタケが生えるようになった松は枯れてしまう。
    ・干し魚のような臭いがして食用に不向き。

きのこの菌糸が松の木にはびこび松の木の腐敗を進行させるわけです。
自然界はその環境が整うと自然発生するわけです。



※松枯れ=マツ材線虫病

世界三大樹木病害(ニレ立枯病、クリ胴枯病、五葉松類発疹さび病)に松枯れ病を加えて世界四大樹木病害と呼ぶそうです。















最終更新日  2012/05/08 10:25:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全76件 (76件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.