1787970 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

WEB内覧会・2階トイ… New! ひより510さん

少しでも自分を高め… New! 宋休さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

屋根の修理に職人探し New! コウちゃん9825さん

ありがたいガスコン… New! 森3087さん

壮大な海軍遺産とス… New! ビジベンさん

大安吉日の「博多筥… New! 神谷商店さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:たのしみは(08/21) 独楽吟を私は、2019.10.4現在341首を詠ん…
 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…
 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…

フリーページ

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

詩吟

2019/09/26
XML
カテゴリ:詩吟
声は人なりが表われる。
感情によって声質は変わる。
怒っているときは怒った声になり、
悲しい時は悲しい声になる。
嬉しいときは嬉しい声になり、
楽しいときは楽しい声になる。
また電話に出るときに声のトーンが高くなる女性が多いではないですか。

某局の元アナウンサーであったMさんから聞いた話ですが入社したてのころは声のトーンが高かった。先輩から視聴者が聞きづらい声だから、声のトーンを下げて落ち着ちつきのある声の方が聞きやすいからと云われて特訓した結果、落ち着いた聞きやすい声で話せるようになったということです。

腹話術があるように声のトーンや質は変えることができるのです。
無意識に今、出ている自分の声のトーンは聞きやすい声ですか。
声を職業にしている人以外は、自分の声のトーンに意識する人は少ないかと思われます。

声のトーンや声の質は意識的に自分で変えることができる。出ている声から、その人の意識をどこ置いているのか、どんな感情域にあるのかを推察できるということになります。







最終更新日  2019/09/26 12:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/24
カテゴリ:詩吟

2019/09/23  13:00~16:20
郡山詩吟連合会 第36回吟道大会「こおりやま吟剣詩舞の祭典2019」
13時から開演でしたが、11時半から弁当配布。まず弁当を食べてからの開催です。
弁当付きの参加費1500円でした。



出吟順位5番目「塞下の曲」を9名の合吟でした。
参加9団体の発表会みたいなものでコンクールではないので気分的には楽に舞台に上がれました。
会場のけんしん郡山文化センター中ホールの舞台に立つと観客席は暗くてほとんど判別できません。舞台照明が強烈なのです。これは舞台に上がった人でないとわかりません。舞台以外でも、その立場になってみないと立ち位置の具合は想像しているものと異なる場合が多いのと似ています。




詩吟は伝統芸能の継承と普及に類するようです。
ただ単にお誘いの声がかかったので気楽に顔を出して見たのが始まりでした。就職した職場の先輩で詩吟をやる人がいて吟じられたのが耳に残っていたのもあります。なんか響くものがあると感じていたわけです。

こおりやま市民文化センターの舞台に独吟で立つことができる日を楽しみに精進しましょうか(^_-)-☆






吟道大会の懇親会は場所をホテルハマツに移して開催でした。
大会が予定よりも早く思ったので懇親会は20分早く始まりました。

加盟7団体、計106名の参加予定でした。会費は@5,500円

ビールの乾杯から始まりました。

各団体それぞれに演芸部をもっているかのような芸達者な人達で場の空気が盛り上がり楽しい懇親会とあいなりました。

















最終更新日  2019/09/24 12:41:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/01
カテゴリ:詩吟
第24回吟道発表会  於:郡山市公会堂

6月29日の吟道大会から約2ヶ月間、自分で選んだ吟を一本吟じこんできました。約1分30秒余りですが各自が緊張感を持って舞台で吟じたわけです。参加約160名余り会場づくりから後片付けまですべて参加された会員でこなすわけです。90才の方がテーブル片付けに加わっていた姿を見てビックリ!

息をどこでどの位、吸うのか。今回は練習の場で先輩に鼻からの僅かなぬすみ息を教えてもらいました。吟じるのは口からですから吟じながら息を口から吐いているわけです。ぬすみ息は鼻から吸う方が合理的であることを知りました。

舞台に上がってみんなの前で吟じることは100回の練習にも匹敵するとも云われています。恥ずかしくないようにこの日に合わせて練習を繰り返して望むわけです。その練習方法のことですが、練習日に吟じた時に先生から指摘してもらったところも含めて録音したものを何度も再生して聞き、吟じ直してみる。そして練習日も練習前に同じように再生を聞き吟じ直してみる。要するに復習と予習をしてから練習に参加したほうが習得が早くなるのではと始めてから3年半もたって気が付いた次第です。あとはやるかやらないかにかかっている。




「ラ」ではなく「下」と書いてあった。
この漢字、初めて見たがこれで吟と読むのだろうか!?




お弁当も各自持参の手弁当でしたが、私たちは1週間前に@500円で手配しておりました。





今日は舞台係で吟を終えた方が退場して急な階段を降りてくる場での年配者への安全確保&介助でした。体重を腕で受け止めるので普段使わない筋肉を酷使するので終盤はグッタリ!会場をあとにしたあとは月光温泉に直行、熱い湯に浸かって疲れをとりました。

月光温泉でひとっ風呂浴びたあとはここ!
月光温泉から東に200mのやきとり鳥起です。

御通しのイカニンジンが美味い!



6月29日の吟道大会(コンクール)から約2ヶ月1本の吟を吟じこんできました。
その発表会を終えた開放感、自分へのちょっとしたご褒美は焼き鳥でした。
3本とも塩焼きを頼みましたが、レバー焼きは、タレ焼きの方が良かった。









最終更新日  2019/09/04 10:51:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/29
カテゴリ:詩吟

おかげさまで漢詩の部、準優勝!(吟道大会・独吟コンクールに於いて)

と云いましても吟じ始めに思わず高音で入ってしまい、軌道修正できずにそのまんま最後まで。これはとても入賞は無理だと思っていたのが結果発表を聞いていたら2番目で番号を呼ばれたので私としては想定外のビックリポン!審査は審査員が点数を決めるものとは云え、ありたい姿の半分位しかできていないと思っていたわけですので、棚ぼたみたいな銀メダルだったわけです。

懇親会が始まり、とりあえず乾杯です。

趣味の一つ詩吟です。
同窓会に顔を出したら同級生複数人から川島君は声がいいね!の声をいただき、単純にでは何か声にかかわることを始めてみようと思ったわけです。
タイミングよく詩吟をやりませんかのお誘いがあり、始めてから3年になります。
詩吟の会にはコンクールがあり、出場すると いつかは優勝をと思う!
優勝するとコンクール出場できなくなるので
1年に1人づつ自分よりも上手い人が居なくなるわけです。ということでチャンスがやがて巡ってくるというわけです。



















現在の私の趣味

1.山歩き

2.詩吟

3.そば打ち



こちら初めて参加した吟道大会 創立40周年記念 吟道大会の様子です。

第41回吟道大会

吟道大会コンクールから7日目。準優勝の賞状と銀メダルも、早色褪せて見えてくる、飾る気にはなれずです。来年はステップアップして優勝狙いで臨んでみたいものです。上昇志向といいましょうか、頂上があるならそこを目指さなくては!とは言っても来年は更にハードルが高くなる。少なくとも4名以上、私よりも上位の方がいるわけですから、決して安易なコンクールではないのです。精進なくしては入賞も危ういという状況なわけです。だからこそやりがいと面白さがあるというものです。

優勝を目指してチャレンジできる楽しみがあるってことはいいね。高校野球は多くの出場校が優勝を目指して日々練習をしている。考えてみれば詩吟では合吟チームに所属している人は合吟チームで優勝を目指して練習支援を後押ししてくれているわけです。一般の方に負けたとなると日々の精進が何だかわからなくなる。合吟チーム指導者のメンツもあるだろう。






最終更新日  2019/07/25 11:49:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/07
カテゴリ:詩吟
創立60周年記念・福島岳風会吟道大会はとうほう・みんなの文化センターで開催され参加してきましたが会場は冷房をかけられて暖房が効かないとのアナウンスが流れ、用意されてるひざ掛けブランケットも足りない。

私は車に戻って防寒着を着込んだが余りの寒さに頭が痛くなってきた経験は初めてだった。昼食休憩の時に表に出て約10分ほどウォーキングしてみた。自宅でルームランナーで10分ほど歩くと身体が温かくなりますが、この日は冷え切ってしまったのか それほど身体が温かくならなかった。

それでも お腹が満たされ防寒具を着込んだのであたたかくなったせい不覚にも寝落ちして記憶が飛んでいたプログラム箇所(第3部3番~12番)があったことが翌日気がついた。肝心なところを聴き洩らしてしまったわけです。月曜日定例練習会で指導の先生と前日の吟道大会の話していて話が噛み合わないヵ所があり私にどうやら寝落ちがあったことが判明したわけです。

それにしても福島県文化センターの冷暖房施設は余りにもおそまつかも!!
私の寝落ちもお粗末でした。年をとるとはこういうことかもしれません。











会場の周辺では桜が咲いておりましたので帰りに花見山へ向かいました。阿武隈川の駐車場は満杯状況をみて、そのまま南下して帰宅となりました。








最終更新日  2019/04/10 10:14:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/02
カテゴリ:詩吟
福島岳風会郡山支部2月度全体役員会議では独吟の詩吟発表があります。私の前で吟じていた方はさりげなく吟じているようにも見えましたが左脚を震わせながら吟じていました。緊張max感が伝わってきます。私の場合「偶成」を吟じましたが緊張しながらやると5本になっていたと云われました(笑)最近は緊張することが少ない生活ですから、たまに緊張感をもってやるのはいいですね!

吟じるときに4本と遠慮して申告してましたが、これを機にこれからは5本で吟じることにしましょうか(^_-)-☆

いずれにしましても 5~60名ほどの前で吟ずるわけです。詩吟を始めてまもなく3年になるわけですが、人前で吟ずることがさほど苦で無くなった自分にビックリです。毎週、合吟チームで独吟をやっていることでの慣れもあるのでしょうね。下手は下手なりに自分の吟を精一杯やればいいと思えれば気が楽です。あと3年たったらどう変化してゆくのか、自分自身が楽しみかも。






最終更新日  2019/02/04 08:34:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/02
カテゴリ:詩吟
詩吟の高段伝位受證祝賀会・忘年会 by ベルヴィ郡山館3F

参加127名ですから50%以上の出席でした。今回の高段伝位受證者が会員の約2割、恐ろしく高齢者構成比率の高い組織です。

人生100才時代と考えるならば、これ以上に高齢者が元気でなければなりません。お隣さんは米寿で宴会芸のトップバッターを務める40年目の会員さんだった。しかし10年後もこの忘年会に参加できるかと云えば半分は無理かもしれません!

出席して「まだまだ若いですね」と云ってもらえるのはこの会ぐらいです(笑)




この忘年会は毎年、市内4方部マイクロバスで送迎です。久しぶりにビールで乾杯!












最終更新日  2018/12/05 12:32:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/11/25
カテゴリ:詩吟
構成吟「川中島の合戦」コンサート

第1回ということなのでどんな吟を聞けるのか期待してでかけました。
出演者がどんな方々かも知らずに
ベルヴィ郡山館4Fのドアを開けたら中は、ほぼ満席。
昼食を食べてから吟詠・詩舞が始まりました。



岳風会では習わない歌謡吟詠も!
吟調も流派が違えば異なりますが
吟の節調がいいものはいいことがよくわかります。
聞きながらため息をつくのが聞こえてきます。
それだけレベルの違う吟を聞かせてくれるわけです。





詩吟はクラウン吟友会の皆さまでした。









最終更新日  2018/11/29 10:06:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/11/23
カテゴリ:詩吟
日本詩吟選手権、東北本部福島地区決勝

福島県から過去日本一に3名選出されているそうで、その3名が模範吟を披露されました。やはりケタ違いであることがわかる吟を聞かせてもらいました。
講評で評価される基準の1、2は吟声と声量だということです。



詩吟は漢詩だけと思っていたのですが、詩吟を始めたら和歌や俳句もあることを知った。

自分で作った自由詩に符丁を付けて吟じられたらいいなぁと漠然に思っていたら日本詩吟協会のコンクールでは、自分で作った自由詩を吟じるコンクール出場もOKだと講評で述べていました。

また譜面を手に持ったままでいいと。マイクも右手で持って、左手に譜面を持つのもOK。

日本詩吟協会の取り組みは柔軟思考であることを知りました。









最終更新日  2018/11/26 11:52:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/11/04
カテゴリ:詩吟

詩吟・秋季昇段審査会

課題吟と指定吟、審査時間は4段審査では約3分
緊張しながら待ち時間は、まるで病院で家族の手術の終えるのを待つような雰囲気、私の前の方は緊張すると足が震えてくると云う! 私は頭でないからまだいいですよ!などなどギャグを飛ばしていました。緊張してくるとおやじギャグを連発する体質なのかなぁ~

審査を終えたあとの解放感を味わうために審査を受けるようなものかも。

講評を聞く会で、詩吟は6段までは低段位と述べていた
奥伝(入会後最短履修年数6年半で認許)ならないと低段位卒業とならないと知りました 😅 

今回の昇段審査会の収穫は、練習方法です。
吟譜を見ながら、CDの模範吟を聞きリズムを覚える。
自分で吟じた吟を録音して聞いて確認する。






今日のランチは、新そば祭りin針生そばの会
詩吟の審査を終え、直行したのは新そば祭り
於:針生公民館

蕎麦粉は会津産の新そばだと云う
一人前150gで@500円

他の新そば祭りを訪ねることで自分たちの開催する新そば祭りのレベルを知ることができるわけです。





やかんの蓋をあけてみたら蕎麦湯が入っていたので、蕎麦湯がある場所なので着席したのですが、その蕎麦湯を知り合いが来客したようなので持って行ったきり戻さない係員の方に「蕎麦湯が置いてあった場所に座ったのに持って行ったまま、元に返してくれなきゃ~」と云わなければなりませんでした。



桜の大木が針生公民館の敷地内にありました。
樹齢100年を超える山桜のように見えます。
桜の咲く季節に見てみたいですね!









最終更新日  2018/11/09 12:32:36 PM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.