610924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ごったニメーションblog

安達元一 ブログまとめ

安達元一 ブログまとめ


これは、アニメ「ドラえもん」に企画協力として関わっている放送作家、安達元一が自身のブログで綴った「ドラえもん」関連記事をめぐる動きについてまとめたものである。なお、この記事は、決して安達への誹謗中傷が目的ではない。記事については、できうるかぎり主観を排し、経緯を単純に綴るのみとした。これを読んでどう思うかは、読者の判断にお任せする。また、この記述については、自らの記憶やネット上の書き込み、検索サイトのキャッシュなどから起こしたものであり、信憑性に欠ける部分も出てくるかと思う。情報及びご指摘があれば、メールフォームから知らせていただければ幸いである。

(11月18日追記:記事の終わりのほうで、「コメントが全て削除された」ということを書いたが、そのコメントがまだ読める状態にあることがわかった(参照ページ)。そこから新たにコメントを追記した。コメントの中には、見当違いや根拠に乏しいと思われるものも含まれているが、公平性を考慮して賛否問わず抜粋した。)

(2007年5月13日追記:先日の2007年5月11日放送分にて、企画協力を務めた安達元一氏がスタッフクレジットから外されたことを確認いたしました。現在は安達氏は『ドラえもん』に関わっていないと思われますが、製作サイドの考えの一端を示すものとして、この騒動はとても興味深いことであると考えておりますので、この記述は今後も残したいと思います。)

安達元一(41)は、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」「ぐるナイ」「世界バリバリバリュー!!」など多くのバラエティ番組の構成作家を務め、担当した一週間の番組の合計視聴率が200%を超えることから「視聴率200%男」の異名をとる。自身も「視聴率200%男」なる著書を出している。

その安達は、現在Yahooブログにて自身のブログを開設しているが、「ドラえもん」についての記述が出始めたのは、2006年4月3日の書き込み。それはテレビ朝日のプロデューサーからお誘いを受けたことに始まる。
最初の仕事は「ドラえもん」映画鑑賞
なんでこれが仕事かというと
先日、お世話になっているUプロデューサーから
電話がかかってきて
「ドラえもんの仕事をやらない?」と‥‥
「なんじゃ?」と不思議に思いつつも
なんか面白そうだから首突っ込んでみようかと思って
現状を視察‥‥
こうして安達は、企画協力として「ドラえもん」に携わることになり、5月26日の放送分から、オープニングのスタッフクレジットに「企画協力 安達元一」と表示されるようになる。


2006年6月9日の記事にはこう書き込んでいる。(→削除前の記事画像
実は私「ドラえもん」もやっているんですよ!
テレビ朝日、金曜日19時~

バカバラエティーのお笑い番組だけの放送作家と思ったら大間違い!
日本の将来を担う子供達に夢を与える「ドラえもん」もやっているのだ!
ちゃんと名前も出て来ますので捜してみてください
普通の作家とは違う位置に出て来ますよ~

私に与えられた使命はドラえもんの視聴率を上げること!
任せて下さい!だてに「視聴率200%男」を名乗ってはいません
まずは、いつもお世話になっているYahooとドラえもんをコラボさせます
Yahoo&ドラえもん
何が起こるのか?乞う御期待なのだ~!

いや~「ドラえもん」なんてやっていると
子供の学校で鼻高々なのだ!
ここで記しているYahoo&ドラえもんのコラボというのが、おそらく現在、Yahooで展開されている「ひみつ道具コンテスト」のことであろう。そしてこの記事から次第に批判的なコメントを貰うようになる。この記事の寄せられたコメントは以下である。
バカバラエティーとはひどすぎやありませんか? クビになった裏番組「ぐるナイ」への当て付けですか? 心が貧しい人にドラえもんなんかやってほしくありません 大体が「数字を上げる」なんて・・・アニメのクリエーターが言うことなんですか?

↑に同意。安達さんのバラエティーは好きですが、ドラえもんはには関わって欲しくないですね。安達さんは人間的魅力がありますが、指導者には向いていないと思いますよ。子供に悪影響が出るかも。
次へ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.