786998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ごったニメーションblog

PR

プロフィール


シンドリャー

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

どたばた1,29861@ はじめまして 私も、林原さん、大好きです。ご懐妊おめ…
ウインド23@ 源静香 キャーのび太さんのエッチ
ヒヨコ戦艦@ 水やり過ぎは根腐れ  > Key坊 > やはり「子供向け映画」というのは、…

お気に入りブログ

watching GIANTS gam… ゆきぼう☆さん
~二次元と三次元の… かめのこ*さん
『熱血!!コロコロ伝… コロ伝編集部さん

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2005年10月01日
XML
さあ、とうとう種デス最終回ー!!このレビュー(なのか、これ?)もついに最後。さあいきましょー!!


デュランダルはオーブへのレクイエムの発射準備を進めていた。キラとエターナルはメサイアを、アスランとAAはレクイエムの攻撃阻止に向かうことに。一方、イザークとディアッカは、エターナルをザフト軍とみなし、援護することに。レジェンドのレイ、ディスティニーのシンが、キラの前に立ちふさがる。と、レイのニュータイプキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!そしてレイは、シンにアスランとAAを追わせ、自分はフリーダムを倒すと。アスランのところへ向かうシン。レイはキラと一騎打ち。と、キラも何かを感じた・・・あの男の気配を。

キラ「なぜなんだ、なぜこんな!!」

自分でもわけがわからず、戸惑うキラ。一方、AAはミネルバと一騎打ち。AAのミサイルが迫る。そして、インパルスも迫ってくる・・・とそこにやってきたのは、アスランのジャスティス。憧れだったアスランを目の前にしたルナマリア。しかし、今となっては、妹を連れ出して脱走した許しがたい存在だった。

ルナ「なんであなたがメイリンを・・・・よくもメイリンを!!」

ジャスティスにビームを放つルナマリア。シールドで攻撃を防ぐアスラン。

アスラン「やめろ、ルナマリア!!お前も。」

ルナとは戦いたくないアスラン。しかし、それでもインパルスは攻めてくる。アスランは、インパルスの腕を切り落とす。

アスラン「邪魔をするな!キミを撃ちたくはない。」

攻撃の手を緩めないルナマリア。しかし、今度は脚を切り取られてしまう。と、そこに、シンのディスティニーが援護に来た。

シン「こんのー!!裏切り者があああ!!」

鬼の形相でアスランに迫るシン。

シン「よくもルナを、ルナをやったなー!!」

シンの種が弾け、フルパワーでジャスティスを攻める!!


そのころ、キラとレイ。あの気配に戸惑うキラ。と、レジェンドと顔を合わせたそのとき、その気配の正体を知る。

レイ「わかるだろ、お前には。俺は、ラウ・ル・クルーゼだ。」

あ然とするキラ。

レイ「人の夢、人の未来、その素晴らしき結果、キラ・ヤマト。ならば、お前も今度こそ消えなくてはならない。俺たちと一緒に・・・生まれ変わるこの世界のために・・・。」


少し昔のレイとデュランダル。ラウの存在を聞くレイ。デュランダルはラウはもういないと告げる。しかし、デュランダルは、

デュランダル「だが、キミもラウだ。」

そういって、ラウの持っていた薬をレイに手渡す。

デュランダル「それがキミの運命なんだよ。」

そのときに彼は、もう一人のラウとして、生きることを選んだ・・・。


もう一人のクルーゼが現れた。信じられないキラ。

デュランダル「逃れられないもの、それが自分。」
レイ「そして取り戻せないもの・・・それが過去。だから、もう終わらせる、、、全て。そしてあるべき姿へと戻る。人は・・・世界は!!」

そう叫ぶレイ。対してキラは

キラ「でも違う!!命は何にだって一つだ!だから、その命はキミだ!彼じゃない!」

キラの言葉に気が緩むレイ。フリーダムの一斉放射で、レジェンドは破壊された・・・。


シン「くそー!!なんであんたなんかにー!!」

アスランに苦戦を強いられ、怒るシン。アスランは、

アスラン「もうお前も、過去にとらわれたまま戦うのはやめろ!!」

ハッとするシンとルナマリア。

アスラン「そんなことをしても、何も戻りはしない。」
シン「何をー!!」
アスラン「なのに未来まで殺す気か、お前は!!お前がほしかったのは、そんな力か!!」

アスランに言われ苦悩するシン。ステラ、マユ。守れなかった二人。そして、レイ、アスラン。彼らの言葉が交錯する。

シン「だけど・・・だけどー!!」

なおもジャスティスに迫るシン。と、そのとき、ルナマリアのインパルスが立ちふさがった。

ルナ「シン、もうやめて!!アスランも!」

と、シンの目に、マユとステラの幻影が飛び込む。

シン「やめろー!!」

ルナのインパルスに向けて、シャイニングフィンガー手のひらビームを放とうとするシン。と、そのとき、アスランの種が弾け、これをガード。

アスラン「このバカチンがやろうー!!」

シンを圧倒し、ディスティニーは破壊され、戦闘不能に。シンを案じたルナが、彼のところに向かうのだった。


ミネルバとAAの対決は熾烈をきわめる。と、AAが180度ターン!!ミネルバの頭上で、バリアント発射!ミネルバはダメージを受ける。さらにジャスティスの攻撃にあい、ミネルバは戦闘不能。不時着する・・・。

デュランダルはレクイエム発射口のオーブ艦隊を排除すべく、ネオ・ジェネシスの発射準備を進める。

デュランダル「全く厄介な存在だな。島○紳助、島○和歌子。ラクス・クライン、キラ・ヤマト。(感謝祭なんかやらなきゃ一時間とれたかもしれんのによー!!)

デュランダルは、ジェネシス発射後、レクイエムでオーブを撃つことを決めていた・・・。

それを知ったイザークは、エターナルに、ジェネシスの発射線上から軍を下がらせるように言う。そして、ジェネシスが放たれた。AAはなんとかこれを回避。射線上には、ザフト軍艦もいた。破壊される艦。デュランダルのやり方に、あ然とするタリア。それからしばらくして、レクイエムも発射されようとしていた。発射口に入るアカツキとジャスティス。レクイエムを破壊し、発射は阻止された・・・。

後編へ続く






最終更新日  2005年10月02日 23時56分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメレビュー・トピックス] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.