788066 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ごったニメーションblog

PR

プロフィール


シンドリャー

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

どたばた1,29861@ はじめまして 私も、林原さん、大好きです。ご懐妊おめ…
ウインド23@ 源静香 キャーのび太さんのエッチ
ヒヨコ戦艦@ 水やり過ぎは根腐れ  > Key坊 > やはり「子供向け映画」というのは、…

お気に入りブログ

watching GIANTS gam… ゆきぼう☆さん
~二次元と三次元の… かめのこ*さん
『熱血!!コロコロ伝… コロ伝編集部さん

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2005年10月02日
XML
前編はこちら


そのころ、シンは・・・夢の中で聞きなれた声を聞く・・・それはステラだった。
桑島さん、二作連続最終回でララァ化キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!

シン「ステラ・・・?どうしたのステラ?だめだよ、キミはこんなところへ来ちゃあ。」
ステラ「大丈夫、だから、ちょっとだけ会いに来た。」
シン「ちょっとだけ・・・?ちょっとだけ、なのか?」
ステラ「うん、今はね。」
シン「今は・・・?」
ステラ「でも、またあした。」
シン「あした・・・?」
ステラ「うん、あした。ステラ、きのうをもらったの。」
シン「ん?」
ステラ「だから、わかるの。うれしいの・・。」
シン「え?」
ステラ「だから、あした・・・。」
シン「ステラ・・・」
ステラ「あしたね、あした・・・・。」

そういってステラは消えていった。ステラの言っている意味を、シンは理解したのだろうか?


レクイエムが破壊され、火柱をあげる。信じられない様子のデュランダル。そして、シンは、夢から覚めた。泣いて喜ぶルナマリア。シンは火柱を見る。

シン「あれは・・・?」
ルナ「レクイエムよ・・・。オーブは撃たれなかった・・・。」

それを知ったシンは・・・ルナマリアに抱きつき、大泣きする。自分のやろうとしていたこと。そして自分の愚かさを、改めて知ったのだろうか?ルナもまた涙を浮かべるのだった。

そのころ、ミネルバのタリアは、艦をアーサーに任せ、一人ある場所へ向かおうとしていた。


フリーダムとエターナルにやられ、崩壊寸前のメサイア。そこにキラとデュランダルが初めて顔を合わせる。(そのとき、デュランダルを案じて、レイもそこに向かっていた。)キラはデュランダルに銃口を向ける。

デュランダル「なるほど・・・だが本当にいいのかな、それで?」

彼もまたキラに銃口を向ける。

デュランダル「やめたまえ。やっとここまで来たのに。そんなことをしたら、世界はまた元の混迷の闇へと逆戻りだ。私の言っていることは本当だよ。」
キラ「そうなのかもしれません。でも、僕たちはそうならない道を選ぶこともできるんだ。それが許される世界なら。」
デュランダル「ふん、だが、誰も選ばない。人は忘れ、そして繰り返す。もう二度とこんなことはしないと、こんな世界にはしないと、一体誰が言えるんだね。誰にも言えはしないさ。むろんキミにも、彼女にも、やはり何もわかりはしないからさ。」

そこにレイもやってきた。陰で二人の様子を見つめるレイ。デュランダルも気づいた。

キラ「でも、僕たちはそれを知っている。わかっていけることも、変わっていけることも。だから、明日がほしんだ。どんなに苦しくても、変わらない世界はイヤなんだ。」
デュランダル「傲慢だね。さすがは最高のコーディネーターだ。」
キラ「傲慢なのはあなただ。僕はただの一人の人間だ。どこもみんなと変わらない。でも、だからあなたを撃たなきゃならないんだ。それを知っているから。」

タリアもその場に現れた。キラは引き金を引こうとする。

デュランダル「だが、君の言う世界と、私の示す世界。皆が望むのはどちらだろうね?今ここで私を撃って、再び混迷する世界を、キミはどうする?」
キラ「覚悟はある。」

と、レイが銃を取り出す。キラは・・・

キラ「僕は、戦う。」

そして銃声が鳴り響いた。血を流して倒れこむデュランダル。撃ったのは・・・・レイだった。泣き崩れるレイ。タリアがデュランダルのもとに駆ける。レイが撃ったことを知るデュランダル。

レイ「ギル・・・ご、めんなさい・・・でも、彼の・・・明日は・・・?」
デュランダル「ああ、そうか・・・。」

崩れゆくメサイア。キラはタリアに呼びかけるが・・・

タリア「この人の魂は私が連れて行く。」

タリアはここに留まることにした。そして、キラにマリューへの伝言を頼んだ。

タリア「子供がいるの。男の子よ。いつか会ってやってねって。」

おお、そうか。んで、その子がマリューの養子になって、この話の続きは、テ○朝毎週金曜19時からのアレになっていく・・・・わけないだろ!!!
キラは了承し、その場をあとにした。

マルティンデュランダル「すまないね、エヴァタリア。でもうれしいよ。」
エヴァタリア「しょうのない人ね。でも本当、仕方がないわ。これが運命だったということじゃないの?」
デュランダル「やめてくれ・・。」

そしてタリアはレイを呼んだ。次々と崩れていくメサイア。

タリア「あなたもよく頑張ったわ。だから・・・もう、いい・・・。」

レイを優しく抱きしめ、声をかける。

レイ「お・・か・あさん・・。」

メサイアは完全に崩壊した。それを見守るキラ。泣いて眺めるシン。こうして戦いは終結した・・・のか?


ってなんかさっぱりわかんねえよ、これ。どうしてああなっちゃうわけ?んで、最後は、ああストライクフリーダムだよ。もう、シン立場なし・・・。とりあえず、総まとめは、次に書くということで。

さて、このあとは、シンはシンでも、ちゃんとした主人公のしんちゃんでも見るとしよう。

よかったら、投票お願いします→






最終更新日  2005年10月03日 00時18分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメレビュー・トピックス] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.