730564 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ごったニメーションblog

PR

プロフィール


シンドリャー

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

どたばた1,29861@ はじめまして 私も、林原さん、大好きです。ご懐妊おめ…
ウインド23@ 源静香 キャーのび太さんのエッチ
ヒヨコ戦艦@ 水やり過ぎは根腐れ  > Key坊 > やはり「子供向け映画」というのは、…

お気に入りブログ

watching GIANTS gam… ゆきぼう☆さん
~二次元と三次元の… かめのこ*さん
『熱血!!コロコロ伝… コロ伝編集部さん

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2006年02月05日
XML
第17話「約束おぼえてる?」
脚本:藤咲淳一 絵コンテ:ヤマトナオミチ 演出:安藤健 作画監督:山沢実

<あらすじ>
リクを救おうとシベリア鉄道から身を投げ、吹雪の中で気を失ってしまった小夜。
目が覚めると傍にはハジが。ここは夢の中なのか、
ロシアに現れたという翼手を二人きりで追う小夜とハジ。
小夜のロシアでの記憶が紐解かれる……。 (公式サイトより)

<感想・レビュー>
今回は、小夜の夢の中での話。ハジの髪型や衣装が違う。表情も、めったに見せない笑みを見せて、いつものハジとはなんとなく違う。一方の小夜も、ハジに対して、いつもと何だか違う接し方をしている。一体、これはいつごろのことなのか?「革命」という言葉が出てきたあたりから察して、1917年のロシア革命あたりの頃か?

二人はグレゴリーという男を捜しているらしい。ある村で二人は、ユーリという学者の娘、ソーニャに出会う。って、エウレカじゃん…
で、エウレカ、じゃないソーニャは、小夜たちを自分の家に招待するのだが、家に続く小さい橋が崩れて、二人は川に落ちてしまう。

で・・・ソーニャの家に着き、濡れた服を乾かしている間、小夜たちは毛布をくるんで、寒さをしのぐんだけど・・・上半身裸のハジが、小夜たちに紅茶を入れにやってくる(笑)
あ~、SEEDに続き今回もサービスシーンですか…女性ファン、キャーキャー言ってるだろうなあ~。小夜は当然、あっち行けというわけで・・・。

後半、外で不審な動きをする老婆を見たハジは、グレゴリーではないかと思い、彼女を追って外に出る。が、どこからか丸太が飛んできて、ハジを串刺し!!うわあ、これもこれで、血が流れるよりもエグい。これで、ハジは死んだ・・・と思いきや、後で生き返るんだなあ、これが。何者だ、ハジは!?

翌朝。村の人たちから、自分たちの研究が悪魔だと嫌われていソーニャは、自分たちの研究、人が人を作って何がいけないのかと小夜に問う。人は、麦を改良して、寒さに強いものに変え、家畜を改良して、肉やミルクや卵のとれる家畜にした。人は、神の領域に踏み込み、踏み越えることを許されているというのに。小夜は、ソーニャに諭す。何のためにやるのか、そして、作り出されたものは何も望んでいないと。

その後、朝ごはんの仕度をしようとするソーニャだったが、老婆に斧で斬られてしまう。老婆は、彼女が村人の生き血を吸う悪魔だと小夜に言い放つ。が、そこに翼手の手が老婆を掴み、殺してしまう。
その翼手の手は・・・ソーニャのものだった。
「やだー、エウレカー!!(byレントン)」

ソーニャを追うハジと小夜。ハジは、ユーリはグレゴリーの研究を手伝っていて、グレゴリーが暗殺されたという1916年に、この村に戻ってきたという。しかし、実際はソーニャこそグレゴリーだったのだ。
ソーニャに追いつくと、そこには馬車に乗った一人の男がいた。彼はアンシェル。グレゴリーの長兄らしい。(ちなみにC.V.は、ギロロ伍長だ。)
アンシェルは、今は退くようにとグレゴリーに言う。ディーヴァは眠りを望んでいると。
しかし、ソーニャ、いやグレゴリーは、あらゆる障害からディーヴァを守ることが、我々シュバリエの役目だと言って、小夜と戦うことに。それを聞いたアンシェルは了承し、そこを立ち去るのだった。

翼手に変身し、ついに本性を現したグレゴリー。小夜に襲いかかってくる。刀を弾き飛ばされ、刀を取ろうとする小夜に、なおも襲いかかる。と、そこにハジが、自らの身体を盾にして、小夜に刀を取らせる。いつものごとく、刀に血を流し、その刀をグレゴリーに突き刺す。グレゴリーは石化し、倒れた。

戦いを終えると、疲れたようにその場に倒れる。長い眠りが来るのだろうのかと小夜は心配する。小夜は、ハジに、「約束」を覚えているかと聞く。

「私がディーヴァを狩ったら、、、」

そう言って小夜は眠りについた。ハジは、どんなことがあっても小夜をずっと見守ると。たとえ、小夜が別の何かになろうとも、離れ離れになろうとも、必ず小夜を見つけると。だから、今はゆっくり休むように、小夜に優しく語りかけるのだった。


目が覚めると、小夜はハジの腕の中にいた。夢の中の出来事を話す小夜。ハジと交わした約束は、なんだったのかと小夜はハジに聞くが、ハジは、そのときが来ればわかると言うだけだった。そこに、リクが声をかけてきた。リクも無事だった。リーザの姿もあった。小夜たちは、リクたちと再びエカテリンブルグに向かう・・・。

何というか、小夜とハジの関係が、ハジが小夜に従うという単純なものではないようだ。小夜とハジが交わした「約束」とは一体、何だったのだろうか?口パクから察して、「結婚しようよ・・・」ではなかろうか?これはやっぱり、ハジの言うとおり、そのときが来ればわかる話なんでしょうか??

さて、次回は、「エカテリンブルグの月」
織田裕二率いるシージャック集団が・・・って、それは「お台場の月」だって!!(byOD2)


よかったら、クリックお願いします→banner






最終更新日  2006年02月05日 14時32分22秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメレビュー・トピックス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.