000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

しっぽな生活

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

たぬこ

2008年03月25日
XML
カテゴリ:たぬこ

こちらは午後から天気が崩れ、雨雨になりました。

たぬが逝ってから一年が経ちました。

もう一年の様なまだ一年のような・・・

ふさふさの似た猫を見たり(とは言え、なかなかあの煮染めた雑巾色の毛皮の猫はいないかも)我が家の猫達のふとした仕草で、そう言えばたぬは・・・ なんて、ぽちと時々たぬを思いだしたりします。

でもぽちは泣き虫な犬なので、涙ぽろりうるうるすることもしばしば。

特に猫の事となるとかなり弱いです泣き笑い

その分私がしっかりしなくちゃいけません。

?たんちゃん。

命日でした 

命日でした

あなたがうちに来てくれた事、一緒に過ごしてくれた事に感謝しています。

これからも泣き虫ぽちと私や猫達のこと見守っててね。

 命日でした

色合いは悪いけど、たぬの好きな物ばかりです。







最終更新日  2008年03月26日 15時10分26秒
コメント(6) | コメントを書く


2007年08月16日
カテゴリ:たぬこ

たぬが亡くなってはじめてのお盆でした。

たぬが大好きだったすいかきゅうりを用意して、たぬを偲びました。

 

お盆だった・・・

 

しかし実はメロンの方が好きだったりして・・・

お盆だった・・・

スイカやメロンの他に、ほうれん草・きのこ・ポッキーの持つ所なんかも好きでしたねスマイル

たぬは元気な頃、ぽちが階段を降りる時に、よく足元にまとわりついて困らせてました。

今、他の子達は先にさっさか階段降りていくので、ぽちも困ることは無くなったんですが、「階段降りてたら誰もいなかったのに、足元にスリスリって感じた...」ってぽちが。

たぬが帰ってきたんだとぽちは信じてます。きっとそうだね。

たぬ、また帰っておいでねハート(手書き)

 

お盆だった・・・

 







最終更新日  2007年08月17日 02時13分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年04月05日
カテゴリ:たぬこ

自分がたんちんと初めて出会ったのは、4年前ここに遊びに来たときです。

当時はまだ6匹しかいなくて、くろとしろは側にいるものの寄って来てくれず、たんちんだけが挨拶に来てくれました。

愛想がよくてかわいい子だなって思いました。

もともと目立つ存在でしたが、ここ最近は自分にとって特に、いつも側にいるといった感じでした。

どこかに出かけて帰って来て戸を開けると、待ち構えててサンダル(足が悪くてスリッパを履けないため。)にすりすり・ぐりぐり。

なぜか、まっきーのではなく自分のサンダルが好きでした。

1回捕まってしまうとなかなか動けません。 

たんちんとの思い出

たんちんとの思い出2

しかし、こういうときに限ってトイレに行きたかったりします。

たんちんの気が済むまでやらせてあげてからトイレに直行!

ところがこれまた付いて来ます。

トイレで流した後、便座のふたに乗って、流れてくる水を飲むのが好きだからです。

寒い日でも付いて来て、便器の横のタイルの所でじっと待ってました。

台所はもちろん、洗面所で歯磨きする時もついて来て、水を出してくれって言ってましたね。

たんちんとの思い出3  たんちんとの思い出4

流れる水ばかり飲んで、汲んで置いてあるのはほとんど飲まないんですよ。

トイレで思い出すのが、たんちんはとてもキレイ好きで、用を済ませた後の砂かけの念入りさといったら・・・フタの上の方までカシャカシャカシャカシャ。

トイレの前を通る時、臭ったら(うり・ちゃおはう〇こしても砂をかけないんです)代わりに砂をかけに行ったりして。

そんなたんちんだから家に居る間、どんなに具合が悪くても、ちゃんとトイレまで行って、失敗したことがありませんでした。

 

今でもトイレに行って流すと、たんちんの為にフタを閉めそうになります。

たんちんの病院は自分がリハビリに通ってる病院のちょっと先だったので、リハビリに行く時についつい思い出して辛くなります。

 

虹の橋で会えるときは、自分の体も治ってるから、おもいっきり抱きしめて、おもいっきり遊ぼうな。

たんちん、大好きだよ。ずっと忘れないからね。

 

たんちんとの思い出4

 

たんちんとの思い出5

たんちんとの思い出6

たんちんとの思い出7

by ぽち

 

ふーちゃんが失踪して1ヶ月経ってしまいました。まだまだ諦めた訳ではありませんが、日数をカウントするのは止めることにしました。

最後に会った日、珍しく缶詰を沢山食べて、満足気に顔を洗っていた姿が頭から離れません。どこかで新たにご飯をもらえる所が出来ていればいいのですが。







最終更新日  2007年04月06日 02時07分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年04月04日
カテゴリ:たぬこ

今日は昨日に続き、ちゃおの子猫時代、たぬが乳母猫していた写真ですスマイル

またまた、たぬのこと

ちゃおは他の2匹の兄弟猫と一緒に我家にやって来ました。

またまた、たぬのこと2

一番のびびり屋で、なかなかなついてくれませんでしたが、たぬがよく面倒を見てくれてたので助かりました。

またまた、たぬのこと3

またまた、たぬのこと4

ちゃお以外の他の2匹は里親さんが決まりもらわれていきましたが、ちゃおは怖がりだったのでなかなか決まらず、とうとううちで引き取ることとなりました。

子猫がちゃお1匹になってからも、たぬはよくちゃおを舐めてやったり、一緒に寝たり、微笑ましい姿を思い出します。

またまた、たぬのこと5

またまた、たぬのこと6

そして、少し大きくなってからは、意外にもうりがちゃおの世話を焼いてて、ちょっとびっくりしたこともあったっけね。

 

ほんとに明るくて、とっても楽しい猫だったたぬ。

ちょっとした小さな幸せも、とっても大きな喜びに感じることができる猫で、私もそうありたいなと、いろいろ教えられることもありました。

今でもなんだかドアを押して、向こうの部屋からゴロゴロいいながらやって来るような気がして・・・

料理をしてても野菜を切ってると、すかさず見つけてやってきてはねだってたから、いつも急いで調理して・・・

でももう急いでしなくても欲しがる子はいないから・・・

ほうれん草を切りながら、ああそうだったと思ったり・・・

しばらくはこんな時間が続くんだろうな。

でも、たぬがうちに来てくれて、たぬに出会えて本当によかった。

いい飼い主じゃなかったかもしれないけど、ずっとずっと大好きだからね、ほんとに今までありがとう。

いつか虹の橋で会えるの日まで・・・

明日はぽちがたぬを語ります。

 

ふーちゃん失踪31日目・・・







最終更新日  2007年04月05日 00時56分28秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年04月03日
カテゴリ:たぬこ

色々やらかしてくれたたぬだけど、子猫の面倒をみるのが得意でした。

今まで何匹か子猫(そういえば子犬もいたね)を預かってきましたが、たぬは乳母猫として子猫達の面倒をよくみてくれました。

預かってたちび猫達もたぬになついて、後をついて歩いてましたスマイル

ほとんどの子は里親さんがみつかってもらわれましたが、残ったのが落太郎、うり、ちゃおです。

人間が世話するといっても子猫を舐めてやったりできるわけでもないので、たぬが乳母猫してくれてほんと助かりました。

時々しつこく舐めて、子猫達ちょっと痛そうだったけどねあっかんべー

たぬが面倒をみて、もらわれていった子猫達、今頃里親さんのおうちで元気にしてることでしょうスマイル

写真の残ってる何匹かを紹介しま~すウィンク

 

続・たぬのこと

ちびっこ落太郎とたぬ

続・たぬのこと2

大きくなっても甘えん坊の落太郎とたぬ

 

 

続・たぬのこと3 

欽ちゃんとたぬ

(萩本欽一に似て垂れ目だったので欽ちゃんと呼んでましたあっかんべー無事里親さんが決まりもらわれました)

 

 

続・たぬのこと4

くろちゃんとたぬ

(他に2匹の兄弟と一緒に預かり、数時間おきにミルクをあげてたのを思い出します。くろちゃんだけ弱ってて危なかったけど、なんとか回復、他の2匹に遅れて無事里親さんにもらわれました)

写真が多くなるので、ちゃお子猫の頃とたぬの写真はまた明日。

でも、うり子猫の頃とたぬの写真は何故かなくて・・・うり、ごめんよ~雫

 

ふーちゃん失踪30日目・・・







最終更新日  2007年04月04日 02時37分12秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年04月01日
カテゴリ:たぬこ

たぬは我家にやってきた4番目の猫です。

里親が見つかるまでの間ということで、もう1匹の白猫ちゃん(我家のしろとは別の猫で、この子は里親さんが決まり無事にもらわれていきました)と一緒に仕事場の一室で預かっていました。

来た時からとっても人なつっこい子で甘えん坊の明るい猫だったけど、毛皮はパサッとしてて色もなんだか煮しめた雑巾の様ほえー

そして、2,3日したら、なんか口から吐いたので見てみたら、うぎゃ~、なにこれ?

ひ~っ!びろびろ~んとしたきしめんみたいなのがショックショック

病院に連れて行ったら、マンソン裂頭条虫でしたショック

そして結局白猫ちゃんはもらわれたものの、たぬは里親さんがみつからないままその年の年末が近づき、しゃ~ない、じゃ、うちの子になっちゃう?ってことで我家にやってきました。

毛皮の感じと体型で、よし、あんたはたぬこだ、って安易なネーミング(我家は大体みんなこんな感じ)雫

たぬはすぐに自分の名前を覚えて、我家でみんなに、たぬですどきどきハートたぬですどきどきハートってごろ~んとひっくり返って愛想を一生懸命振りまいてたのを見て、最初は微笑ましかったんですが、そのうち必死に家においてもらおうとしてる姿に、そんなに頑張らなくても、もうここがたぬの家なんだからね、って言ったのを思い出します涙ぽろり

しばらくごろんごろんひっくり返ってましたが、そのうちもういいかって思ったのかやらなくなりました。

でもちゃっかり者のところもあって、家に来たその日にはもう夜は当然のように私の布団にやって来て、くろがいつも寝ている場所に入ってきたので、くろがちょっとムッとしていたっけ。

 

たぬのこと

ボールに入って得意げなたぬ

そしてその年のお正月、事件が!

元旦の朝、家族で新年の食卓を囲んでいる時、ふと窓の方を見ると、サンルームの屋根にたぬに似た猫が。

ね~、あの猫たぬにそっくりだね~、ほんと~って、たぬじゃん!どっからでたんじゃ~!びっくり

ベランダの下にサンルームがあるのですが、どうやらベランダの、ここからは子猫じゃないし出る奴はいないと思ってた(実際他の猫は出られなかった)細~い隙間からぬるりとサンルームの屋根に出たようです。

本猫はなんだかよくわかってないようで、うふふっと屋根の上をウロウロ。

こちらは屋根から落ちるんじゃないかとハラハラ。

慌てて二階の窓からサンルームの屋根に降りてたぬを捕獲。

やれやれなお正月でした。

 

たぬのこと2

毛繕いに余念のないたぬ

そして翌年のお正月にもまた事件が。

同じく元旦の早朝。私の布団に一緒に寝ていたたぬが突如、あががっと叫んで布団から飛び出していきました。

私は何が起こったのかわからず、慌てて飛び起きて追いかけました。

そして追いかけながらよく見ると、どうやら首輪がずれて下あごにひっかかって、口輪のようになってしまってましたショック

本猫はパニックになってるので、やたらめったら走り回って、外してやろうにも捕まりません。

そのうち家族もみんな起きて来て、総出で捕り物帖となりました。

あちこち行くたぬをやっとの思いで捕まえて、首輪をはずした時にはみんなすっかり疲れきってましたしょんぼり

またもや元旦からやれやれなお正月となったのでした。

そしてその時から我家は首輪廃止NGになったのは言うまでもありません。

 

たぬのこと3

首輪が似合うたぬ

まだ続く・・・!?

 

ふーちゃん失踪28日目・・・







最終更新日  2007年04月02日 01時31分16秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年03月29日
カテゴリ:たぬこ

たんちゃんへのお言葉や励ましのコメント、本当にありがとうございました。

皆さんのあたたかいお気持ちにとても元気付けられました。 

うちには他に猫はまだいますが、たんちゃんは(もちろん他の子達も)沢山いる中の1匹ではなく、かけがえのない大切な1匹なんだということをあらためて感じています。

 

たんちゃんは、亡くなった翌日、お寺で荼毘にふしました。

小さな壷に入って我家へ帰ってきて、今は棚の上からみんなを見守ってくれています。

たぬの大好きだったおいもやりんごも一緒に、そうだあのカリカリも、このおもちゃもと、色々置いたら満員になってしましました。やりすぎだにゃ~って笑ってるかもしれませんね。

いつも明るくて愉快で、一緒にいると心が楽しくなる猫だったたんちゃん、いつまでも泣いてたらきっと心配するね。

でももう少しだけ、きっと元気になるから・・・

 

たんちゃん・・・

 

 

ふーちゃん失踪25日目・・・







最終更新日  2007年03月30日 01時44分17秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年03月27日
カテゴリ:たぬこ

自分達が愛してやまないたんちんが25日の昼前に逝ってしまいました・・・

 

腎不全で入院していたのですが、23日の朝から尿毒症を併発し、痙攣するようになりました。

お見舞いに行くとICU(集中治療室)に入れられ、点滴を打たれているのに、またあの異常行動で狭い中をふらふらしながら回っていました。

とても動けるような状態じゃないはずなのに・・・そして少しして痙攣がおきました。

すごく苦しそうで辛そうでした。

痙攣が治まった後はぐったりして、呼びかけても意識かあるのか良く分からない感じで。

何度か痙攣止めの注射を打たれてて、ぼーっとしているのはそのせいもあると言われましたが・・・

先生からはもう相当悪い状態で、連れて帰って看てあげることも考えた方がいい・・・けど点滴はずっと打っていた方が良い、と判断に困る言われ方をされました。

望みは限りなく少ないけど、全くではないような言い方だったので、ちょっとの望みにかけてみようと思い、置いて帰ることにしました。

 

次の日にも面会に行きました。

その日も朝からぐるぐる回って、痙攣が起きたので痙攣止めの注射を打ったと言われました。

着いた時にはぐったりと横になっていて、目は開けているものの反応は全くありません。

この日は先生が不在だったので、明日の様子と先生との話によっては、もう連れて帰ろうと思いはじめていました。

 

翌朝(25日)面会に行くと、今日も何回か痙攣をおこしていて、とても悪い状態だと言われました。

とても苦しそうにしていたので、連れて帰ることにして、しばらくたんちんと二人にされた時に、たんちんが自分の目を見て「あう、あう」って何か言ってきたような気がします。

苦しくてうめいていただけかも知れませんが、自分には「ありがとう」って聞こえました。

そしてその後、車に乗せて看護士さんと話をしている時に、急に苦しそうに荒い息を2回して、自分の前で逝ってしまいました。

 

もっと早く家に連れて帰ってあげればよかった。

もっと早く病気に気付いてあげれていたら・・・悔やんでも悔やみきれない・・・たんちん、こんな飼い主でごめんな。

今はやっと苦しみから解放されて、天国で元気にしてるよね?

 

たんちん・・・

 

最後になりましたが、コメントを書いてくださった方、陰ながら心配くださった方、本当にありがとうございました。

by ぽち・まっきー

 

ふーちゃん失踪23日目・・・







最終更新日  2007年03月28日 02時05分54秒
コメント(18) | コメントを書く
2007年03月22日
カテゴリ:たぬこ

たんちん(たぬこ)は今、腎臓病と闘っています。

 

たんちん1

 

おととい入院して、いつもと同じ注射と点滴に、ブドウ糖の点滴(栄養を補う為)と強制給餌でご飯を食べさせるというのが追加されているはずです。

腎臓が悪いと気持ち悪くて食べられなくなるそうですが・・・強制給餌とは食べたくないのを無理やり食べさせて、食欲を誘発させるという・・・

辛いだろうけど頑張ってほしい。

明日また血液検査をして、腎臓機能の数値が下がっていれば、退院できると思います。

今は数値が下がっているのを祈るばかりです。

 

たんちん2

 

トイレの水を飲むのが大好き

by ぽち

 

ふーちゃん失踪19日目・・・







最終更新日  2007年03月23日 02時09分17秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年03月21日
カテゴリ:たぬこ

通院を続けていた、たぬですが、昨日とうとう入院となってしまいました。

注射と点滴で、ミルクを少しは飲むようになったのですが、相変わらず食事はしないまま。

もう1週間ぐらい何も食べてないので、さすがによろしくないということで入院となりました。

ブドウ糖の点滴や強制給餌でご飯を食べさせるということです。

たぬを預けての帰り道、二人とも無言。

そして今日、たぬが良くなるようにと、ふーちゃんが戻ってくるように、神社にお参りに行ってきました。

 

とうとう入院1

 

普段、全然信仰心のない私達ですが、苦しい時だけの神頼み。

お賽銭入れて、昨日調べた正しいお参りの仕方(ぽちがこういうのは正しくやらないとダメだって言うんで)って通りに参拝。よくよくお願い。

お守りも購入して、おみくじも引いてみた。

 

とうとう入院2

 

凶だった・・・がーーーーーん。

ちょっぴり打ちひしがれて帰って参りましたしょんぼり

今頃たぬはどうしてるかな・・・

下の写真は昨日、病院に行く前のたぬです。

とうとう入院4

とうとう入院3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふーちゃん失踪18日目・・・







最終更新日  2007年03月22日 01時10分17秒
コメント(6) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.