1927404 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

エピファニー

●よかったら関連ページにも遊びに来てね!

意識デザイン.jpg
■意識デザイン

当社のメインWebです。
ぼく自身が講師をしているワークショップ、個人セッションのご案内もこちらからどうぞ!



■フェイスブック

まだ不慣れなのですが……。



■ツイッター

忙しくてブログを書けないときにも、けっこう呟いています^^

 
■まぐまぐ

メールマガジンも発行しています。バックナンバーの閲覧、ご購読の登録はこちらから。
2018/05/25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




3月に『ピークパフォーマンスのために』という
ワークショップを開催した。
 
 
きっかけは、英語の学習グループを主宰したことだった。
 
はじめは、みんなやる気に燃えて学習に取り組むんだけれど、
同じことをやっても「楽しい」と思って取り組める人と、
「苦しい」と思って自分に鞭打つような形になっちゃう人がいる。
 
あるいは、集中できる人と、できない人。
 
学習したことが身につく人と、なかなか身につかない人。
 
さらにいうと、はじめから「2年間」と決めて
スタートして、ちゃんと続けられる人、途中で脱落しちゃう人。
 
 
 
前者と後者(いっときネット界隈で流行ったけれど^^)の
違いはどこにあるのか?
 
──けっきょくは、意識とエネルギーの問題ではないだろうか。
 
 
ということで、開催したのが上記ワークショップだった。
 
 
ワークショップの様子をビデオ撮影をしたので、
ご関心のある方はこちらをご覧いただきたい。
 
 
  
 
 
ただ、後になって、ひとつお伝えし忘れたことに
気がついたので、参加者に追加で文書を差しあげた。
まぁ、せっかく書いたものだから、今回は特別に
こちらでもシェアをさせていただくことにする。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ルーティン、アンカリング、トリガー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
毎日の日課だけれど、それなりに気持ちを高めて
強いテンションでコトにあたる必要があるときには
「ルーティン」をつくることをお勧めします。
 
ルーティンとは「決まりきった仕事」のことを言います。
 
このため、ルーティンワークというと、誰にでもできる
退屈な仕事というイメージもあるでしょう。
 
ところが、最近はピークパフォーマンスの観点から
この言葉が使われる場面が増えてきました。
 
コトにあたる際に、お決まりの所作をすることにより
強いテンションを再現するわけです。
 
ひところ、野球のイチロー選手がバッターボックスに
入る際の一連の仕草が話題になったのを憶えている方も
多いでしょう。
 
あるいは、ラグビーの五郎丸選手がボールを蹴る前の
パフォーマンスとか。
 
相撲でいえば四股を踏むのもそうでしょう。
 
スポーツ以外でも、書道であれば墨をすることとか、
あるいは小説家はよく「仕事の流儀」について
語るのですが、気持ちを調えて執筆に取り組むために、
たとえば鉛筆を10本、ナイフで削るとか……、
どんな分野でもそれなりの成果を収めている人は
必ずといってよいほど、仕事に臨む前の自分なりの
ルーティンを持っているものです。
 
たとえば英語学習でいうなら、お風呂から上がったら
まずはじめにリスニングをやるとか、アロマを
炊いてから単語学習をするとか、英文読書のときには
お気に入りのハーブティを淹れて本を開くとか……。
 
実際にやっていらっしゃる方もいるでしょうが、
条件反射的に気持ちが調うことに気がつくことでしょう。
 
 
 
 
先生によって、言葉の定義が若干異なりますが、
よく似たテクニックに「アンカリング」という
方法があります。
 
アンカーというのは船の錨(いかり)のことです。
 
おもにNLP(神経言語プログラミング)で使われる
手法ですが、ある刺激を与えると、特定の意識状態
になるという条件づけをする手法です。
 
たとえば、脳波がα波主体の状態を経験したら、
その際に左手の親指、人差し指、中指の三本の指先をくっつける
──そうするとその動作とα波主体の状態に紐づけができ、
後はいつでも三本指でその動作をするだけで、
自然とα波主体の状態が再現されるようになっていきます。
 
まるで船が錨をおろすことによって、特定の場所に
固定をされるかのようなので、「アンカリング」と
言われるようです。
 
有名なところでは、元ジャイアンツの桑田投手は、
ピンチになると自分のグラブの中でボールの縫い目を
見ることによって、平常心を再現するようにしていたそうです。
 
 
 
先生によっては、上記の「ルーティン」も
「アンカリング」とイコールだと説明する人も
多いようですが、ここでは一応区別をしておきます。
 
「ルーティン」は、ある程度時間をかけて
自分を特定の意識状態にもっていく一連の所作
 
「アンカリング」は、瞬間的に自分を特定の
意識状態にもっていく単一の動作
 
──というふうに区別します。
 
 
 
たとえば、英語学習を開始するまえに、ある程度
時間をかけてお茶を淹れたり、アロマを焚いたり
するのは「ルーティン」。
 
それに対して「アンカリング」は、学習の山場、
たとえばリスニングや単語の暗記の仕上げに際して、
集中力をマックスに持っていきたいときにやります。
  
やり方は、先ほどの「三本指」のほか、「耳たぶを引っ張る」
「小指の爪の両端をつまむ」などなど……、
かんたんだけどふだんはあまりやらない特殊な
仕草がよいとされます。
 
今回ご案内した復習用動画をご覧になって、
たとえばドーパミンやノルアドレナリンを分泌する
トレーニングをした際に、ご自分なりの
アンカリングをセットなさるとよいでしょう。
 
 
 
 
そして、これもまた先生によって言葉の使い方は分かれるのですが、
しばしばセットで語られるのが「トリガー」。
 
先ほどの話でいうなら、「三本指」はアンカリングのための
トリガー(引き金)だとされます。
 
通常は、アンカリングのためには、事前に特定の意識状態と
特定の仕草を紐づけるように仕込んでおく必要があります。
 
でも、たとえば一流の催眠術師は、そんな仕込みもせず、
前触れなくクライアントを催眠状態に入れちゃったりします。
 
たとえば、机の上を軽く叩いたり、わざと曖昧な話し方をしたり……。
そうすることによって、顕在意識の流れが一瞬中断されて、
潜在意識と繋がる……。
それは仕込まれたアンカーとはちょっと違います。
だから、ここでは「トリガー」を「アンカリング」とは
区別して扱うことにします。 
 
 
 
催眠術師ではなく自分で、自分自身の顕在意識の流れを
中断させるのはちょっと工夫がいるのですが、
ぼくは指で軽く机を叩いたり、あるいは連続して何度か
舌打ちをすることによって、軽い音を立てるという方法を使います。
 
顕在意識の流れを中断させることによって、
雑念がストップして集中しやすくなったり、
潜在意識に記憶が定着しやすくなるんです。
 
 
 
あるいは別の系統のトリガーとして、『ピークパフォーマンスのために』
のなかでご紹介した、ドーパミンを分泌させるワークも使えます。
 
自分の上半身を前後に揺する方法です。
 
※この方法をお教えしていないグループもありますが、
 復習用動画には入れてありますので、よかったらご覧になってください。
 
やってみると分かるけれど、気分が高まってくるはずです。
 
ロックミュージックを聴いているときも、
自然と身体がそのように動きますよね。
 
じつを言うと、それはセック.スをしているときの
身体の動きでもあります。
ドーパミン+生命力に直結する根源的なエネルギーを
動かすための、もっともシンプルで効果的な方法です。
 
英語はもともとリズムの言葉だし、ぼくが使っている
単語学習教材が『キクタン』シリーズといって、
音楽に乗せて単語を覚えるものだから、ぼくは
英語学習が佳境に入ると、しばしば意図的に
身体を動かすようにしています。
 
 
 
 
ルーティン、アンカリング、トリガーは身体動作だけでなく、
たとえばバドミントンの奥原希望選手の「感謝のつぶやき」
のような「ことば」もまた有効です。
 
ただ、「ことば」は誰かといっしょにいるときには
使いづらいし、英語学習のように口を使っている
最中にもやりづらいので、ここでは省略させていただきました。
 
「意識のコントロール」というと、得てして「気持ち」で
何とかしようとしがちですが、多分あなたもご存じのはずです
──人間の「気持ち」はアテにはなりません。
 
今回お伝えしたことをヒントに、ぜひあれこれと
「使えるしかけ」を試してみてください。
以上
 
 
 
★5月末日まで、早期割引にて半額でご覧いただけます。
  
 
  
.   ◇       ◇       ◇
 
  
 
━━━━━━
意識のめざめ
━━━━━━
ぼくの提供する一番メインのワークショップです。
おひとりからご要望に応じて開催する準個人レッスンですが、
6月にはハッピーソウルさん主催のコースが開催されます。
場所は横浜市、東横線の白楽になりますが、
第2回目のみ清澄庭園内にて開催します。
清澄庭園はぼくも大好きな場所なので、楽しみ!
ということで、第2回目の際には通常のプログラムに加えて、
「<私>という幻想から自由になる」というテーマで
お話とワークを行います。
────────────────
◆ワークショップ『意識のめざめ』
ステップ1-1
5月26日(土)9:00-12:00
(happy Soul サロン=東急東横線 白楽駅徒歩3分)
ステップ1-2
6月2日(土)9:15-12:15
(清澄庭園 涼亭)
ステップ1-3
6月9日(土)9:00-12:00
(happy Soul サロン=東急東横線 白楽駅徒歩3分)
────────────────
 
  
.   ◇       ◇       ◇
 
  
 
あと、こちらもまもなく締め切りです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールレクチャー「タントラ・スタディ」2期生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
.   ◇       ◇       ◇
 
 
 
期間限定のキャンペーンにて、ご自身の未来の
可能性を見るセッションをやっています。
・これから自分の身にどのようなことが起こるか
・〇年後にどのような状態になっているか
・大きくいって、どのような選択肢があるか
・それぞれの選択肢は、その後どのように展開するか
・望む未来を具現化するために、今のあなたが
 知っておいた方がよいこと、気をつけた方がいいこと、
 助けになることは何か
 ……
あと、そんなことが知りたいという方、
よかったらご用命ください。
 
 
━━━━━━━━━━━
【未来ビジョン】キャンペンーン
━━━━━━━━━━━
 







. 






Last updated  2018/05/25 01:58:37 PM

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Siriun = 松田 仁

Favorite Blog

「みんな不完全なん… New! 森の声さん

ふるさと山口の「県… New! 【 たまのを 】さん

ふたりの夢が叶う日 New! Judy My Loveさん

ありがたい時に生ま… cafehizukiさん

肉体の死と魂の転生… たんたん4531さん

Comments

Siriun = 松田 仁@ Re[1]:向上心のある人、ない人(04/07) ●パクチーさん そうです。 大切なのは、…
パクチー@ Re:向上心のある人、ない人(04/07) 初めまして。 私は向上心がない方の人間で…
吉田美香@ Re:13の月の暦◎テレクトノン入門/音秘姫さん(09/12) 初めまして、吉田と申します。今頃なので…
Siriun = 松田 仁@ Re[1]:新企画 格闘ちう!-2(04/23) ゼニール小田さん うん、それも考えては…

Category

Freepage List

Calendar


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.