1883649 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

エピファニー

●よかったら関連ページにも遊びに来てね!

意識デザイン.jpg
■意識デザイン

当社のメインWebです。
ぼく自身が講師をしているワークショップ、個人セッションのご案内もこちらからどうぞ!



■フェイスブック

まだ不慣れなのですが……。



■ツイッター

忙しくてブログを書けないときにも、けっこう呟いています^^

 
■まぐまぐ

メールマガジンも発行しています。バックナンバーの閲覧、ご購読の登録はこちらから。
2018/04/07
XML
テーマ:意識デザイン
カテゴリ:徒然の記




書こうか書くまいか迷ったんだけど、そのことを
知っておいていただいたほうがいい人も
いらっしゃるだろうから、嫌われるのを覚悟の上で
あえて書く。

ぼくのクライアントさんには、指導的立場に
いらっしゃる方が多くて、最近立て続けに、
そうした方々から「スタッフやお客さまが
‘育たない’」とのご相談を受けたものだから……。

もちろん、親御さんが子育てのことでご相談くださることは年中だけど。



いずれにせよ、ぼくのほうからは「こうしたら育つよ」
というようなアドバイスはむずかしい。

経験上、ほとんどの場合、育つ人は育てなくても育つし、
育たない人は何をやっても育たない
(少なくとも時期が来るまでは)。

もちろん、優秀な指導者と教え子の関係というのも
ないわけではないけれど、たいして多くはない。

思い返してみるといい。
自分にとって、優秀な指導者との幸せな出会いが
それほどたくさんあったか、どうか。

あったとしたら、たぶん教え子の方が優秀なんだと思う。
教え子の方が、勝手に指導者から必要なものをもっていく。

そういう意味では、指導者の側では何も悩む必要はないのかもしれない。



なぜ、指導者が期待するほどには、人は育たないのか?

グルジェフは言っている。
「人間は環境に反応するだけの機械に過ぎない」

コリン・ウィルソンいわく、自律的に生き、
他人によき影響を与えることができる人は5%
──つまり20人にひとりとのことだ。

これは帰納的な結論なので、先天的なものか、
それとも環境がそれを決めるのかは分らないけれど。

ともあれ、20人中19人は「育たない」と思っておいた方がいい。



人間は社会的な生き物。

リーダー以外は、勝手なことはせず、おとなしく
他人の指示にしたがうような人たちで構成されている
──これが、集団が存続するための最適値だと
いうことじゃあないだろうか。



いま、わけあって仏教史の再確認をしている。

はじめは、輪廻(生まれ変わり)から自由になる(=解脱)を
めざしてスタートした初期仏教が、存続のために大衆化をし、
大乗仏教へと変質していったのにともなって、
「三劫成仏」なんてことを言うようになった。

「未来永劫」という言葉があるけれど、「劫」というのは
ひとつの宇宙がはじまってから終わるまでの期間のこと。

「三劫」はそれが3回分──ふつうの人が悟りを開くためには
それくらいの期間を見ておく必要がある、ということ。



目標が「悟り」かどうかは別にして、人を指導するときには、
それくらいの腹をくくる必要があるということだ。

まずは、「指導者が育てる」のではなく、
「本人が育つ」しかない、ということを知っておくこと。

そして指導者は、自分の指導の成果を見届けることに
こだわってはいけないということ。

いまできる最善は尽くすけれど、多くの場合、
今回の人生ではその成果を見届けることはできない。

でも、宇宙的スケールで見たら、そこに何らかの
貢献があることを願って、やるべきことをやる。。。



ぼく自身も人さまを指導させていただく
仕事をしているけれど、そんなことを考えている。





■松田仁の月例『トーク&ワーク』

──4月のテーマ「エネルギー」

<東京>
■4月22日(日)13:00-17:00
■上目黒住区センター 第4会議室(和室)=東急東横線 都立大学

■4月24日(火)13:00-17:00
■心身障害者センター 文化事業室(和室)=東急東横線 都立大学

⇒ くわしくはこちらをご覧ください。


       ◇       ◇       ◇



★その他、各種ワークショップ、イベントのご案内は
⇒ こちらから

★個人セッション等のご案内は
⇒ こちらから

★その他、お問合せは
メールアドレス⇒ ishiki.design@gmail.com

────────────────────
こちらでも、お目にかかれるとうれしいです!

●「意識デザイン」関連の気軽なエッセー
 アメーバブログ『意識デザイン』
 ⇒ http://ameblo.jp/hit-mat/

●ツイッター
 ⇒ http://twitter.com/hit_mat


よかったら、フェイスブックでも!




※友達申請をしていただく際には、「ブログを読んでます」とか何か一言メッセージをいただけると、こちらも安心して承認させていただくことができます^^


●まぐまぐ経由、情報提供系のメルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000107876.html


ときどきメルマガ限定記事も書いたりします。
よかったら、購読登録してください。
magazine.jpg






Last updated  2018/04/07 05:30:20 PM

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Siriun = 松田 仁

Favorite Blog

いただきもの New! シリウス レイさん

エネルギー酔いでヘ… New! kibi1965さん

「歌遊びのススメ」… New! 森の声さん

エーテル体に対する… New! たんたん4531さん

愛されている安心感 New! Judy My Loveさん

Comments

Siriun = 松田 仁@ Re[1]:向上心のある人、ない人(04/07) ●パクチーさん そうです。 大切なのは、…
パクチー@ Re:向上心のある人、ない人(04/07) 初めまして。 私は向上心がない方の人間で…
吉田美香@ Re:13の月の暦◎テレクトノン入門/音秘姫さん(09/12) 初めまして、吉田と申します。今頃なので…
Siriun = 松田 仁@ Re[1]:新企画 格闘ちう!-2(04/23) ゼニール小田さん うん、それも考えては…

Category

Freepage List

Calendar


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.