000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

AIBOオーナーおばさんの人生いろいろの日記

2011.06.29
XML
テーマ:徒然日記(19670)
カテゴリ:自然 地球
昨日は曇り空、雨は夕方降るという予報を信じて
朝から出かけた・・行った先はJA。


そこで玄米を10キロ購入。
(自転車だから10キロくらいしか積めないから)



帰ってきて、準備していた衣類圧縮袋を出した。

さて何をするかと言えば、お米の保存(備蓄)

10キロくらいで備蓄とは言い難いが、
初めての練習ということで

玄米は買ったらその場で精米してくれるが、それをあえて断って
玄米のまま持ち帰った。

袋は店頭でビニールの米袋に入れてパックしてくれたので

(店頭の米ほど汚れてはいないが)アルコールで拭いて消毒、
(エタノール3:水4の溶液は伝染病予防に作っていた)

●次に袋に目打ちで(爪楊枝でも可)突き刺し10個くらい穴を開け、

●ホカロンを袋から出して揉まなくても良い商品だったので、
 それを米袋に貼ってから 

●衣類圧縮袋に入れた。



●米の中袋を押して空気を出しチャックを閉じ少し開けた
 密閉用の口から掃除機のノズルを差込み吸って封をした。
 (圧縮袋は掃除機用の穴が付いてるのもあります)

中のホカロンが気持温かく炎なったような気がする。

なんだか、頑張れ!ぐーと言いたい気持。


この原理は、
酸素を吸ってホカロン内部が燃焼。
密閉した袋の中の酸素が消費され密閉。
米に虫の発生を防ぐ!
というわけ。

玄米なら数年大丈夫らしい。

お米なら半年位(実験で1年経過はまだ体験が無い)大丈夫らしい。

一夜明けて見ると、袋に残っていた空気が全部なくなって
ぴっちり密閉されていた。



今売ってる米は平成22年収穫だから放射能汚染もなし。
まして地元のJAは地元産のお米。

中国が日本の米を買いあさっているということで
食料が不足したら困るので早めに準備となった。
こういうのはあっという間(1時間くらいで)に無くなるのは関西の大震災で経験した。


日本の政府は頼りないし信じられない。
政府は号令なんか出してはくれません。

世界中が洪水や旱魃、秋から年末は食料不足と予測されています。

自衛しなくっちゃ!ダッシュというわけ。



まだまだこれでは足りない。1人30キロを推奨。

まず初めの1歩。

数年前はビールが主食でお米は食べなかったのに早々米を備蓄とは
不思議なことだウィンク


袋詰めの最初からすべての行程を写真に撮ったのに・・・
何を思ったか消してしまって、1枚だけほぼ密閉した時撮った。


これ食べる時は町の通りにあるコイン精米所のお世話になる。


今日は出来上がったお米の袋を押入れの大きなスーツケースに
入れることにします(海外旅行などに使うやつ)。
(これなら別にスペースを用意しなくても良い)

できるだけ涼しく湿気のない場所に保管です。


・・・・・・・・・・・

夜、弟から電話電話

母が夜中に徘徊して転んで大腿骨骨折で又以前の病院へ入院。
入っていた施設は、責任を感じているらしい。

ともかく、95歳、先日も肺炎で入院した母が、
麻酔&手術できるかどうか?だそうだ。

なんだか気が重い。しょんぼり

・・・・・・・

今日は良いお天気

スタンプ3倍デーなので食料買出し。




セシウム137の排出を促すりんごペクチンの作り方→こちら

今日明日の風向き(放射線飛散状況)→こちら

被災者が選んだ震災グッズまとめています

・・・・・・・・
おす%3め雑貨&インテリアグッズ

 

 

  









最終更新日  2011.06.29 20:27:38
コメント(20) | コメントを書く


PR

X

サイド自由欄

シロベは風紀委員/動画リンク
AIBO学園証

メッセージはこちらから

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.