3585314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2005年11月11日
XML
カテゴリ:芸術、文化

 11月4日の夕焼け

 夕焼け11.4の1

  千年もの昔、紫式部によって、光源氏の様々な女性との
  恋愛遍歴と、サクセスストーリーが、美しくも哀しく
  描かれたという源氏物語は、少女マンガや、幾多の
  芝居にもなり、知らないという日本人は少ないと思う

  与謝野晶子、谷崎 潤一郎、円地文子、瀬戸内寂聴と
  いった作家によって、現代語訳をされているので
  読まれた方いると思う。私も通しで2度ほど読んだ

  この物語で、後朝(きぬぎぬ)の別れや、亥の子餅
  物忌み、生霊、青海波などの様々な王朝アイテムに
  触れるきっかけになり、殿上人日記といった気取った
  ブログタイトルも、この源氏物語、そして藤原道長らに
  より繰り広げられた、華やかで、おどろおどろしい
  王朝絵巻に魅かれてのことだ

  澪標(みおつくし)、初音(はつね)など、巻名がまた
  いい。巻名だけの、雲隠(くもがくれ)は効果的だなぁ


 夕焼け11.4の2

  源氏物語がここまで有名な要因には、華麗な絵巻物が
  現存をしている事も見逃せない。ぽっちゃりと下ぶくれを
  した顔に、ちっちゃな目、雛人形のような風合いの
  「源氏物語絵巻」は、白河・鳥羽上皇の院政期
  (12世紀前半)に、制作をされたものと思われる

  原作の54帖から、1帖につき1~3場面を取り上げて
  いたと考えられ、現在は、 絵巻は、絵と詞書が1面ごとに
  切断をされてしまい、絵15面・詞書28面が徳川美術館
  絵4面・詞書9面を五島美術館で、所蔵をされている

  徳川美術館では、例年ほんの少しを、この時期に公開を
  していますが、両館において、それぞれ10年に1度だけ
  『国宝・源氏物語絵巻』 全巻・全面(絵・19面、詞書
  ・37面≫を公開をしており、徳川美術館においては
  平成7年以来10年ぶりの公開(五島美術館の公開以来
  5年ぶり)の公開が、明日から始まる(12月4日まで)

  NHK総合放送では、全国ネットで、源氏物語の復元などの
  特集「よみがえる源氏物語絵巻・浄土を夢見た女たち」が
  23日(水・祝)午後9時15分から、放映予定だそうだ


   詳しい内容は下記サイトで

 http://www.nhk.or.jp/nagoya/event/genjiemaki.html







最終更新日  2005年12月24日 13時42分39秒
コメント(30) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.