3544239 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2006年02月07日
XML
カテゴリ:ニュース、時事
 
 開拓の碑

 長野県から馬籠と共に、1年前に岐阜県中津川市に
 越県合併をした、山口村山口地区は、木曽川を見下ろす
 山の斜面にある集落である。旦那が旧・村役場であった
 支所に用事があったので、私も久しぶりに出かけてみた

 旦那が用事を済ますのを、車の中で待っているうちに
 ふと、支所の玄関先にある大きな石碑に目がいった
 猫の額のように限られた農作地しかない、長野県の
 多くの山村では、長男に農地が相続をされ、次男や
 三男らは家族を連れて、恋しい故郷を離れ、海を渡り
 満州や、ブラジルに集団で開拓移民をする事が多かった

 昭和7年、現在の中国東北地区に、五族(大和民族・
 漢民族・満州民族・朝鮮民族・蒙古民族)の協和により
 王道楽土創建を目的とし、当時の重要国策として推進
 大規模な農業が始められたのが、満州開拓事業である

 現地住民を、立ち退かせて入植をするというやり方は
 現地人の反発を買い、ソ連軍による襲撃が絶えず
 病気による犠牲者も多く出した

 姑のおばもまた、夫に連れられ、幼い子と共に満州に渡り
 日本に帰ることはなかった。向こうで召集を受け、妻子と
 生き別れたおじは、帰国しても、故郷に住みつくことはなく
 北海道でその一生を終えたそうだ。もしかして、いとこは
 中国で生きているのかもしれない。中国残留孤児の写真が
 新聞などで紹介されると、姑は、その面影を探してしまう

 夕日2.4 


 NHK教育番組国際コンクールでの「グランプリ日本賞」の
 受賞を記念して、「大地の子を育てて 中日友好楼の日々」が
 再放映をされた

  「大地の子を育てて 中日友好楼の日々」の作品紹介

 中国東北部の長春市に、戦争の末期に街に捨てられた
 日本人幼児らを「子供には何の罪もない」と、懸命に
 育てた年老いた養父母らが、日本の篤志家が建てた
 アパートで、暮らしているという

 豊かな日本への帰国をした残留孤児も、言葉の壁は厚く
 働き口もなく、6割もの人が生活保護で暮らしていると
 いい、養父母も招き寄せようという夢も打ち砕かれた

 日本人に腹をけられて、流産し子供を埋めなくなった
 女性は、日本人孤児の女の子を、実の子のように慈しみ
 育てたのだが、今は、海を隔てて暮らす日々だ

 母が病気だと聞いて、周りの人に借金をして、娘は母に
 会いに行く。これが最後の母との日々になるかもしれない
 戦争の傷跡は、今も消えることはない


 






最終更新日  2006年02月07日 14時36分10秒
コメント(39) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.