4227048 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2010年08月02日
XML
カテゴリ:温泉

      草津の夜7

  以前は家族旅行(ドライブ)でのお泊まりは風光明美な
  一軒宿タイプの温泉旅館であったのが、最近は外湯巡り
  なども楽しみたいと、温泉街で街歩きが楽しくなった


 草津の夜8

  昼間とは雰囲気が一変した夜の湯畑をそぞろ歩く。前回
  紹介し忘れたが湯畑とその周辺の「遊歩といこいの場」は
  岡本太郎が全体デザインを監修したそうである。あの瓦も
  壁に埋め込まれたもので、足元にも瓦で模様が出来ていた
  

      草津の夜11

  草津温泉は高温で強酸性なので、手や足を数分でも
  浸すだけでも温浴効果があるそうで、湯畑のお湯を
  ひいた足湯の「湯けむり亭」は、江戸時代にここの
  場所にあった外湯の「松乃湯」を再現したという


 草津の夜6
 

      草津の夜9

  草津良いとこ~♪と外まで聞こえていた、湯もみの
  実演を行う湯畑の脇に立つ「熱の湯」からは、夜には
  落語がマイクで外まで聞こえていた


 草津の夜10

  そして昼間の日記で紹介をした、幾つもある草津の
  外湯の中でも一番有名な、源氏ゆかりの「白旗の湯」
  く~~良いお風呂! ところが男湯の方は先客がおり
  30分も右往左往しながら熱くて入れず、旦那と他の
  青年と三人共、お湯を何度も体にかけたりしながらも
  成すすべなくスネしか入れず。  

      草津の夜12

  熱くて全く入れなかった野沢温泉に比べて、すねだけ
  入れるだけましか。水道の蛇口は無論、湯もみ板の
  ようなものも無かったみたいだ

  またもや旦那、外湯嫌いに?


      草津の夜14

  721年に行基が創建したと伝えられる薬師堂が、後に
  草津を治めていた湯本氏によって、白根明神の別当寺と
  して再建をされたと言う光泉寺は、日本温泉三大薬師だ
  そうである


 草津の夜16

  もう旅館の風呂でいいと言いだす旦那を、なだめすかし
  向かうは「地蔵の湯」。その源泉もライトアップされて
  幻想的であった


 草津の夜18

  最近になって、建て替えられたばかりの「地蔵の湯」は
  とても綺麗な施設で、誰もいないので女湯の湯船を撮影を
  させていただいた。お~、濁っていて温度も熱めだが
  これまた良い風呂だ


 草津の夜19

  耳を澄ませば、男湯の方は先客の温泉ツウのお父さんがいて
  旦那と話もはずんで、どうやら今度は入浴できたみたいだし 
  話好きなお父さんらしく、熱いだろうに長湯でなかなか出て
  こないから足湯でも入っていよう

  何でもおじさんによると、お年寄りや子供など色んな人が
  利用をするから旅館の風呂はなるいらしく、外湯とかは源泉
  そのままが楽しめるらしい


 草津の夜15

  足湯では若い子たちが楽しそうに入っていたけど、温泉にも
  慣れていないのだろう。「底をまぜると、白いコケみたいな
  もんが浮いてくる~」って、湯の花初体験か。宿泊の感想で
  若い女の子が「白いカビみたいのが」とか、「底がぬるっと
  してる」とかあったり。湯の花もカビやコケ扱いじゃ悲しい


      草津の夜13
  
  そんな訳で午後2時過ぎにはチェックインをして、草津
  温泉を満喫させてもらってる温泉に戻る事にした。予算の
  関係で(価格&格式が)高級旅館ではなく、団体むきの
  大衆旅館に宿泊だ


      草津の夜4

  旅館の玄関に入って、ラビット旦那が目ざとく見つけた
  看板のドラゴンズは中日には関係が無くて、名鉄観光の
  ドラゴンズパックのもので、名古屋からの団体さんが
  いるらしい
  

 草津の夜1

  お~。お茶菓子にお饅頭の他にも柿のお菓子屋や、梅干し
  漬物までもとは、なかなかの心遣いだ。 湯畑源泉を使い
  女湯の方は熱い風呂、普通の風呂、ぬるい風呂、露天風呂
  とあるので高齢者や、子供にはいいかもね
  

 草津の夜2

  1万円ぽっきりの期間限定・平日のみのプランは、入手が
  困難な「最上級のA5級上州牛」のしゃぶしゃぶ付きで
  へたに気取った料理よりもいいのかも 
   
  
 草津の夜3

  朝のバイキングは群馬県の名物のこんにゃくとかもあって
  お粥もチョイス出来るのは嬉しい。ついついあれやこれやと
  食べ過ぎてしまった


      草津の夜5

  次の朝。そんな楽しい草津温泉も後にして万座、草津と
  きたら、あそこしかないと次の温泉へGO! やっぱり
  群馬は温泉天国。ありがとう草津、またいつか!  
 

 八ッ場ダム2

  さして交通量も多そうでも無い、こんな山奥にわざわざ
  新しい立派な道を作って、真新しい立派な橋はなぜに?と
  不思議に思ってたら

  ↓見上げるような上空の橋。これはテレビでも中継されて
  随分と有名になった「あの橋」ではないのか? 繋がって
  いたんだ~


 八ッ場ダム4

  草津温泉や白根山の強酸性の水も流れ込む(石灰液を投入し
  中和させているとか)吾妻川の中流に、建設をされるという
  「八ッ場(やんば)ダム」。長年にわたってのダム問題で
  右往左往させられ、さびれる一方の川原湯温泉は川向こうで
  あったので、見る事はなかった


 八ッ場ダム3

  ダム本体の工事費用よりも、周辺道路の整備の方がず~っと
  お金がかかっているのか。なるほどね~。それにしても
  八ッ場ダムをネット検索をすると、あれやこれやと争点が
  出てくるものだ


 八ッ場ダム1

  岐阜県の徳山ダムや長良川河口堰なんかも、完成をしても
  まだ新聞をにぎわせているし。うちの方では見かけない
  ような山もあり地層的にはどうなだろう。まるでアメリカの
  西部みたいだし


      草津の夜17

          平成22年7月23&24日に群馬県で撮影






最終更新日  2010年08月02日 14時46分19秒
コメント(64) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.