3612746 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全て | カテゴリ未分類 | 懸賞 | 東京の旅 | 行事、地域 | 家族 | 滋賀、奈良の旅 | グルメ | 四季の移ろい | スポーツ | 馬籠より | 韓国旅行 | 中津川より | 恵那より | 美濃の旅 | 愛知、三重の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | ヒューマン | 旅のいろいろ | 喫茶 | 菓子 | パソコン、電化品、車 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | テレビ、映画、音楽 | 歴史、伝統 | 買い物、主婦業 | 芸術、文化 | 日々の暮らし | ニュース、時事 | ペット、動物 | 花、植物 | 飛騨の旅 | 自然 | 子ども | 神奈川の旅 | 温泉 | 名古屋より | ブログ、リンクス、ネット | 中日ドラゴンズ | 木曽より | 夕焼け | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び
2010年11月15日
XML
カテゴリ:美濃の旅

 ブルーインパルス

  11月も半ばとなり、あちらこちらで紅葉の日記も
  見かける事が多くなった。私も先週、そして今週と
  少し早いけども、紅葉狩りに出かけてきたのだが
  その様子はまた今度として


      大人気のブルーのユニフォーム

  前に紹介をした10月下旬に出かけた航空自衛隊
  岐阜基地の「航空祭」の後半には、有終の美を
  飾るようにブルーインパルスが登場をした。それ
  以前にも会場で、ブルーのユニホームには途端に
  人だかりが出来て大人気だし、サイン会もあるとか


 お父さん、座って~(泣)

  既に滑走路には、機体も並んでいたのだが幾重にも
  観客が連なり、なんとか人のあいまから写真だけでも
  撮ろうとしたが、お父さん~~、座って~~(泣)


 発進!

  さてブルーインパルス(蒼い衝撃)とは、愛称であるそうで
  正式には松島基地の「第4航空団所属第11飛行隊」という 


 曇りの空にブルーインパルス

  機体は「ドルフィン」の愛称を持つ国産中等練習機のT-4で
  翼面荷重が小さく、エンジン推力比も大きいので高Gの連続
  課目や、垂直系の高負荷課目も余裕を持って出来るそうだ  

  確かにイルカっぽいかも


 上空での演技

  ブルーインパルスの飛行は、通常は6機で行われるそうで
  1番機から4番機までは基本的に編隊を組んで飛行をして
  5番機と6番機がソロを担当するそうだが、無論、全6機が
  揃った演技もあるという


 早すぎ~~

  あぁ~~~、アップにすると速さについていけない。カメラを
  飛行機に合わせて流しながら写すなんて、出来ないですよ~
  これも、先っちょ切れてるし・・・(泣)


      UH-60J

  その他に米国のUH-60ブラックホークを、日本の自衛隊が
  独自に改良をした「救難ヘリコプターUH-60J」もまた
  救助活動の様子を実演をしてくれた


 救難活動の実演

  ちなみにブラックホークとは、イリノイ州のアメリカ先住民族の
  ソーク族を率いた勇猛な酋長の渾名であるそうだ。湾岸戦争や
  アフガニスタン戦争、イラク戦争など、近年の米国が関与をした
  戦争や戦闘にはほとんど参加したヘリコプターが、日本では
  救難救助を行っているとは皮肉なものだ


      このままの飛行態勢で前進

  このような飛行姿勢のままで、まっすぐ前にすごいスピードで
  飛ぶのも、低空でまったく動かずに待機をしたりと高性能ぶり
  には驚いた


 イーグル(鷲)

  これは「制空戦闘機F-15」で、愛称はイーグル(鷹)だ
  
  米空軍の第4世代ジェット戦闘機として開発をされ、長射程
  空対空ミサイルの運用能力と、高性能ドップラー・レーダーを
  持つ双発の大型制空戦闘機で、ステルス戦闘機のF-22が
  登場をするまでは、世界最強の戦闘機として長らく君臨をした


      コックピット

  航空自衛隊の主力戦闘機として人気があるので、平成ゴジラ
  シリーズ&ガメラシリーズなといった映画や漫画、小説などで
  数多く登場をするので、なじみのある戦闘機かもしれない


 中型輸送機のC-1FTB

  「C-1」は、戦後初めて開発をされた国産の中型戦術輸送機
  だそうで、防衛庁技術研究本部と日本航空機製造が開発を行い
  川崎重工業が製造を担当し、人員や物資、小型車両等の輸送を
  担っている


      尾翼で御挨拶

  岐阜基地の飛行開発実験団には、エンジンの他にもミサイル部品
  機体装備品などの試験に使用されている「C-1FTB」があり 
  外観はナチュラルメタルのままで、機首に装着された長い計測
  プローブが特徴だそうだ


 次期輸送機XC-2

  そんなC-1の後継機として、防衛省技術研究本部と川崎重工業に
  よって開発が進めらているターボファンエンジン双発の大型戦術
  輸送機「次期輸送機XC-2」は、今年1月に初飛行をしたばかり

  とにかくでかくって、アニメっぽいような


 働く車

  飛行機などのほかにも、働く車も展示をされているし


      働く男たち

  働く男たちの姿はかっこいいし、他の方のブログで知ったが
  岐阜基地のイケメン自衛官(写真)のコンテストもあった
  しまった~、投票してきたかった!


 見つめる先の背面飛行

  それにもすごい人だった。ハートなどの図画も曇り空には
  映えず、できるなら次回は青空に飛ぶ姿を見てみたい


 マシン

       平成22年10月24日に岐阜基地周辺で撮影

    前回の日記にも沢山のコメントを頂戴し有難うございました
    日記更新を先にさせていただきましたが、お返事を兼ねさせて
    いただき、皆さんのブログには本日中に伺わせていただきます






最終更新日  2010年11月15日 12時05分59秒
コメント(54) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.